人生をいかに『遊び』にするかが哲学的にも非常に重要だった件

クリエイティブ

『遊び心』がこれからドンドン重要になる!

こんにちは!ライターのマーです!

遊ぶこと、とは何なのかについて考えてみると

・仕事の対極にあるもの
・ゲームなどの気晴らし

なのかなと思いました。

実際に仕事、仕事、という生活をするのであれば、
よっぽど仕事が好きでない限りはストレスがたまり

「あ〜どっか遠くへ行きたいなぁ。」
「久しぶりにパーッと遊びたいなぁ。」

なんて思うものです。

遊ぶことは誰もがいつでも求めることです。

つまり

ニーズしかない

と言えるでしょう。

また遊びとは、行為だけでなくモノのデザイン性にも言ったりします。

機能だけを追求するのではなく、見た目もものすごく凝った製品が今では人気です。

そう言った『遊び心』のある製品やサービスが今ではニーズがあります

AmazonやGoogleはデザイン性も

シンプルに美しいし、「楽しい」

ものとして私たちの世界に君臨しております。

『遊び心』を大人になってからも育むことはとても重要です。

そんなことを教えてくれた本が、『プレイ・マターズ 遊び心の哲学』という作品です。

 

本書はゲームを通じて、遊び心がいかに人間を豊かにしているかを説明しております。

・仕事に対していつも気が滅入る
・最近楽しいことがないなぁと今感じている
・人生に息詰まりを感じる

上の悩みに対して、『遊び心』はとても刺さります!

『遊び心』ってなんなの?

本書がいう『遊び心』とは

本来遊びであるべきではないものを乗っ取って、遊びめいたものに仕立てあげる試み

ということで、これには目から鱗が落ちる衝撃を受けました

確かに

通勤するときも
仕事するときも
ブログを書いてる時も

『遊び心』を発揮することによって、

「退屈・嫌悪」

「充実、好感」

に変える考え方ができます。

例えば、

通勤:満員電車の中でいかに快適に過ごすかを編み出す(お気に入りの音楽を聴く+冷えピタを貼って涼しく過ごす、みたいな)。
仕事:やりたくない仕事をやる気にさせるためにまず簡単な仕事をしてからリズムに乗って、ノった気持ちでこなす。
ブログ:見られて、高評価をたくさん得る自分をイメージして、なりきって書く。

という風に、物事を「遊びめいたもの」にすることは工夫次第でいくらでもなり得ます。

いつでも、どこでも、どんな時でも『遊び心』を持つことは間違いなく幸福な人生を歩めると言えるでしょう。

今では、退屈で機能的な仕事はテクノロジーの方が遥かに得意でコストもかかりません。

「機能的なもの、目標思考だったものを、快を与えるものや感情に訴えるものに変える」

そうすることで「やりがい」を生み出すことに繋がるのでしょう。

人生はゲームだ!と思うくらいが一番楽しい!

つまり、遊び心を抱くには

常に「ゲームプレイヤー」であること

を意識することです。

私が小学生だった頃は1日5時間くらいプレイするようなバリバリのゲームっ子だったのですが
中でも好きなゲームのジャンルがRPG(ロールプレイングゲーム)です。

特に、ドラゴン・クエストが好きなのですが、
ゲームの内容は

「主人公が魔王を倒して世界を救うゲーム」

です。

これだけ聞くとものすごく単純なゲームに見えますが

そのために

・レベル上げをしたり
・強い武器を揃えたり
・モンスターを仲間にしたり

などなど、魔王にたどり着くまで、実に自由度の高いゲームです。

ストーリーの途中でボスキャラが現れて、歯が立たなければ上のことをより一層頑張らなければなりません。
それでメキメキと強くなったパーティでまたチャレンジしてボスキャラを倒していくことが王道です。

ドラクエ攻略の流れって、まさに何かしら挑戦した時とまったく一緒じゃないでしょうか?

誰しもがレベル1であり、最弱の武器から1人で始めるものです。

モンスターを倒して(仕事をこなして)
得たお金で強い武器を得て(スキルを得て)
同じ道をいく仲間と出会って

という考えでいった方が何かしら困難に直面した時に

まだ、オレには早かっただけだ。レベル上げしよう!

という風に立て直すのも早かったりします。

「ゲームの視点」を持つと視野が広くなる!

ゲームの視点に立つと、色々と俯瞰しやすくなります。

現実世界だってゲームのようにやりようは無限にあります。
でも、行き詰まってしまうのは「視野が狭くなるから」です。

狭まった視野は「失敗したら終わりだ・・」と感じるからです。
でもそれは大きな間違いで、「終わり」は「死ぬこと」以外に当てはまりません

失敗したところで、時間が残っているなら他のやりようが生まれてきます。
そのくらいの心構えだったら失敗しても気が楽なものです。

私も、ゲームやって、失敗してゲームオーバーになっても
「んじゃまたやるか!」とそこでゲームをやめることはありませんでした。

そして、レベルアップという作業ゲーを楽しみながら行なっていました。
ボスキャラに楽勝で勝てることを想像しながら、です。

そして必ずどこかしらでクリアしてから終わってました。

ゲームのように、やりようは「遊び」から生まれてきます。

遊びについて、これほど深く書かれた本は見たことがなく、本当に参考になりました。

マー

3,031 views

閲覧ありがとうございます!マーは主に『読書』を将来的に続けることで得られるものを紹介したいなと思います。「シェア」の意識を持つこと、そしてまとめる事で自分の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。