「苛立ち」「落ち込み」などの感情に振り回されない人になる為には!?

未分類

こんにちは。たっきゅーです。

今日は書籍『図太くなれる禅思考』を紹介致します。

皆さんは、真の図太さを知っていますか?

図太さとは、ズカズカと他人の心の中に、踏み込んでくる無神経なイメージがあるでしょう。

ですが、本書のテーマの真の図太さは、

「嫌なこと、つらいことに押し潰されないたくましさ」

「苦しい状況や困難な局面に置かれても、折れたり、へこんだりしないやわらかさ」

「その瞬間は落ち込んだり、めげたりしても、すぐに立ち直れるしなやかさ」

「自分に批判的な周囲の声に接しても、「まあいいか」と受けとめることができるおおらかさ」

など、生きていくうえで心を強く持つ事として、紹介されています。

書籍『図太くなれる禅思考』

 

「禅僧」について、どんな印象をお持ちですか?

「立ち居ふるまいが美しい、穏やかな雰囲気をたたえている」

「いつも柔和な表情で微笑んでいる」

そのように、禅僧が漂わせる穏やかな印象の根っこには、「図太さ」があります。

「些細な事に思い悩んでしまう人」

「何か心を塞ぐ事があると、いつまでもそこから抜け出せない人」

などの、繊細な方や小さな事に気を病みやすい方は多いと思います。

禅僧の生活の中には、そのような方が図太くなるためのヒントがあり、

そのヒントが、本書に掲載されております。

今回は、イライラした時の対処法と、落ち込んだ時の対処法を紹介させて頂きます。

イライラした時の対処法

人間誰しも、イライラすることはあると思います。

けれど、イライラしていると、人が遠ざかってしまいます。

言われた言葉や態度について考えても、怒りの感情は治りません。

ましてや、増す一方だと思います。

イライラした時に大事な事は、

深い呼吸で間をとり、心で「大丈夫、平気」と呟く事です。

怒りは頭にまで上らず、自然と萎んで消えていきます。

落ち込みの沼から抜け出す為には

本田技研工業の創業者、本田宗一郎さんは、

「失敗が人間を成長させるとわたしは考えている。失敗のない人なんて本当に気の毒に思う」

と、仰っていたそうです。

つまり、失敗にこそ学びがあるという事です。

失敗して落ち込むのでは無く、

失敗を学び、受け止めて、次に繋げる事が大事です。

また、失敗した過去はやり直すことができない。

ということを胸に刻みます。

過去の時間はどんなにあがいても、努力をしても、取り戻すことはできません。

そうではなくて、今だけを見つめる事を大事にしましょう。

それが図太くなるためのコツです。

落ち込んでしまった時の対処として

落ち込む事は誰にでもあります。

そこで、気持ちの切り替えを上手く出来ない人もいるでしょう。

落ち込んでしまったら、掃除をしましょう。

禅には「一掃除 ニ信心」

という言葉があります。

掃除は単に塵や埃を払ったり、その場を磨いたりするものではなく、

自分の心についた塵や埃を払い、心を磨くものだと禅では考えられています。

「落ち込んだら、とにかく掃除する」

これが落ち込みから立ち直る一番簡単な方法です。

書籍『図太くなれる禅思考』を読んで

本書を読む前は、気持ちの切り替えが出来ず、何日も引きずるような事がありました。

しかし今は、落ち込んだ時は、その日に掃除を行なっています。

そうすることで、翌日には、気持ちを切り替える事ができ、

失敗した事を糧にして、次に活かせるような努力も、出来る様になりました。

このように、感情をうまく扱うためのノウハウが書かれているこの本はとてもオススメです。

たっきゅー

877 views

こんにちは! たっきゅーです! 普段は理学療法士という仕事をしています。 体験した事、楽しかった事どんどん書きますので、是非見てくださいねー!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。