スキルなしの20代が1週間で10万円稼げた副業【Uber eats】について紹介

ウ―バーイーツ
キャリア

1週間で10万円稼げた副業とは?

どうもコロナの影響でアルバイトが激減した大学生のフルザワです。

そんなフルザワが生活費を稼ぐ為に始めたのがUber eatsです。

副業といえば、転売・投資・アフィリエイト・YouTubeなど今は様々なものがあります。

副業

私も幾つか挑戦しましたが、なかなか思うような結果は出ませんでした。

しかし、今回紹介するUber eatsは違います。

なぜなら、確実に収入になるからです。

知られざるUber eats配達員の裏側

今や誰もが知るUber eatsですが、配達員の裏側について知る人は少ないです。

興味はあるけど知らなかった、そんな気になるUber eats配達員の裏側を私の経験を元に紹介していきます。

ウ―バーイーツ

配達回数は数カ月で1000回を越えたので、一個人のデータとはいえ信憑性のある情報だと言えます。

・アルバイトが激減した大学生
・隙間時間に働きたいフリーター
・土日にお小遣いを稼ぎたい20代
・体力が有り余ってる元運動部
・スキルはないけどやる気はある若者

上記に当てはまる人はぜひ読み進めてください。

実際稼げるのかどうか、どういう給与体系なのかといった疑問にお答えしていきます。

Uber eatsはぶっちゃけ稼げるの?

最近ではYouTuberの企画でもよくUber eatsを利用していたり、街で見かけることも多くなってきました。

実際、この記事を見ている人の中にも、「Uber eatsを始めてみようかな。。。」とお考えになった事がある人もいらっしゃるかもしれません。

では、「実際稼げるの?」という点が気になると思います。

その答えは“YES”です。

タイトルにもありますように、1週間で10万円を稼いだのが私の最高記録です。

1週間で10万円

最高日給は雨の日に10時間走行して2万円を越えました。

基本的な時給は1000円程ですが、この日の時給は2000円になりました。

普段は1件の配達がおよそ300〜500円で、1時間に2〜4件配達するのがベースになります。

1日の走行時間が8〜10時間、配達件数20〜25件、日給8000〜10000円と考えておくのが妥当でしょう。

それにプラスして「クエスト・ブースト・チップ」と言ったボーナスが貰えるので、それらを駆使して日給を上げていきます。

雨の日とピーク時にボーナスを獲得する

ボーナスは雨の日とピーク時(10時半〜15時、17時半〜22時)に獲得しやすいので、そこを狙っていきます。

雨

・ボーナスその1【クエスト】
クエストとは自分の設定した配達回数に応じてボーナスが貰えるものです。
基本的に月曜〜木曜の最高額は90件の走行で25000円、金曜〜日曜の最高額は55件で10000円程になります。(地域や時期によって変動)雨の日のピーク時には4件の配達毎に1件配達分のボーナスが貰えます。

・ボーナスその2【ブースト】
ブーストとは雨が降ったり、注文の多いピーク時に起こります。雨の日やピーク時は配達員の人数に比べて注文が多くなるので、1件の配達に100円〜400円程ボーナスが貰えます。

・ボーナスその3【チップ】
チップはお客様のご好意で貰えるボーナスです。迅速且つ丁寧な配達をしたり、雨の日に配達すると頂ける事があります。日頃から丁寧に配達を心掛けているとお客様からの信頼も得る事ができます。

これら3つのボーナスの中でも特にクエストをしっかり獲得していく事で、1週間に10万円を稼ぐ事ができるようになります。

アルバイトの収入を越えたUber eats

私も始めは不安ながらUber eatsに登録したのですが、いつしかアルバイトの収入を越えるようになっていました。

更に有難い事に毎週水曜日に週払いで給料が振り込まれるので、急な出費にも対応できます。

また、会社ではないので出勤、退勤時間にも縛られません。

上司や部下がいないので自己管理が大切なのですが、人間関係のストレスがないので嬉しい点でもあります。

正に現代ならではの働き方と言えます。

私はアルバイトよりも気楽なので、ひとまず今年はUber eats生活をして行こうと考えています。

ウ―バーイーツ

もし参考になれば一緒にUber eats生活を始めましょう。

コロナの影響で仕事が減少した人や短期的にガッツリ稼ごうと考えている人にはぜひオススメです。

もし私に聞いてみたいことがあれば、TwitterのDMでどんな質問にも答えます。(→質問はフルザワの公式Twitterから

ではまた。

furuzawa

1,896 views

非日常な毎日を送るwebライター兼学生。コーラとハイボールが好きです。非日常な体験から学んだ事を発信していきます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。