沈黙力〜豊かに生きるための2つの力〜

勉強

 

沈黙ほど権威を高めるものはない
                              
 レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家、発明家)

 

はじめに

こんにちは、kanahoです。 突然ですが、質問です。

あなたは、沈黙という言葉にどんなイメージを持ちますか?

寡黙、暗い、つまらない、退屈、気まずい、、、

そんなネガティブなイメージが強いと思っている方も、
多くおられるかもしれません。

しかし、成功者が沈黙へ持つイメージはそうではありません。

沈黙には2つの大きな力があるのです。

戦術としての沈黙

その一つは、戦術としての沈黙の効果

商談中に沈黙が訪れた時どう思いますか?
初めてのデートの最中の沈黙は?

焦りますね、必死に話題を探します。
なんなら晴れてもいないのに、
「今日はいい天気だ」などと言い始めてしまうかもしれません。

でもそんな必要はないんです。
なぜなら、沈黙には言葉以上の力を込めることができるから。

まず、沈黙を作ることが大切です。
難しいのですが、沈黙になる、ということと
沈黙を作る、ということは全く別の話なのです。

沈黙の効果

沈黙によって得られる「効果」を想定してわざと沈黙にする。
そのスキルが必要になります。
そしてそのスキルを身につけていれば、
ふいに訪れた沈黙さえも「効果」に変換することができるのです。

その効果とは何でしょうか。

例えば、重要な点の強調。
あまりにたくさんの言葉で表現すると、
何が重要なのかわからなくなります。
情報をセーブし、重要なことのみを際立たせる効果に、
沈黙は有効活用できるのです。

または、信頼関係の構築。
人間関係において信頼関係はとても大切なことです。
しかし、信頼関係を作ろうと焦り、
おしゃべりが過ぎてしまう人が多すぎるのです。
沈黙しましょう。
すると、自然と相手も自分の話をし、心を開いてくれるでしょう。

あるいは、交渉時の焦らしとしての沈黙。
人は余白があると埋めなければならないと感じます。
特に勤勉な日本人にはそういった慣習がある人が多いですね。
そこで、交渉時に余白としての空白を与えると
相手が自ずから自分のペースに入ってくれます。

これら全ての沈黙は効果として使いこなすことで、
人間関係の重要な戦術となるのです。

 

豊かさを生み出す沈黙

 

そして、沈黙の大きな力の2つめ。

それは、豊かさの創造です。

中国の有名な思想家が、こんな言葉を残しています。

 

沈黙しているとき私は充実を覚える。
口を開こうとすると、 たちまち空虚を感ずる。
魯迅(思想家)

 

この言葉を証明するように、
沈黙による豊かさの聖地があります。

それは、グランド・シャルトルーズ修道院

フランスの山奥にひっそりとあるこの教会は、
なんと約900年前からあります。

そして30人程度の修道士は1日の大半を個室で過ごします。
900年前の生活様式を今でも変えず、
日曜の休息日を除き、一切他者と口を聞かず、
沈黙の中で祈りながら過ごすのです。

一見するとまるで牢獄にも似た寂寞を感じますが、
その姿は穏やかで満ち足りており、
ものと情報に溢れた現代の私たちよりもよほど自由で豊か
に見えるのです。

これは、修行で自己と向き合った結果とも言えますが、
沈黙による効果が大きいのではないかと感じます。

おわりに

記事を書いている2020年4月中旬現在、
コロナショックの影響もあり、私たち現代人は生き方を見直すときがやってきました。

在宅勤務や外出自粛で家にこもりがちな今こそ、
沈黙の効果や沈黙の豊かさを感じて
じっくりと考えてみてはいかかでしょうか。

kanaho

kanaho

1,228 views

米農家出身東京在住建築士(23) 絵描き・フォトグラファー・お絵描き先生、 ブランドプロデューサー・オーナー等活動中。 本も映画も漫画もファッションも、 ご...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。