東京TOP3 パティスリー食べ比べ会

料理

はじめに

こんにちは!最近SNSがただの食べ物アカウントと化したホンダです!

そんな私がFC(ファイトクラブ)でテンションが上がる部活動…そう、料理部です笑。

今回は、料理部が大好きな私が特にテンション上がりまくりだったイベント『東京TOP3 パティスリー食べ比べ会』を紹介します!

ただの食べ比べじゃないのがファイトクラブなんです

主催者の近藤貴司さんが、イベント前に参加者にむけてメッセージくれました。

「各々のパティスリーは予約困難で、お店独自の制限(例えば、温度保持のために持ち帰りNGなケーキがたくさんあったり、クレカ決済の予約しか受け付けてなかったり…)も多い中、全てのお店のスペシャリテをホールケーキで予約することができました」

そんな貴重なケーキをどうやって予約できたのでしょうか…。全くわからないです。

これはなにがなんでも行くしかないってなりますよね?もちろん私は同僚に頼み込んで仕事を休みました!

食べ比べした独自すぎるパティスリーはこちら

★完全予約制かつクレカ決済限定『パティスリー リョーコ』

パティスリー リョーコ (高輪台/ケーキ)


行列ができすぎて完全予約制になったしまったパティスリーです。買い出し組が行ったら、こだわり強くて予約時間にまだできあがってなかったらしい笑。

★支店を決してつくらない『イデミ スギノ』

イデミスギノ (京橋/ケーキ)

シェフの杉野英実さんが一つずつ仕上げるパティスリー。評判の高いムースの菓子は温度調整が難しいためイートイン限定。ちなみに私は持ち帰りのムースでも感動し、後日イートイン限定食べに行きました。 

★並びすぎて土日は警備員が出動する『アテスウェイ』

アテスウェイ (西荻窪/ケーキ)

 大行列になるため誘導する警備員がいると聞いて耳を疑った。人気商品は午後には完売してしまうほど…モンブランがとても有名です。モンブランは人気過ぎて予約ができない…悲しみ。

各々のパティスリーを参加者で手分けし、早い時間に買いに行きました。予約できないアテスウェイのモンブランもゲット!みんなありがとう(泣)

 さっきも書いたけど、ただの食べ比べじゃ(以下略)

左から『イデミスギノ』、『アテスウェイ』、『パティスリーリョーコ』です。

こんな豪華なケーキたちを見たことがなかったです!

食べ比べるからわかる各々のパティスリーが持つこだわり。
同じショートケーキでもパティスリーによってびっくりするほど全然違うんですよ…感動。

そして元料理人でもある若山雄太さん、近藤貴司さん、イベントに顧問として参加した竹若広之さんからパティスリーとスイーツのこだわりや経営の仕方など解説があり勉強になりました。

その業界に携わってきた方々から、直接話を聞くなんて滅多にないですもんね、とても貴重な時間になりました。

特に私は若山さんの「今回3店舗のような圧倒的なコンテンツをつくるプロは、相手の期待を超える仕事を続けている。そうすれば自然と人が集まって、紹介やリピートが生まれる…。

それは私たちが仕事する上でも同じ。営業やクリエイターとしての仕事でも圧倒的なコンテンツ、サービスを提供する「オーバーデリバー」を意識をしよう」というお話が印象に残りました。

おわりに…

実は苦手なんですよムースと生クリーム。
でも気づいたら皿から消えていた…。

それぞれのパティスリーがこだわりを持ち圧倒的なスイーツをつくり上げている…。本当のスイーツというものを、身をもって体感することが出来ました。この体感したことを、自分の仕事にも生かせるようにきちんと落とし込んでいきたいと思います!

今後の料理部イベントも楽しみです!たくさん参加するぞ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ぽん

142 views

HSS型HSP人間。根がオタク。 ★頑張りたいこと→読書、言語化する、外出する、継続する

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。