凄い結果を生み出すずるい考え方「ラテラルシンキング」とは?

勉強

こんにちは。たっきゅーです。

突然ですが皆さんは、

13個のオレンジを子供3人に公平に分けるには、どうしますか?

4個ずつ分けて、余った1個を三等分にしますか?

オレンジには、大きさという個体差があります。「あっちの方が大きい!不公平だ!」と言う不満が出る可能性がありますね。

では、大きさに偏りがあるから質量を揃えて分けますか?

食べ物には、味がありますよね。酸っぱいオレンジを選んでしまい、「私のだけ酸っぱいオレンジで不公平だ!」と言う不満が出る可能性もありますよね。

では、どうすれば良いでしょうか?

1つの例ですが、

「ジュースにして分ける」という方法があります。

この方法なら味も大きさも関係なく均等に分けられますね。

「なんだ、そんなことか」と思うかもしれません。

ちなみに正解はありません。

何を伝えたいかと言いますと、大人は「前提」や「常識」をなかなか越えることができません。

固定観念に縛られて、物事を柔軟に考えることができないのです。

今回は、そんな「常識」や「前提」から自由になる為の考え方「ラテラルシンキング」について紹介します。

書籍「ずるい考え方」

今回紹介するのは、『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』という本です。

この本の著者は、木村尚義さん。

木村さんは、既成概念に捉われないアイデアを発想する思考法を企業に提供し、好評を得ています。

また、銀行、商社、通信会社、保険会社、自治体などに「発想法研修」を提供しており、遊ぶだけで頭がよくなる強制発想ゲーム「フラッシュ@ブレイン」の考案もしています。

他にも、『ひらめく人の思考術 物語で身につくラテラル・シンキング』(早川書房)など多数出版を手掛けています。

 

本書においての「ずるい考え方」とは、

常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方

最短ルートで問題を解決する考え方」です。

そして、誰も思いつかないけど、誰にでもできる簡単な方法を編み出す考え方の事です。

つまり、まわりの人が「あんなふうにやれば良かったんだ」とガックリし、思わず「ずるいッ!」と足を踏みならすような考え方なのです。

 

学校教育では学べない「ラテラルシンキング」

私達は、すぐに正しい答えを探してしまいます。

それは、何故かと言いますと、学校で教わるのが「ロジカルシンキング」だからです。

「ロジカルシンキング」とは、論理的な思考のことです。

A→B→Cというように物事を順番に積み上げながら、筋道立てて正解を導いていく考え方です。

答えをひとつに絞ろうとするマインドとなります。

毎日こうした刷り込みがなされているので、わたしたちは「答えは複数存在しない」という考え方に慣らされています。

発想がロジカルシンキング一辺倒になってしまうというのは、発想が貧しくなり、アイデアの数が減ってしまいます。

そして、当たり障りのない答えを選ぶ考え方となってしまいます。

 

どんな変化にも対応出来る思考法

それに比べて、「ラテラルシンキング」は、考え方の可能性を広げ、自由奔放に発想します。

これは、「前提」や「常識」に捉われない考え方となります。

こんなアメリカンジョークがあります。

NASAは無重量状態では、ボールペンが書けない事を発見し、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
一方ロシアは鉛筆を使った。

このジョークにあるロシアの行動も、ラテラルシンキングの1つとなります。

また、大阪万博での出来事にこんな事もありました。

入場ゲートが開くと、一斉に駆け込む為、危険であり、警備員が「走らないで」と怒鳴っても効果はありませんでした。

来場者の安全を確保する為に何をしたかと言いますと、

入場前の人にパンフレットを配っただけです。パンフレットを読む為、急ぐ人は減ったそうです。

人員やゲートを増やす訳でもなく、パンフレットを配っただけです。

これもラテラルシンキング的な解決策です。

 

固定概念を打ち破る為の疑う力

固定観念に捉われると、自由な発想が出来なくなります。「前提」や「常識」がラテラルシンキングを阻害してしまいます。

ラテラルシンキングになる為にまず行うことは、あらゆる事を疑ってみることです。

「なぜ?」や「本当?」

と常に問う事で、もしかしたら違う見方が出来るかもしれません。

新しい常識は、非常識から生まれてきます。

 

書籍『ずるい考え方』を読んで

世の中には、ルールがあります。ルールがあれば、行動する前に、自分で考えて、判断する必要はありません。従えば良いだけです。

「常識」に頼りきって、自分で考える事が減っていました。

常に答えを求めるのではなく、ラテラルシンキングを取り入れ、世の中の変化に柔軟に対応出来るようになればと考えています。

今回は、「ラテラルシンキング」について、簡単に説明させていただきました。

本書には、具体例を含めて、ラテラルシンキングについて説明されていますので、是非、読んでみて頂けたらと思います。

たっきゅー

975 views

こんにちは! たっきゅーです! 普段は理学療法士という仕事をしています。 体験した事、楽しかった事どんどん書きますので、是非見てくださいねー!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。