キックボクシング「59KGトーナメント」で村田選手を応援!

イベント

はじめに

2月8日(土)、NKB日本キックボクシング連盟主催の59KGトーナメントを観戦してきました!


今大会の詳細はこちら↓
https://nkb-r.com/main/

今回の試合の目当ては、
村田裕俊選手VS遠藤駿平選手の準決勝戦

12/14(土)、村田選手VSテープジュン・サイチャーン選手の第一試合が行われ、
村田選手が勝ち進み、今回の準決勝戦に至りました。

 

村田選手が出る試合は、SNSやYouTubeで『応援団が強烈すぎる』と話題になっていることで有名です。

実は、その応援をしているのが、ファイトクラブなんです!

ファイトクラブの声援が凄まじい応援が聞こえてくる試合こちら↓

応援が取り上げられた記事がこちら↓
https://miruhon.net/60476
『「KNOCK OUT vol.1」異様な熱狂空間を生み出した村田裕俊 「大応援団」は何だったのか?』

Twitterでも話題になっています!↓
https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%A3%95%E4%BF%8A?lang=ja
『#村田裕俊』

村田選手はファイトクラブの卒業生
彼を応援しに、現ファイトクラブメンバーの36人が駆けつけました!
ファイトクラブでは名物となっている応援ですが、
その応援文化の真骨頂とも言えるほど、村田選手の応援には気合が入っています。

今回は試合の様子と、応援や村田選手ならびに試合に挑む選手の面々から得た学びをまとめました。

村田選手とは?

村田選手のプロフィールはこちら。

村田 裕俊(ムラタ ヒロトシ)
所属:八王子FSG 1989年7月8日生 
東京都八王子市出身  B型 身長175cm 
フェザー級 37戦22勝(16KO)12敗3分
NKBフェザー級王者

キャッチコピーは「逆境スピリット」。
2012年にプロデビューし、老舗キックボクシング団体NKBでキャリアを積む傍ら、何度もタイに渡り本場のムエタイの試合も経験。
昨年6月には、過去に2度破れている高橋一眞選手を相手に、NKBフェザー級王者決定戦を戦い、5R判定勝利でリベンジに成功。
初のタイトルも獲得しました。

村田選手のブログ↓
https://profile.ameba.jp/ameba/muratafsg/

村田選手公式サイトはこちら↓
http://hirotoshi-murata.com/

そして、村田選手はこの「59KGトーナメント」の限りで引退を表明
「負けたら引退」という、まさに背水の陣の一戦。
村田選手の選手人生の最期を飾るかもしれない、とても大事な試合でした。

応援が話題に

村田選手の試合があるたびに応援に駆けつけるファイトクラブ。
前述の通り、ファイトクラブの応援は巷で注目されるくらいに話題になっています。

応援に駆けつけたほとんどのメンバーは、
・キックボクシングを見たことがない
・ルールを知らない
・興味もなかった
ような方々でしたが、それでも楽しみながら応援をすることができたのは、
村田選手のお父様のサポートがあったためです。

村田選手のお父様の村田選手サポートブログがこちらです↓
https://ringside-oyaji.com/

試合の見方・見どころ、応援の仕方を教えてくださっただけではなく、
試合前にいつも決まって、ファイトクラブメンバーへ人数分のチケットと共にメッセージを送ってくださいます。
今回いただいたメッセージがこちらです。

「いつも村田選手への心強い応援ありがとうございます。リングサイド親父です。
大変お待たせいたしました。NKB公式戦2020年2月8日のチケットをお届けします。
NKB59KGトーナメントにおける第11試合、準決勝の対戦相手は
MAライト級王者、遠藤俊平選手です。
何といっても現役チャンピョン、強敵です。
蹴り・パンチ・ヒザ、どの技術にも定評があり、
そこを村田選手がどのように切り崩すか、それが見どころです。
追い込みを終えた村田選手のコメントです。
「自分のキック人生の集大成を見せたいと思います。
この試合はどの試合よりも、応援していただいてる方に見てほしい試合です」
皆さんの応援がいつも最大の力です。どうぞよろしくお願いいたします。
2020年2月吉日 リングサイド親父
PS 今回もテープな投げを予定しています。」

試合開始!

いよいよ試合がスタート。
リング前で何かを願うようにリングに向かって土下座をし、コーナーインする村田選手を目前にして、緊張感が高まります。

村田選手入場から「村田ー!」という村田コールの喝采が始まり、会場が熱気に包まれていました。
ラウンド1は数発のパンチやキックを入れ、遠藤選手のキックを両手で受け止めて跳ね返し、遠藤選手に背中を突かせるなど、
村田選手の猛攻が効き、歓声が上がりました。

ラウンド2、3のあたりで遠藤選手の反撃により2度体制を崩されてしまいましたが、
「相手焦ってんぞー!」「負けるなー!」「村田!村田!村田!」

と、試合の終盤になればなるほど応援の強度がどんどん増していき、
応援団は全員が必死になって村田選手の勝利を後押ししました。

 

 

試合結果は、
28-29(村田選手)・29-29(引き分け)・29-30(村田選手)
で、判定0-2により村田選手が勝利しました

 

試合を終えて

背水の陣の戦いを見事勝利した村田選手。
声が枯れた人が数人いたくらい、各々が全力で応援したことで、
村田選手の勝利の喜びを共有できました✨

 

ところで、皆さんは何かに負けて悔しい思いをしたことはありませんか?
どんなに努力をしても勝てない、
努力が実らない、
期待に応えることができない、
この気持ちは誰もが味わったことがあると思います。

村田選手も同様で、逆境スピリットというキャッチコピーがあるくらい、
どんなに練習しても、自分を追い込んでも、
相手に勝つことができないという経験を重ねてきました。

それでも村田選手は諦めず、戦い続けたことによって、今回の勝利を手に入れることができました。

村田選手の試合を今までずっと応援し続けてきた強力なサポーターであり、
教え子である村田選手を支えてきたコミュニティープランナー・若山雄太さんからの言葉をご紹介します。

「人生は、いい時と同じくらい悪い時がある。
ただその悪い時に踏ん張り、戦い続ける姿を村田は見せてくれた。
みんなも今、 頑張っている時にイマイチ芽が出なかったり、 突き抜けられなかったり、
流れや運が悪くて思った結果になってないって人もいると思うけど、
もし今日の村田の姿や応援に何か感じるものがあったならば、
今日から改めて目の前の壁に対して挑んでいきましょう!
そしてその壁をぶち破るまで、とことんやっていきましょう!」

また、同じく応援にかけつけていた、村田さんの仲間である、著者・長倉顕太さんも、応援がもたらす効果について記事を執筆なさってます。↓
https://note.com/kentanagakura/n/n0cd32343ea23?fbclid=IwAR0DpVgnNGr8ZMCwHLgxrueBw9eJOyyjwiYLkGn-n_TDUANb6kncZd7Vfd8
なぜ、応援するとモチベーションが湧くのか?』

 

応援すること自体に学びがあるのはもちろんですが、
試合に出場する選手の
最後まで諦めない姿勢
強い相手に挑み続ける姿勢

から、大いに刺激を受け、自分も頑張らなければならないと鼓舞されました。

 

次の試合は4月11日。
村田選手の選手人生の有終の美を、全力で応援しにいきます!

めい

2,845 views

元SE/現NEET、映像制作を勉強中。古着とダンスと美術館が好きです。 主に映画、たまに本から学んだことを発信していきます。 アートや文化から楽しく学び、得...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。