• HOME
  • 記事
  • 生き方
  • “住まいのサブスク”とは?気軽に住み替える新しいスタイルをご紹介!

“住まいのサブスク”とは?気軽に住み替える新しいスタイルをご紹介!

住まい
生き方

最適な住まいの形ってなんだろう?

こんにちは!
ライターのshimodaです。

皆さんもご存知の通り、ここ半年ほどで世界の状況は大きく変化しています。
一時期は、外出制限が出されて家に長くいることになったり、働く場所が会社から在宅に切り替わった方も少なくないでしょう。

このタイミングで、改めて住まいについて考えてみてはいかがでしょうか。

住む場所というのは、仕事の内容やプライベートな時間の過ごし方によって、人それぞれ異なります。
そんな中でも、様々な悩みがあるはずです。

「平日は毎日満員電車に揺られて通勤しているけど、正直しんどい。」
「引っ越すとなると初期費用とか色々かかるんだよな。」
「同じルーティンの中で飽きてきたけれど、2年契約だから我慢しようかな。」

どれもすごく気持ちが分かります。

これまでは、1つの場所に長く住むというのがある意味常識とされてきました。
しかし、今後はリモートでできる仕事が増えるというのはこのご時世を考えても、自然な流れと言えます。

そうであるならば、状況に合わせて環境を変えられたほうが、生活の質も上がりますし、ストレスも溜まりにくくなりますよね。

どれだけ住み方の選択肢を持っているかによって、自分のライフスタイルの幅を広げることにも繋がります。

そこで今回は、新しい形として“住まいのサブスク”について、そのメリットと実際のサービスについてご紹介します。

ぜひ、これからの人生において参考にしてみてください。

住まいを固定しないメリットとは?

開放感

それでは、そもそもこれまでの常識とは異なる中で、住まいを固定しないということにはどんなメリットがあるのでしょうか?
主に次のようなことがあります。

・簡単に住み替えられる
・行動範囲の制限がなくなる
・旅行感覚を味わえ、息抜きができる

基本的に、賃貸住宅というのは大変多くの手続きがあるため、それこそが別の住まいに変えにくい大きな要因となっています。

まず、入居時には細かな入居審査が行われます。
家賃滞納がないように収入証明書を提出したり、連帯保証人を用意する必要があります。

さらに、ある程度長く住んでもらいたいという貸主側の都合により、大抵の部屋は2年以上の契約ということになっていますよね。

万が一住み始めてから良くない点が見つかったとしても、2年縛りによって我慢をする必要が出てしまうのです。

一方で、次の章で紹介するサービスであれば、数ヶ月という短期での契約が可能なため、違和感を感じた場合は躊躇なく住み替えるということが可能になります。
この差は非常に大きなことです。

また、住まいを一つの場所に固定しないことにより、間違いなく行動範囲は広がります。
あえてまったく縁のない地域に引っ越してみることで、知らなかったことを知識として取り入れる喜びを体感することができます。

そして、旅行感覚を味わえるということもメリットの一つです。
行ってみたいところはたくさんあったとしても、移動時間を含めて考えると、休日での旅行だけではなかなか満足いかないこともありますよね。

その点、一時的にその場に住んでしまえば、移動時間を気にせずに回ることが可能です。
満足感も増え、純粋に楽しめて、十分な息抜きになるということです。

住まいを固定しないメリットについてまとめると、あらゆる制限から開放され、のびのびと生活できるということになります。

“住まいのサブスク”をご紹介!

賃貸契約

ここからは、新しい住まいの形を2つご紹介していきます。
今まで知らなかったことで、もし気になる内容があればぜひ実際に利用してみてください。

“住まいのサブスク”① ADDress

こちらは、株式会社アドレスが日本各地で運営する家に定額で住めるサービスです。
ADDressホームページはこちら

月額税抜4万円からの定額制で、最短3ヶ月からの契約となります。

「あれ、それだと3ヶ月は同じ場所に住まなきゃいけないんじゃ…?」と思われた方、心配ご無用です。
契約期間の中で何度でも移動OKとなっています。

月額の中には、電気代・ガス代・水道代がすべて含まれており、さらに敷金・礼金・補償金などの初期費用も一切かからないことが特徴です。

条件としては、一つの物件に住み続けられるのが最大14日間ということです。
このような制限を設けている理由としては、多くの人に色んな場所に住んでほしいからだそうです。

会員になるには、身分証明書とクレジットカードが必要となります。
なお、ADDressでは入居者相互や地域住民との交流を重視しているということもあり、そういった生活が向いているかどうか、オンラインでの面談を実施しています。

平日は落ち着いて仕事をしつつ、週末は思いっきり自然を満喫したいという方や、色んな人との交流を通して知見を広げたいなんて方にもおすすめです。

“住まいのサブスク”② OYO LIFE

次にご紹介するのは、OYO Japan合同会社が運営するサービスです。
OYO LIFEのホームページはこちら

入居や退去に際に必要な鍵の交換や電気・ガス・水道などの手続き、各種費用の精算など、面倒なことって多いですよね。

これらを考えると今のところに住み続ければいいやと思う人が多い中で、その部分に切り込んだのがOYO LIFEなのです。

敷金・礼金・仲介手数料は不要で、部屋の大半は家具家電付き、さらに水道光熱費などは共益費に含んでおり、最低限の荷物だけですぐに生活がスタートできます。

また、初期費用は、入居時の予約手数料と退去時の清掃費用を合わせて、計5万600円を払うだけというシンプルなものです。
予約時に必要なのは、こちらも身分証明書とクレジットカードという感じです。

契約期間は、最低31日以上の短期賃貸となっています。
元々マンスリーマンションなどの賃貸形式はありましたが、OYO LIFEの場合は手続きがすべて「Webで完結」なのが大きな違いです。

すべてスマホで進められ、入居手続きも最短で15分というのですから、いかに簡単であるかがわかると思います。

気軽に首都圏に住んでみたいという方や、場所に自由が効くということで色んな場所に住み替えたいという方におすすめできます。

まとめ:新しい住まいの形を取り入れて、あなたに合ったライフスタイルを見つけましょう!

高める

住まいを固定しないという生活スタイルについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

人は環境を変えることによって、視野が広がり、大きく成長することができます。
これまでの常識に囚われないライフスタイルを考えてみるのは、将来を考えたときにとても有効なのです。

何よりも世の中的に大きな変化が起きているタイミングなので、時代を先取るという意味でも思い立ったらまず行動に移してみてください。

あくまでも住まいの形の一つであり、住まいを固定することが悪いなどということは一切ありません。

それぞれの人のライフスタイルに合った住み方というのがベストです。

生活の質を高めて、今後の人生をより良くしていくために、選択肢の一つとして頭の片隅に置いていただければ幸いです。

shimoda

6,224 views

職業:エンジニア。 日々、電子回路と格闘中。 音楽ライブ、映画鑑賞、読書、恐竜が好き。 気になったらとりあえずやってみる。 広く、浅く、ときどき深く。 新し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。