組織に殺されない生き方をしろ!〜『GIG WORK』読書会〜

キャリア
  • はじめに

こんにちは!ライターの藤原です。
2019年10月25日、この日はコミュニティ主催者の長倉顕太さんの第5作目である、

(『GIG WORK~組織に殺されず 死ぬまで「時間」も「お金」も自由になる ずるい働き方 ~』)

が発売されました!

その翌日に朝読書会を開催したため、この会では
読む本をみんな『GIG WORK』にし、アウトプットするという異色の会となりました。
この日は同じく主催者で、コミュニティプランナーである若山雄太さんがお越しになりました!
お忙しいにも関わらず、時間を取って朝読書会に参加してくださり、ありがとうございます!

GIG WORK内容紹介

現代における働き方の提唱本。「GIG」とはジャズミュージシャンのギグ(ライブハウスなどでの単発の演奏、一夜限りの即興)のこと。
空いた時間を用いてそこに仕事を入れるライスワークスタイルです。

今は『Uber』で配達することや『ストアカ』みたいなスキルシェア等、テクノロジーを使って
自分で働く時間を設定できる時代で、就職は1つの選択肢でしかないし、収入もそんなに変わらない。であれば好きな時間、好きな場所
好きな人とやった方が楽しく働ける、ということを教えてくれる本です。

GIG WORK感想

最後に参加者の皆様から3分間プレゼンをしていただいたのですが、

「今ではこんなにも働き方に違いがあるのかと驚いた」
「正社員信仰がいかに歪なものかがわかった」
「もう自分で働く時間は決めていいのかと思った」

などなど、同じ本をインプットしたにも関わらず全然注目しているところが違ったことが面白かったです!

FIGHT CLUB主催者の若山さんは

「この本は長倉さんの優しさが詰まった本だね。長倉さんは自説を述べるときに必ず映画監督や著名な哲学者とかの引用を使っているけど、この中でその引用の原著をひとつでも読んだ人っている?」

と仰ってくださり、私自身が全く知らなかったことから純粋に結果を出している方とのインプットに差を痛感させられました。

『GIG WORK』はどんな人にオススメ?

『GIG WORK』は『今の環境に違和感がある20代サラリーマン』にこそ強くオススメします!

自分もサラリーマンなのですが仕事中は「出会い」が制限されるため(されない会社も勿論ありますが)、
職場の環境が気に入らない人ばかりだとはっきり言って人生そのものを「つまらない」と思ってしまいます。
社会人と呼ばれる人種は生活のほとんどを仕事に捧げています。その時間も縛られてる上
そのほとんどの時間を、気に入らない人と一緒にいるのは精神衛生上よくないです。

その点、『GIG WORK』の提唱している働き方は

・新しい出会いしかない
・一回限りだから気に食わない人と一緒にいる必要もない
・自分で時間も選べるから生活リズムを自分で決めれる

というメリットがあります。何より、働き始めの頃というのは「自分が何が得意で、何が苦手なのか」が不明確であるため、
色々な職に手を出すことは『自分の可能性に気づける』発端になれます。
可能性に気づけたら、あとはその分野にbetしまくれます!

終わりに

このサイトを見ている方で

「なんか人生つまらないな」
「もっと楽しいことないかな」
「もっと稼げる仕事ないかな」

と、現在思っているなら、是非手に取ってください!
200ページの、読みやすい構成なのでサクッといけると思います!
また、読んでくださった方々はもし宜しければAmazonにレビューも書いていただけたら
とても嬉しいです!

(『GIG WORK~組織に殺されず 死ぬまで「時間」も「お金」も自由になる ずるい働き方 ~』)

マー

4,764 views

閲覧ありがとうございます!マーは主に『読書』を将来的に続けることで得られるものを紹介したいなと思います。「シェア」の意識を持つこと、そしてまとめる事で自分の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。