• HOME
  • 記事
  • 勉強 , 読書
  • 書籍『時間術大全―人生が本当に変わる「87の時間ワザ』を読んで学ぶ、時間を有効に使うための4ステップ

書籍『時間術大全―人生が本当に変わる「87の時間ワザ』を読んで学ぶ、時間を有効に使うための4ステップ

勉強

こんにちは!今日は、『時間術大全―人生が本当に変わる「87の時間ワザ』をご紹介したいと思います。

・やることが多すぎて、大事なことが進まない
・つい、ネットで時間を無駄にしてしまう
・集中したいときに集中できない
・もう少し時間があればいろんなことができるのに…

このように考えたことがある人は多いかと思います。

忙しい現代の中では、意図的に自分にとって大事なことをする時間をつくらなくては、いつの間にか時間が経ってしまうということも多いのではないでしょうか。

この記事ではどんな状況の人でも時間を生み出せる4ステップをご紹介します。

Google×YouTube出身の著者

『時間術大全』の著者は2人、ジェイク・ナップはGoogleで、ジョン・ゼラツキーはYouTubeで、人の目を「1分、1秒」でも長く引きつける仕組みを研究し続けてきた時間のプロフェッショナルです。

Googleなどのテクノロジー企業は、いかにして人々から時間をかけてもらうかを研究し尽くしてきました。

そんな人間心理のメカニズムを熟知した2人が書いた時間術は、「人間の意志力がほとんど役に立たない」ことを前提としています。

是非一つ一つの方法を試して意味のある時間を増やしていってほしいです!

時間をつくる4ステップ

それでは早速、時間をつくる4ステップをご紹介します。時間をつくるには、以下の4ステップを毎日繰り返します。

1. ハイライト
2. レーザー
3. チャージ
4. チューニング

それぞれ詳しく説明していきます。

1. ハイライト

ハイライトとは、毎日「最重要事項」を選ぶことです。

なぜ時間をつくるのか、何のために時間をつくるのかを決めることが最も重要です。毎日、その日の優先事項としてスケジュールを確保する活動を決めて、その時間を作ります。

大事な仕事、趣味の活動、やる必要はないがやりたいこと、などなんでもいいので、その日最優先したい事項を決めます。

選ぶ基準は、緊急性、満足感、喜びの3つを基準にすると良いとのことです。

具体的なアクションとしては、

・やることを書きだす
・スケジュールに書き込んで時間を確保する

これで確実にハイライトを実行していきましょう。

2. レーザー

レーザーでは、「気を散らすもの」を撃退し、ハイライトで決めたことを集中して実行します。

現代は、メールやSNS、ニュース速報などの通知がいつも私たちの集中を削ぎ、気を散らします。

集中力を高める具体的な戦術をいくつか紹介すると、

・スマホからソーシャル系アプリを削除する
・メールなどを使い終えたらログアウトする
・通知をオフにする

などです。大事なハイライトの時間のために別のことに気を散らさないように、設定を変えていきましょう。

3. チャージ

チャージでは、「脳を充電」します。運動や食事、睡眠などでエネルギーを充電します。

人間の体の仕組みは狩猟採集時代からそこまで変わっていません。そこで、古代人を参考にしたエネルギーチャージ方法が紹介されています。

・歩き回る、散歩をする
・果物やナッツなど、加工食品でなくリアルフードを食べる
・カフェインをうまく使う
・元気をくれる人と話す
・昼寝をする

などの方法です。上手に自分をケアしてエネルギーを充電していきましょう。

4. チューニング

最後のチューニングのステップでは、試したことを振り返り、調整、改善をします。

どんな習慣を試したのか、うまくいったのかそうでないのかを検証し、自分に合うものを選んでいきます。

・どれくらいハイライトの時間を作れたのか
・どれくらい集中して取り組めたか
・どれくらいのエネルギーがあったか

これらを毎日メモを取り、試した方法を振り返り、うまくいったこと、いかなかったことを書き留め、翌日試したい方法の計画を立てます。

毎日繰り返すことで小さな変化を増やし、大きな成果を生んでいきましょう。

 

以上の4ステップとなります!

何かを少しだけ変えてみて、ポジティブな結果が得られたら、さらにもっと大きな目標に集中し、充実感が得られるのではないかと思います。

お読み頂きありがとうございました!

かわい

1,408 views

理系大学院で研究 / 英語翻訳 / 3人子育て中 の20代女子です。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。