失敗は挑戦の証!失敗を恐れない人になるための考え方とは?

挑戦
キャリア

どうしても失敗を恐れてしまうあなたへ

こんにちは!
ライターのshimodaです。

新しいことに挑戦しようとするとき、つい躊躇してしまい、なかなか行動に移せないことってありますよね?

・初めてやる仕事を任されたけど成果を出せるかな
・資格を取ろうと考えてはいるものの合格する自信がない
・キャリアアップのために転職活動してるけどうまくいくだろうか

こんなに悩んでしまうのは自分だけなんじゃないかと不安に思うかもしれませんが、安心してください。

今までやったことがないことに挑戦しようとするときというのは、誰もが強い不安感を抱くものです。

ただ、いくら頭で考えたとしても、何か行動を起こさない限りは、良い結果も悪い結果も得ることはできませんよね。

せっかく自分の成長につながる可能性のあることなのに、考えただけで終わってしまうのはなんとももったいないことです。

そうは言っても、実際どうすればネガティブな考え方を変えられるんだという声が聞こえてきそうです。

そこで、今回は「失敗を恐れない人になるための考え方」についてお伝えしていきます。

自分一人だけで考え込んでいてはどうしても偏った思考になってしまうので、本記事を読んでいただき、失敗を恐れない考え方を身に付けてもらえればと思います。

きっと、新しいことへの挑戦が楽しいと感じられるようになりますよ!

失敗したくないがために完璧を求める

失敗したくない

まずは、なぜ多くの人が新しいことへの挑戦に躊躇してしまうのか、その原因について考えてみましょう。

結論から言うと、失敗したくないという気持ちから、完璧を求めてしまうからなのです。

例えば、「歌がうまくなりたい」と思っているとします。

最初から一曲通しで歌ってみたところで、プロのような美しい歌声を出すことは到底できないですよね。
そもそもこの段階でプロと比べること自体に無理があります。

まずはそれこそ、呼吸の仕方の練習だったり、発声練習をしたりと、基礎の基礎から始めていくわけです。
細かく段階を分けて、少しずつステップアップしていく必要があります。

このように、「完璧」というとんでもなく高いハードルに一歩目から挑戦しようと考えてしまうがために、行動に移すことができないのです。

考えている段階で、明らかに不可能と分かっていることに挑戦しようとは思いませんよね。

ですから、先ほど述べたように細かく分けたステップを確実に上がっていくことが大切です。

小さな一歩も立派な挑戦です。
そう考えてみると、なんだかやれる気がしてきませんか?

失敗を恐れない人の考え方とは?

解決策

では、失敗を恐れない人はどのような考え方をもとに行動しているのでしょうか。
こちらの記事によれば、以下のような思考サイクルがあるということです。

①目的を絞り込む
②失敗ではなく成功を反省する
③正しい行動を習慣化する

一つずつ解説していきます。

①目的を絞り込む

目的は可能な限り絞り込み、その達成のために行動することが重要です。
目的があやふやになり、その結果としてうまくいかないケースは、ビジネスにおいてもよくあります。

例えば、単に英語を学ぶと言っても目的は様々です。

海外出張に行きお客様との商談をうまくまとめるために学ぶのか、
あるいは最先端技術を取り入れるためにアメリカの論文の原書を読むために学ぶのかでは、
次に取るべき行動が大きく変わってきます。

前者であれば英会話の能力を重点的に上げたいということになりますし、後者なら文法的な知識や文章の読解力を身に付ける必要があります。

仮に、どちらもできるようになりたいと思ってしまうと、最短での習得は難しく、効率よく学ぶことはできなくなってしまいます。

目的を絞り込んで明確にすることで、やるべき行動をハッキリと決めることができ、寄り道せずにゴールへ向かって走ることができるのです。

②失敗ではなく成功を反省する

失敗したことを反省するというのが一般的です。
しかし、ここでの思考法としては、できなかったことではなく、うまくいったのはなぜかを考えるのです。

この考え方を推奨する理由は、ポジティブ思考に転換するためです。

仕事に取り掛かろうとするとき、前日の失敗を引きずってしまい、なかなかスタートが切れないということがあると思います。
精神的なプレッシャーがあると仕事への取り掛かりが遅くなり、なおかつ始めてからもスピードが上がらないということになります。

やはり、メンタルが仕事の能率を大きく左右してしまうものです。

例えば、プロ野球選手が前のプレーでエラーしたことを悔やんで、次にまたエラーしてしまったらどうしようと体が動かなくなってしまうことがあるそうです。

どうしてもネガティブ思考だと悪いイメージを抱えたままにしてしまい、考えが先に進みません。
だからこそ、ポジティブ思考への転換が必要になるのです。

「成功してよかった」で終わらせるのではなく、なぜうまくいったのかを振り返り、それを理論立てて整理すれば、成功法則ができあがります。
次にその法則を適用すれば成功の確率が高まります。

成功体験は大きな自信につながるため、失敗を恐れずに次々と行動を起こしていけそうですよね!

③正しい行動を習慣化する

客観的な意見を取り入れ、習慣が正しいかを確認することが大切です。

自分一人で行動しようとすると、どうしても主観的な考えが大きいため、果たして今やっていることは正しいのか正確に把握できません。

先ほど述べた英語の勉強について言うなら、商談がうまくいくようにするために学んでいるのに、文章を読むことをメインにしてしまっては、目的までの道のりが長くなってしまいます。

正しい行動ができているかを第三者からチェックしてもらう必要がありますね。
職場の上司や先輩、同僚など、自分以外の視点が加わることで、うまく軌道修正ができ、より効率よくゴールへ向かうことができるのです。

それによって、最終的に結果を出すことにつながります。
周りのサポートにより、正しい行動を習慣化できるため、大きな失敗は起こりにくくなりますね。

まとめ:失敗を恐れない思考を意識して挑戦し続けよう!

ポジティブ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「失敗を恐れない人になるための考え方」についてお伝えしてきました。
改めてその考え方をまとめておきます。

①目的を絞り込む
②失敗ではなく成功を反省する
③正しい行動を習慣化する

これら3つの考え方を意識し行動していくことで、失敗を恐れることよりも、挑戦することへの喜びの方が大きくなっていきます。

新しいことに挑戦するのは、いつだってワクワクします。
ネガティブなことを考えて一歩を踏み出せないのは本当にもったいないことです。

ぜひ、失敗を恐れない思考を意識して、挑戦し続ける豊かな人生にしていきましょう!

shimoda

3,358 views

職業:エンジニア。 日々、電子回路と格闘中。 音楽ライブ、映画鑑賞、読書、恐竜が好き。 気になったらとりあえずやってみる。 広く、浅く、ときどき深く。 新し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。