片付けハウツー本に飽きたあなたへ、モノを持たない生き方のご提案

生き方

こんにちは、yuyaです。
今回は片付けにお困りのあなたへ、片付け術ではなくおすすめの「モノとの付き合い方の考え方」をご紹介します。

片付けがうまくいかない

Question, Doubt, Problem, Mark, Interrogation

・片づけるのが苦手
・すぐに散らかってしまう
・きれいな状態を継続できない

こうした状況にお困りではありませんか?
片付けのハウツー本をたくさん読んでも治らない…そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。

大量生産・大量消費時代に生きている私たちにとって、身の回りに物があふれる環境は、もはや当たり前となりました。
生活用品や食料品、嗜好品に至るまでありとあらゆるジャンルの商品が、ところ狭しと店頭に並んでいますよね。

片付けなければいけないのは分かっているけれど、どうしてもうまく行かない…
本に書かれていたとおりに生活しているはずなのに散らかってしまう…

今回はそんなあなた一緒に、モノとの上手な付き合い方を考えていきます。

 

結論:モノがあるから散らかってしまう

Suitcase, Vacation, Travel, Luggage, Baggage, Bag

あなたが片付けられない理由はズバリ「必要以上にモノを持っている」からです。
モノがありすぎて管理できなくなってしまっているといえるでしょう。

・どこに何があるのかわからない
・そもそも自分が何を持っていたか忘れてしまう
・同じものを買ってしまう

こんな経験はありませんか?
ついつい買い物が楽しくて、気づいた時には商品の山が。なんて方もいるでしょう。

大事なのは散らかった部屋をきれいにすることではなく、散らかる原因をなくすことなのです。
つまり、必要なもの以外は片付けるのではなく「捨ててしまう」のです。

極論を言えば、持たなければ散らかることもありません。
部屋をきれいに保つのではなく、部屋を汚す原因を排除すると考えてみましょう。

掃除をこまめにされる方はよくお分かりのように、どんなにきれいに掃除をしても人間が生活をしていれば汚れは溜まっていきます。
きれいにするために部屋を片付けても、そこで生活をしていればモノは散らかるのです。

人気の片付け法は「使いやすく戻しやすい」環境を作る事例が多いですが、そもそも管理できない数のモノがあれば片付け法があっても意味をなしません。
管理できる、必要最低限のモノを選別していればこのようなことは起こらなくなります。

モノを持たない生き方のメリット

そんなにモノを捨ててしまって平気なの?とお考えのあなたへあなたへ、参考書籍としてこちらをご紹介します。

「モノを持たない方が幸せを感じられる」というのが本書『持たない生き方』の主張です。
一つモノを持てばそこに執着が生まれ身動きが取りにくくなり、モノに溢れる時代でたくさんの商品を手に入れれば、その数だけ自分を縛ることになるというのです。

また、人は自由すぎるとかえって不自由を感じるといいます。
「なんでも選んでいいよ」と言われるとかえって選べないのと同じように、「この中から選んでね」と制限されたほうが楽に感じるのです。

モノを持たない暮らしは自由さを捨てているように感じるかもしれませんが、実は極力モノを減らすことで精神的な負担と物理的な圧迫感を抑えることができます。

また、モノを持たないことで感受性が強くなるといいます。
現代人は「桶いっぱいに水が張った状態」であるとされ、新しいものを受け入れたくてもその余裕がない状態だというのです。

あなたの今の暮らしと、ぜひ比べてみましょう。

持たない生活へ近づくには

litter signage

メリットは分かったけど、捨てるのって難しい…
そんなあなたへモノとの付き合い方の事例をご紹介します。
(CHINTAI情報局HPより抜粋)

・「手放す」「捨てる」という行為に慣れる
いきなり大量の荷物を捨ててしまうのは負担が大きいものです。
片付ける場所、アイテムの順にゆっくりと選別してみましょう。

・用途ごとに使えるアイテムを限定する
食器や掃除用具は、同様の用途でも形が違ったりして種類が増えがちです。
同じ用途のものは数をしぼりましょう。

・引越しを機に捨てる
環境が変わるときはチャンスです。
荷物をいちいち調べるのが面倒でも、引っ越しとなれば話は別。
これを機に荷物を選別してみましょう。

・不要なモノだけ捨てる
とにかく捨てなきゃいけないと考えて、必要なものまで処分してしまっては生活に支障が出てしまいます。
また要らないモノだけと考えれば、買ったものをモノを捨てることへの後ろめたさが軽減されます。

・捨てるのではなく譲る
「必要な人が他にいるはず」と考えて実際に譲ったり、中古用品店で買取してもらうのも良い方法です。
資源を大切にしながらモノを持たない暮らしに近づいていきます。

モノを持たない生き方で、片付けの悩みを解決

minimalist photography of open door

いかがだったでしょうか。
片付けをするのではなく、片付けの理由となってしまう「不要なモノ」を持たない生き方をご紹介しました。

片付けしなきゃいけないのにできない、という状況は精神衛生的にも好ましくありません。
部屋をきれいに保つべきだという感覚が、自分自身へプレッシャーを与えてしまいます。

わたし自身、部屋をきれいに保っていたつもりがいつの間にか…という状態を何度も繰り返していました。
ですが、モノを持たない意識は一つの商品に対して深く考える時間を与えてくれたように感じます。

あなたもぜひモノを持たない生活にチャレンジしてみましょう。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

yuya

1,051 views

物流業で働きながらライター活動をしています。人生をよりよく過ごす、もっと気楽に生きる、をテーマにメンタルや身体的要因から考える人生観を発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。