ブラックジャックは人生そのもの!?

勉強

先日「ブラックジャック・ゲーム大会」に参加してきました!

実は私は2回目の参加です。

なぜ私がブラックジャックのゲーム大会に参加するのかをお話します。

私はこれまでブラックジャックをやったことがなく、ブラックジャックに勝手にマイナスのイメージを持っていました…

しかし、実際にブラックジャックをやってみたら、

ブラックジャックは人生と似ている!ということに気付き、興味を持ったからです。

ブラックジャックはただのゲームではないのです!!

 

ブラックジャックのイメージ

ブラックジャックと聞いて、どんなイメージを持ちますか?

カジノ、ギャンブル、賭け事、イメージでしょうか。

私自身、ブラックジャックはギャンブルだからハマるとやばい。
“ギラギラしている悪いもの”、“人生を狂わすもの” というマイナスのメージでした。
なぜそう思ったかというと、テレビでギャンブルにハマり、人生を台無しに…みたいな特集を観たことがあるからです。

 

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックはトランプを使用するカードゲームです。

私たちプレイヤーは、ディーラーと呼ばれる人物と1対1の勝負をします。

ディーラーはカードをやコイン(チップ)を配り、ゲームの進行を行う人物でもあります。

ディーラーはプレイヤーと自分にカードを配ります。
 
プレイヤーは手持ちカードの合計点数が、ディーラーより21に近いと勝ちになります。
 
ただし、プレイヤーの合計点数が21を超えた時点でプレイヤーは負けとなります。
 
 

例)

プレイヤー18点 ディーラー20点 →ディーラーの勝ち

プレイヤー20点 ディーラー17点 →プレイヤーの勝ち

プレイヤー23点 ディーラー19点 →ディーラーの勝ち

プレイヤー21点 ディーラー21点 →引き分け

他にもヒットやスタンド、スプリットなどのルールがありますが、ここでは割愛させていただきます。

もし興味がある方は、アプリでも簡単に遊べますので

ぜひダウンロードしてみてください!

 

ブラックジャックは人生を表している!

ブラックジャックに対して完全にマイナスのイメージを持っていた私ですが…
実際にやってみたら、イメージがガラリと変わりました!

なぜなら、ブラックジャックの向き合い方は、人それぞれの性格が出て面白いと感じたからです。

勝っているときにバンバン賭ける人、堅実に少しずつ賭ける人。
負けたときに一発逆転を狙う人、ほとんど賭けない人など、性格によって賭け方が様々でした。

私は今回2回目の参加でした。
初参加時は、負けて損をしたくない…そんな気持ちが大きく、10ドル、多くても25ドルくらいしか賭けられませんでした。
結果は負けてしまい、マイナスに…

今回は初参加時の反省を生かし、勝ちの波に乗ってきたときは40ドルと、50ドルと多めに賭けてみました。
すると、どうでしょう。勝ったときに大きな金額が手に入るのです。
手持ちが増えてくると気持ちに余裕が生まれ、大きな額を出すことができました。

負けてしまってもそこまでぶれませんでした。

余裕って大切ですね!

うまくいっているときは大きな勝負に出る。 
そうすれば、より大きなものが手に入れられる可能性がある。
一方、何をやっても上手くいかず苦しいときは、小さなことでもひたすら続けて、運が自分に向いてくるのを待つ。
そうすれば、チャンスが来たときにその波に乗れるかもしれません。

約三時間、ブラックジャックと向き合い、改めてブラックジャックは人生と一緒だなと感じました。

 

人生でも良いときと、悪いときの波があります。

物事がスムーズに進み、とんとん拍子に上手くいき、結果が出るとき。

そんなときは、今までやらなかったことや大きなことに挑戦すると、もっと大きい結果が得られるかもしれません。

反対に、どんなに努力しても結果が出ず、苦しいときもあります。

そんなときこそ、小さな努力を続けていくことが大切です。

そうすれば、またチャンスの波が回ってきたときに、努力が報われる可能性があるからです。

普段の生活から、この波を意識していきたいと思います。

今回はゲームでしたが、本場のカジノでは実際のお金で賭けるのでまた気持ちは変わってきそうですね!
その日を迎えるまで、ブラックジャックの練習を重ねていきたいと思います。

まっつー

2,235 views

SnowCountryで生まれ、SnowCountryで育つ。 SnowCountryであるCanadaへの留学経験有。 Canadaでは、英語を勉強すると...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。