• HOME
  • 記事
  • キャリア
  • 仕事中なのにどうしようもなく眠い!そんなときに知っておきたい4つの対処法とは?

仕事中なのにどうしようもなく眠い!そんなときに知っておきたい4つの対処法とは?

眠い
キャリア

仕事中に眠くなってしまうあなたへ

こんにちは!
ライターのshimodaです。

突然ですが、あなたは仕事中に眠くなってしまうことってありませんか?

おそらく、誰もが一度は、いや、何度も経験しているはずです。
「昨日は早く寝たんだけどな」とか「今朝は気持ちよく起きられたはずなのに…」なんて思うこともあるでしょう。

パソコンに向かって長時間作業していたり、あまり発言機会の無い会議など、様々な場面で起こり得ることですよね。

給料をいただいて仕事しているのだから、眠るなんてあってはいけないと自分ではわかっているはずなのに、考えとは裏腹に体は言うことを聞いてくれないこともあります。

今回は、絶対に眠ってはいけない場面でどうすれば眠気に対処できるのか、ということについてお伝えしていきます。

・仕事中に眠くなることが常態化してしまっている
・会議中ウトウトしてしまい、大事なことを聞き逃しそうになった
・眠気によって作業効率が下がってしまう

このような方は、ぜひ最後までご覧ください!

仕事中に眠くなる人ってどれくらいいるの?

仕事中に眠くなるのは自分だけなんじゃないかと、不安に思っていませんか?
実際のところ、どのくらいの人が眠気と戦っているのか。

株式会社インテージによる、ビジネスパーソン1774人を対象に行った調査の結果が次の通りです。

仕事中に眠くなる人の割合

「まあある」という回答を含めると、仕事中に眠くなる人の割合は66.9%に上り、7割近くもの人が昼間に眠気を感じることがあるようです。

この結果を見てどう思いましたか?

やはり眠気は多くの人の悩みなんですね。
仕事中に眠くなるのは、決してあなただけではないということがお分かりいただけたんじゃないでしょうか。

一安心したところで、では、どうすれば眠気に打ち勝つことができるのか。
気になりますよね。

次項では、そんなあなたに具体的な対処法をご紹介します。

仕事中に眠くなったときに知っておきたい4つの対処法

対処法

それでは、実際に眠くなってしまったときにどうすれば良いか、早速見ていきましょう。
これから紹介する方法は、様々な本やネットの情報を見た中から厳選したものです。

どの方法も私自身試してみて、効果のあったものばかりです。
誰でもすぐにできますので、要チェックですよ!

①適度に体を動かす
②昼食の時間や量を調整する
③刺激のある食べ物を摂取する
④目のケアをこまめにする

一つずつ詳しく解説していきましょう。

①適度に体を動かす

常に同じ姿勢で座っている状態で、パソコンに向かって作業しているとき、眠気は襲ってきます。
これは、体が安定しており、リラックスしている状態だからです。

仕事中ですから、当然頭はフル回転しています。
一方で、体は落ち着いており、脈拍も安定していることから、それが脳に伝わり、自然と眠くなっていくのです。

ちょっとした眠気であれば、座ったまま腕を上に伸ばしてみたり、軽く首を回してみるといったことで、再び集中できるようになります。

しかし、長時間同じ姿勢のままでいると、ちょっとした動きでは眠気を振り払えないこともあります。
脳は完全にリラックスモードと認識してしまっているわけですね。

こうなった場合、座った状態でどうにかしようとしても、なかなか難しいと思います。
トイレに行ってみたり、飲み物を買いに行ってみるなど、目的は何でもいいのですが、とにかく立ち上がって歩くという動作が重要です。

体が安定してリラックスしている状態を断ち切らなければいけないので、より体の動きを大きくする必要があるんですよね。
ほんの1、2分程度歩き回ってみるだけで、頭を一気に覚醒させることができます。

ここで大切なのは、あくまで適度に体を動かすということです。
あまりやる人はいないと思いますが、眠気覚ましのためにちょっと外へ出て走ってみたり、入念にストレッチをしてみたりということはおすすめしません。

なぜなら、軽い運動を超えてしまうと疲れが蓄積されてしまうからです。
一時的には眠気は覚めますが、しばらくすると疲れからくる眠気が襲ってきてしまいます。
眠気を覚ましたい時には、適度に体を動かすことを心がけましょう!

②昼食の時間や量を調整する

眠くなる時間帯で一番多いのが、昼食後の午後一番ではないでしょうか。
これは血糖値の乱高下によるものです。

食事から摂取するブドウ糖の量が多いと、血糖値が上昇します。
それに反応して、膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンの一種が大量に分泌されます。

そのインスリンが効きすぎることで、血糖値は急低下し、体が一時的なブドウ糖不足の状態に陥ります。

その結果、脳の唯一の栄養源であるブドウ糖が脳に十分に行き渡らず、眠くなってしまうということなのです。
(参考記事:食後のウトウト…何とかしたい!眠気防ぐランチ術)

このことから、昼食の際には、ブドウ糖の基となる糖質の摂取を抑えることが効果的ですね。
具体的には、ご飯や麺類、パンなどの量を控えめにしたり、デザートや果物類は控えて、夕飯の時に食べるなどが挙げられます。

ただ、どうしても昼食はしっかり食べたいという方は、集中して仕上げたい仕事を片付けてしまい、その後昼食を食べるといった、時間をずらすことも考えてみてはいかがでしょうか。
昼食による作業効率への影響を考えることも大切な仕事の一つと言えるでしょう。

③刺激のある食べ物を摂取する

眠気を飛ばす飲み物として有名なのが、やはりカフェインを含んだものです。
コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどが挙げられます。
カフェインには、脳を覚醒させる効果であったり、集中力を高める効果があります。

また、噛むという行為が脳への刺激となるので、特にミント系のガムを食べるというのは、眠気を覚ます効果があります。

さらに、刺激を与えるという意味では、辛いものや酸っぱいものがおすすめです。
どちらも、味の中でも特に強いですよね。

あまり匂いが強いものですと、周囲に迷惑がかかってしまいますが、唐辛子入りのお菓子だったり、梅干し等を密かに用意しておくといいと思います。

ちなみに、私の場合は堅いものを食べることが非常に効果があります
有名なお菓子で「堅あげポテト」というものがありますが、堅いものをバリバリ噛むと一気に目が覚めます。

ただし、くれぐれも周りに人がいる時にはやらないでください。
音が大きく、とても迷惑なので。笑
人気のないところでひっそりとお願いしますね。

④目のケアをこまめにする

私の経験上、こちらが最も効果的です。
やはり、仕事上どうしてもパソコンを見る時間が多くなりますよね。
さらに、休憩中にはスマホを眺めたりと、あなたが考えている以上に普段から目を酷使しているのです。

目が疲れると自然と目をつぶろうとしますし、脳も少し休むようにと指令を出しているわけです。
だからこそ、とにかくこまめに目のケアをしてあげましょう。

少し疲れたなと感じたら、ほんの10秒程度でいいので目を閉じてみてください。
それまでに比べてスッキリできるはずです。

より疲れが溜まっているようでしたら、刺激のある目薬を使うのもありですね。
私の場合は、この目薬をさすという行為が一番眠気に効きます
今まで眠気があったなんてことが信じられないくらいスッキリします。

他にも、目を温めてみたり、視線をぐるぐると回して目のストレッチをするというのも有効です。
目は、生活する上で常に使い続けているわけですから、体の中でも特にケアをしっかりしていきましょう。

まとめ:仕事中に睡魔に襲われたときは試してみて!

実践しよう

いかがでしたでしょうか。
具体的かつシンプルな内容なので、すぐに実践できると思います。

改めて、眠気への対処法をまとめておきます。

①適度に体を動かす
②昼食の時間や量を調整する
③刺激のある食べ物を摂取する
④目のケアをこまめにする

これらを参考にしつつ、自分なりの方法を編み出していただければと思います。
効果的な対処法を思いついた際には、ぜひシェアしてほしいです。

眠気などに惑わされず、より高いレベルの仕事ができるよう共に頑張っていきましょう!

shimoda

6,247 views

職業:エンジニア。 日々、電子回路と格闘中。 音楽ライブ、映画鑑賞、読書、恐竜が好き。 気になったらとりあえずやってみる。 広く、浅く、ときどき深く。 新し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。