1日に3〜4軒カフェ巡りをする私が考える、スターバックスが人気の理由

クリエイティブ

はじめに

みなさん、こんにちは!じゆです。

カフェ巡りが趣味で、休日は1日で3〜4軒カフェ巡りするほどなのですが、最近スターバックスを利用する頻度が多くなりました。
そしていつ行っても客が多く、席がとれないこともあります。

今回は、スターバックスが人気の理由を考えてみようと思います。

スターバックスの歴史

スターバックス コーヒーは、1971年にシアトルの市場として地元の人々から親しまれていたバイク・プレイス・マーケットに1号店をオープンしました。

1982年、現CEOであるハワード・シュルツが入社しました。
そしてシュルツは、ミラノでエスプレッソバーの人気の高さに感銘を受けたのです。
コーヒーバー文化の展開に潜在性を見出したシュルツは、創設者を説得、シアトルでコーヒーバーを試験的に実施し、大成功に収めました。

1985年、シュルツはコーヒーチェーンイル・ジョルナーレ社を設立、その後地元の投資家たちの支援を受け、スターバックス コーヒー者の資産を買収、スターバックス社に改名しました。

1995年、スターバックス コーヒー ジャパン社を設立、翌年には東京に1号店がオープンしました。
その後全国展開を行い、2020年3月末には1553店舗にもなります。

スターバックスが愛される理由とは

どうしてスターバックスに行きたくなるんだろう?と私なりに考えてみました。

定番ドリンクから季節限定のドリンクまで飽きないメニューが揃っている

コーヒー豆にこだわっており、どのドリンクを飲んでもおいしいですよね。
ラテやフラペチーノなど、コーヒーが苦手な方でも飲みやすいメニューもあるため、年齢層やコーヒー好きに関わらず誰でも利用しやすいのです。

それに加えて、季節限定のドリンクもあるため、いつ行っても飽きません。友人もよく「〇〇がでたからスタバに行かなきゃ」と言っています。

最近だと、チョコレートマロンフラペチーノとチョコレートマロンラテが発売されていました。

先日チョコレートマロンラテを飲みましたが、マロンの風味もしっかりあり、秋を感じることができました。

そして、9月23日からは大学芋をまるごと1個使った大学芋フラペチーノが発売されます。

広告を見た瞬間に飲みたい!と思ったので、発売されたら絶対飲むと思います。笑

落ち着いた空間でくつろげる

スターバックスは全国に1500以上の店舗がありますが、内装が同じ店舗はないそうです。
しかし、アースカラーの素材を組み合わせ、落ち着いた空間を作りだしているため、どの店舗に行ってもくつろぐことができるのです。

また暖色の照明でやわらかい空間を作り出し、機能性を重視した通路や落ち着きを重視したソファ席などインテリアや素材をうまく組み合わせており、落ち着いてくつろげる空間でありながら、おしゃれな内装となっています。

落ち着いた空間のなかで、友人とおしゃべりをしたり、読書や仕事をしたり…一人ひとりが自分だけの時間を過ごすことができます。

スタッフの接客レベルが高い

いつ来店しても、笑顔で対応してくれませんか?
スタッフの接客レベルの高さは、スターバックスが人気である一番の理由ではないかと思います。

そして、カップにはニコニコマークなどのイラストが書かれていたり、こちらのニーズにも応えてくれます。
また行き慣れている店舗だと、「いつもありがとうございます」と言われます。注文以外でお話することはほとんどありませんが、顔を覚えてくれているんだととてもうれしくなり、また次回も行こうという気持ちになります。

実は、スターバックスには接客マニュアルがありません
サービスについては、一人ひとりの判断に委ねられており、自分の意思で判断し行動することが求められているのです。

そして、スターバックスのスタッフを応募するのは、利用経験があり”スターバックスが好き”という方が多いそうです。
つまり、客として利用した際に得た感動をスタッフとして客に提供したいと考えている方が多いのです。

さいごに

私は、スターバックスに行った際はドリンクを飲みながらぼーっとしたり、仕事をしたりしています。
スタッフの対応も気持ちよく、落ち着いた空間であるため、つい長居してしまいます。

ホッと一息つきたいとき、読書や仕事に集中したいときはスターバックスを利用してみるのも良いですね。

じゆ

2,661 views

日本最西端のしま出身。 地元でナースとして5年働き、「あ、都会行こう。」と軽いノリで上京。 ナースの経験を活かし、健康面について主にお伝えしていきます。いつ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。