世界No.1テニスプレイヤーが実践している食事法とは!?

勉強

はじめに

今回私が紹介するのは、世界No. 1テニスプレイヤーのジョコビッチ選手の著書『ジョコビッチの生まれ変わる食事法』です。

本書では、ジョコビッチ選手が試合のパフォーマンスを劇的に向上させて、世界No.1になることができた秘訣と言われる、ある食事法について学ぶことができます。

また本書では、ジョコビッチ選手のような超一流になるための規律、姿勢、考え方を学ぶこともできます。

ノバク・ジョコビッチ選手について

ジョコビッチさんは、1987年に旧ユーゴスラヴィア(現セルビア)のベオグラードに生まれました。

12歳の時に、ドイツにあるニキ・ピリッチアカデミーに留学し、2003年にプロに転向しました。

2008年には、全豪オープンで20歳8ヵ月でグランドスラム優勝を果たしたものの、しばらく第二集団(世界ランキング下位)でもがき苦しみます。

2011年に全豪・ウィンブルドン・全米オープンで優勝を達成し、世界ランキング1位になりました。

以後2012年、2014年と世界1位を維持しており、絶対的王者として君臨しています。

また、慈善活動にも力を入れており、2007年に「ノバク・ジョコビッチ基金」を設立ています。

ここでは、戦争で親を失った子どもたちや若手アスリート、芸術家に支援を行なっています。

2011年、東日本大震災の際には同業のプロテニス選手たちを集めてマイアミでプロチームと チャリティサッカー試合を実施し、売上全額を日本に寄付しました。

 

プロになった当初は謎の嘆息に悩まされていた

実は、ジョコビッチ選手は謎の喘息に悩まされていた時期がありました。

ジョコビッチ選手は全てが順風満帆に行ってトップに上り詰めたわけではありません。

キャリア初期の頃は原因不明の体調不良によって、試合では十分なパフォーマンスを発揮できずにいたからです。

各大会で優勝をすることはあったものの、試合によって好不調の波が激しかったようです。

そして、トーナメントをある程度のところまで勝ち進むも、肝心なところで呼吸が苦しくなる謎の喘息に悩まされていました。

そして、その症状によって試合を途中棄権したり、あるい試合中に何度も中断を余儀なくされたり、、、

試合を何度も中断したことで観客からはブーイングを浴びせられ、ライバル選手からもこんなことを言われていたようです。

あいつは体調管理ができていない。
何か変えなきゃあいつはダメだろう。

十分なパフォーマンスが出せず、しかも観客やライバルからもいろいろなことを言われて、ジョコビッチ選手は相当辛かったと思います。

さらに、普段は紳士的なフェデラー選手にさえもこう言われてたそうです。

あいつはマンガみたいなものだ。
あんなに怪我ばっかりしてるんだからさ。

それくらいジョコビッチ選手の原因不明の症状は頻発していたということです。

今のジョコビッチ選手の姿からは想像できませんね。

グルテンフリーを実践してから劇的な変化があった

キャリアの初期は謎の喘息に悩まされていたジョコビッチ選手ですが、そんな彼が変われたのは食事を劇的に改善したからです。

具体的には、グルテンを控えることを実践しました。 

グルテンは小麦に含まれるタンパク質の一種です。

このグルテンがジョコビッチ選手のパフォーマンスを低下させていた可能性がありました。

グルテンは血糖値の上昇を招き、この血糖値の上昇が実はアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。

喘息もアレルギーの一種なので、ジョコビッチ選手はグルテンの摂取で喘息を引き起こしていた可能性が高いということなんですね。

そこでジョコビッチ選手はグルテンフリーの食事に切り替えます。

朝ご飯でパンを食べたり、練習前にクッキーを食べていたのを、朝はオートミールや果物でパワーボウルを食べるようにしたり、練習前には果物のバナナを食べるようにしたり、日常の食生活からグルテンを全て排除する食生活に変えました。

食事を切り替えた結果、ジョコビッチ選手の体質は大きく改善されて、試合中の喘息が嘘のように起こらなくなりました。

また、小さい頃から発症していた鼻づまりも改善されたそうです。

(鼻づまりもアレルギー症状の一種なので、グルテンや糖質を制限することで改善する可能性があります)

その結果、ジョコビッチ選手の試合中のパフォーマンスは大きく向上して、後の快進撃へとつながるわけです。

・世界ランキング1位を達成
・キャリアグランドスラム(4大大会すべてで優勝)を達成
・男子シングルス史上初のキャリアゴールデンマスターズ(4大大会とマスターズ1000の大会すべてで優勝)を達成
・生涯獲得賞金額1億ドル突破

このように食事改善によってジョコビッチ選手のテニス人生は激変して、今も世界のトップとして降臨しています。

 

決してグルテンフリーを勧めるものでは無い

この本はグルテンフリーを全員に推奨するのではなくて、
「自分に合わない食べ物を知りましょう」ということを伝えています。

誰もがグルテンにアレルギーに近いものがあるわけではなく、自分にとって不必要なものを知りましょうということです。

昔から日本人が米を食べ、パンを食べる文化がなかったので、体質的に小麦が合わないのはわかりますが、パンやパスタを主に食べる文化圏にもともと住んでいた人でも、合わない人がいるというのが意外でした。 

ジョコビッチ選手は、グルテンが少しでも体に入るだけでもパフォーマンスに影響するそうです。

ジョコビッチ選手は、アレルギーのテストをアレルギーの病院でやったほうがいいのではないかと、本の中で言っています。

このように、彼はここまで食事法を徹底したり、日々のヨガなどの習慣を行うことで日々ベストな状態で試合ができたり、心身共に素晴らしい状態をキープしています。

食事に関心のある人をはじめ、一流の思考を学ぶ意味でもビジネスマンも見るべき書籍だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私は本書を読む前までは、日常的にパンやピザなどのグルテンをよく摂取していました。

当時、私は大学のサッカー部でレベルの高い環境でスポーツをしていました。

もちろんレギュラー争いもありましたし、どうすれば高いパフォーマンスを発揮できるかを沢山の本を読んで学んでいました。

そんな時にこの本に出会い、ジョコビッチ選手の真似をして即実践してみました。

すると、食事後の頭がボーッとする感じが無くなり、明らかに脳のパフォーマンスが上がり、さらにサッカーでも一瞬の判断スピードが上がることでパフォーマンスが向上しました。

この経験から、今でも食事は基本的にはグルテンフリー を実践しています。

たまには、仕事や友人との付き合いももあったりしてグルテンを摂取していますが、基本はグルテンフリーです。

皆さんも、自分に合った食事法を見つけてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

takuya

2,744 views

1997年生まれの23歳。 趣味は読書・ランニング・ファッションです。 今は主にwebマーケティングやEPUB(電子書籍)を勉強しながら、趣味の読書で学んだ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。