続かない人におすすめ!読書習慣と教養を身につける方法

勉強

どうしても読書が続かない…

読書習慣が大事という意見や、速読法を紹介している記事をよく見かけますよね。
触発されて読書にトライする方が多いかと思います。

しかし、

  • 読書の習慣がない
  • 読書を習慣にしようとしても継続できない
  • 集中力が続かず、他のことに気がいってしまう

などで困ったことはないでしょうか?

私もほとんど読書をしたことがなく、また長時間集中力が続かないので、一冊読み切った本は数えるほどしかなく、1ヶ月以上かかることは当たり前のような状態です。

読書のメリットは多くの方々が提唱なさっているので、どうにかして習慣化したいものですよね。

そこで、なぜ読書が継続できないのかを考察し、課題を攻略するための方法を調べてみました。

その方法はずばり、1日1ページ読書
なんだか簡単そうに聞こえませんか?

「我こそはズボラだ」という方にぜひ読んで頂けたら嬉しいです。

キーワードは、達成感・興味・時短

 

読書に対して意欲が湧かない理由として、大きく3つあるのではないかと考えました。

1.「長くて読みきれない」

いざ本を読み始めても途中で挫折し、そのまま再び本を開くことなく放置してしまう…なんてことはないでしょうか。
何回かに分けて読めばいいのかもしれませんが、ズボラの場合はそう簡単にはいきません。

大体どの本も数百ページに及ぶものばかりで、読み切るまでの道のりが長くて、やる気が失せてしまいます。
つまり、「読み切った」という達成感を味わうことができないことが、読書が続かない原因にあたるのではないかと思いました。

どんなに少なくても、まずは「読み切った」という達成感をたくさん感じることが習慣化につながるのではないかと考えました。

当サイトの記事でも、大きな目標よりも、小さなゴール設定をすることが継続につながることを書いている記事があります。

小さすぎて失敗しない?  習慣との付き合い方

突然ですが、皆さんは1年前の目標を覚えていますか? 1年の始まりに目標を立てたものの、 してしまいますよね。 そこでこの記事では、 そんな方々に向けて一冊の本をご紹介します。 この本には、著者スティーブン・ガイズ氏の実体験に基づいた 習慣づくり のノウハウが詰め込まれています。 どうしてもやりたいことが続かない、 できない自分に落ち込んでしまっている、 もうそんなことに悩む必要は必要はない。

2.「面白くない」

タイトルや目次を見てなんとなく面白そう!と思った本でも、いざ本編を読んでみると期待外れだったことなどはないでしょうか。
あるいは、本を手に取った時点では面白いと思っていたものの、後になるにつれて興味が薄れることもあるかと思います。

続かない人の特徴として飽き性であることが挙げられると思いますが、一つのテーマを数時間かけて読み進めることは、時として「辛い」「面白くない」という感情が湧いてしまう要因になるのではないかと感じます。

興味がなくなった瞬間、継続することは難しくなってしまうのです。

違うテーマが一冊に纏まっていて飽きることを防止できるような本を読むことで、習慣化につなげることができるのではないかと考えます。

3.「時間がない」

仕事や家事などに時間を取られてしまい、読書をする時間がないというのも多いパターンではないでしょうか。
実際は趣味や娯楽の時間を使って読書すればいいところですが、わかっていながら他のことに気がいってしまうこともよくあることかと思います。

1つ目の理由でも記載いたしましたが、本一冊を読み終えるためにはかなりの時間を要し、さらに読書習慣がなければ読むスピードも遅くなりやすいので、時間がかかる一方です。

多くの方々は、「時間がかかること=面倒なこと」と捉えやすいはずです。

達成感を積み重ねることにもつながりますが、「読書=時間がかかる」という概念をなくすべく、短時間での読書を繰り返すことが読書の習慣化のために有効なのではないかと考えました。

1日1ページ読書のすすめ

上記を踏まえて、おすすめしたい本が『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』です。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

Amazon.co.jp: 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 eBook: デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, 小林朋則: Kindleストア

シリーズ累計150万部を突破し、NYタイムズでベストセラーに選出された本で書店でもよく見かけるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
題名通り、1日1ページずつ知性を鍛え、頭脳を刺激し、教養を高めるための読み物が365日分詰め込まれています。
取り上げられている分野は歴史・文学・視覚芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7つ。
1ページは大体3〜5分ほどで読み切れるような形になっています。

1日1ページというかなり小さく短時間で辿り着くことができそうな目標で、達成感を簡単に味わうことができます。
さらに毎日違うテーマを読むことができるので飽きにくさがあり、昔教科書で見たことがあるようなテーマをわかりやすく且つ教科書にも載っていなかったような豆知識を添えて書かれているので、むしろ「もっと知りたい!」という、新たな方向への好奇心を掻き立てられます。

「読みきれない」「面白くない」「時間がない」といった悩みを解決するような内容になっているのです。

 

教養は別になくても生きていくことができるようなテーマではあります。
しかし、ご紹介した著書の筆者デヴィッド・S・キダーさんとノア・D・オッペンハイムさんは、「毎日のつらい仕事を一時忘れて、人類の英知という深遠な世界をのぞいてほしい」とのこと。

さらに、ジャーナッリストの池上彰さんも「教養を学ぶことでルールそのものを疑い新しい解を自分で探し出すことや、難しい交渉をうまく乗り切ることができる」と考えていたり、Apple設立者のスティーブ・ジョブズさんもカリグラフィーというITとは全く関係ない学問に熱中していた時期があったことが、文字デザインが他メーカーと比べて群を抜いているiMacを生み出すきっかけにつながったと考えられていたりするそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。

池上彰が語る「役に立たない」教養の重要性 – エキサイトニュース

池上彰氏(以下池上さん)はテレビでいつも私たちが「明日からすぐ使える」役立つ知識を教えてくれる。しかし、 「池上彰の教養のススメ …

これらを踏まえて、教養を学ぶことは、常識や道徳に囚われない先人の発想から視野が広がり、クリエイティブな思考回路を手に入れることができ、まさに人生が豊かになる一つの手段といえるのではないかと感じました。

 

他にもテーマを絞ったシリーズがありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 現代編

Amazon.co.jp: 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 現代編 eBook: デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, 小林朋則: Kindleストア

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編

Amazon.co.jp: 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編 eBook: デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, 小林朋則: Kindleストア

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 【3冊合本版】

Amazon.co.jp: 1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 【3冊合本版】 eBook: デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, 小林朋則, パリジェン聖絵: Kindleストア

※通常・現代編・人物編の合本版がKindleバージョンでありました。まとめ買いしたい方におすすめです!

 

1日1ページ、読むだけで身につくからだの教養365

Amazon.co.jp: 1日1ページ、読むだけで身につくからだの教養365 eBook: デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, ブルース・K・ヤング医学博士, 久原孝俊: Kindleストア

読書習慣と教養を身につけよう!

私も、読書が良いと分かっていながらも、ズボラが効いてどうしても続けられませんでした。
その原因は、「達成感を得られない」「興味が続かない」「時間がかかる」ことではないかと考察。

紹介した本を枕元に置いて、朝起きてすぐに1ページ読むようにしてからは、毎日読書する習慣を身につけることができました。

読書のメリットに関して詳しく書いてある記事と、読書習慣を身につける他の方法が書かれた記事もありますので、自分に合った読書法を探すためにぜひご覧ください。

読書量と年収の関係性

こんにちは!ライターの藤原です。 突然ですが、皆様は1ヶ月でどのくらい本を読むのでしょうか? 他の人がどのくらい本を読むのかって結構気になりますよね。 実は、平成30年の10月に文化庁が『国語に関する世論調査』を実施しており、 全国16歳以上の男女約2,000人に月間の読書量を調査したところ、以下の通りになりました。 グラフを見てみると、月に本を1冊も読まない人がほぼ半分の47.3%もおり、

 

読書が苦手なあなたへ!『1冊読み切る読書術』で積ん読を解消しよう!

こんにちは、はまじんがーです。 あなたには、このような悩みがありませんか? ・本を買っても積ん読してしまう・・・ ・難しい本を読み進めることができない・・・ ・読書の重要性は分かってるけど気が進まない・・・ このように、読書に苦手意識を感じている人は多いのではないでしょうか。 …

 

読書が続かないあなたに!読書習慣化の切り札「オーディオブック」

みなさまは、普段どれくらい読書をしていますか? また、読書の習慣を継続することはできていますか? で紹介している通り、読書量が多いほど年収も高いというデータもありますので、読書に大きなメリットがあることは誰もが認めるところだと思います。 しかし、読書を習慣化したいと思ってはいるものの、 「活字を読むのが苦手だ・・・」 「毎日忙しくて読書する時間が全くない・・・」 …

読書習慣を身につけたい、教養を身につけたいという方は、紹介した本をチェックしてみてください。
小さなことからチャレンジしていきましょう!

めい

2,808 views

元SE/現NEET、映像制作を勉強中。古着とダンスと美術館が好きです。 主に映画、たまに本から学んだことを発信していきます。 アートや文化から楽しく学び、得...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。