読書量と年収の関係性

勉強

はじめに

こんにちは!ライターの藤原です。
突然ですが、皆様は1ヶ月でどのくらい本を読むのでしょうか?
他の人がどのくらい本を読むのかって結構気になりますよね。

実は、平成30年の10月に文化庁が『国語に関する世論調査』を実施しており、
全国16歳以上の男女約2,000人に月間の読書量を調査したところ、以下の通りになりました。

グラフを見てみると、月に本を1冊も読まない人がほぼ半分の47.3%もおり、
次いで1,2冊読むという人が37.6%という結果になっています。
上の二つを合わせるとなんと85%の人が1ヵ月に本を3冊以上読まないことが判明しました、、、

つまり、月に3冊、すなわち10日に1冊本が読めれば、上位15%に入れますし、
1週間に1.5冊読めれば6冊読めるようになり上位3.2%
に入ることができてしまいます。

私はこの結果を見て、本を読むことに価値をあまり感じていない人が多いなと感じました。

確かに必要な情報はインターネットで簡単に集めることができるこの時代で読書って
あまり必要ないようにも思えますが、、、

そう思って「読書することのメリット」についていろいろと調べて行くと、
なんと『富裕層と貧困層の読書量の差はかなり大きい』ということが判明しました!

読書量と年収はマジで比例してるって事例はたくさんある!

マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツの有名な言葉に『年収と読書量は比例する』というものがありますが
実際のところどうなのでしょうか?

結論から言うと、「年収と読書量は比例する!」ということを実証した事例は数多くありました!

ある調査によると

20代、30代で年収500万円のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むのだと言います。

なんと読書量の差は約38倍!

また、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいなかった。

という調査結果が出ております。

参考:『ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍「でも、有名になりたくて、仕方がないミーハー著者の本を読んでも何も変わらない。」』

また、

“パドヴァ大学の研究チームが読書と年収の関係を証明したところ、子ども時代(10歳までの時点)に学校以外で10冊以上の本を読んだ人は、読まなかった人に比べて大人になってからの年収が21%も違った(フランス、ドイツ、イタリアなど全9カ国から5,280人の男性のデータを集めて比較した)。”

といった結果も出ております。

参考:『マジ?読書量と年収の“真実”を知ったら給料が爆上がりするかもよ』

とはいえ、2つとも観察研究なので「本を読むと年収があがる」のか「高収入を稼ぐような能力を持つ人は本が好きなだけ」なのかはわからないものの、読書量が成功の要因になりうる可能性は高そうであることが分かります。

終わりに

読書と年収の相関性を見ると、読書好きにはウハウハな結果になりましたが、

年収が上がる理由としては、

・知識が増え、新しい経験をする機会を得られるから
・感情の整理が上手くなり、建設的な行動が取りやすくなるから
・ボキャブラリーが増え、コミュニケーション能力が高まるから

などが挙げられると思います。

俗物的な理由にはなりますが読書のメリットが収入にもリンクするならば、
「やりたいことが分からない」私のような方々は、とりあえず

朝早く起きて本を読み、読んだ本を活かす現場に赴き実践する

ということを継続すれば、人生は間違いなく今よりもいい方向に進む

と思われます!

ぜひ上位3.2%に食い込む読書力を身につけましょう!

マー

1,835 views

閲覧ありがとうございます!マーは主に『読書』を将来的に続けることで得られるものを紹介したいなと思います。「シェア」の意識を持つこと、そしてまとめる事で自分の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。