あなたの目は疲れていませんか?現代人を襲う「眼精疲労」の恐怖

キャリア

現代人は目を使いすぎている

Office, Notes, Notepad, Entrepreneur, Hand, Secretary

こんにちは、yuyaです。
あなたはスマートフォンを手にしない日、ありますか?

多くの方がSNS・ネットサーフィン・映画鑑賞・読書・ゲームなど、様々な理由でスマートフォンやPCといった情報端末を利用していますよね。
情報機器によるサービスやビジネスは大きく展開されていますが、こうした環境はVDT (Visual Display Terminal)と呼ばれています。
仕事で一日中PCを操作しているという方も、かなりの数にのぼるでしょう。

「個人のモバイル端末の保有状況を見ると、スマートフォンの保有率が60.9%であり、モバイル端末全体の保有率は84.0%
「「モバイル端末全体」及び「パソコン」の世帯保有率は、それぞれ94.8%、72.5%」
(総務省 平成30年版情報通信白書より抜粋)

総務省「通信利用動向調査」によれば、事業所のPC保有率は1996年では約6割にとどまっていたものの、2002年には9割に達しているとの報告があります。
つまりほとんどの人がモバイル端末を有し、また仕事でもPCを利用している可能性が高いといえますね。

ところでこのような環境が私たちの体に引き起こすリスクとして注視されているのが、目の使いすぎから起こる眼精疲労です。
厚生労働省「平成20年技術革新と労働に関する実態調査結果の概況」によれば、コンピュータ機器の使用にともなって労働者の衛生面に生じた問題について、

「目の疲れを訴える者が増えた」とする事業所の割合は22.7%
「肩のこり等の身体的な疲労を訴える者が増えた」は18.6%
「精神的ストレスを訴える者が増えた」は6.9%
「環境面での苦情(暑い、寒い、うるさい等)を訴える者が増えた」は4.1%

という調査結果が出ています。

・目が重い
・目がすぐに疲れる
・肩こりや頭痛が取れない
・日中強い倦怠感がある

こうした症状を感じたことはありませんか?
まだないという方も、もはや現代病といえる眼精疲労について今一度調べてみましょう。

眼精疲労とはなにか

man wearing black crew-neck top

「目の使い過ぎによって、目だけでなく全身に疲れを感じる状態を眼精疲労と呼びます。テレビ、パソコン、スマートフォンなどの画面を長時間見たり、メガネやコンタクトの不具合で目に負担がかかることなどで起こりますが、精神的なストレスも原因になっている場合があります。」
(第一三共ヘルスケアHPより抜粋)

こうした症状が見られた場合、あなたも眼精疲労かもしれません。

目の症状

・目が重い
・痛い
・まぶしい
・目がかすむ
・乾いた感じがする
・充血する
・まぶたがピクピクする
・まばたきが多い

全身の症状

・頭痛
・首や肩のこり
・イライラ感
・吐き気

目だけでなく全身に影響があり、しかも休憩や睡眠を取っても治らない、症状がすぐに改善しないのが「眼精疲労」です。
ではどうしてこのような症状が引き起こされるのでしょうか。

どうして眼精疲労が起こるのか

Question Mark, Question, Symbol, Characters, Help

眼精疲労の原因は一つでなく、様々な要因が絡み合って起こると言われています。考えられている原因には、大きく分けて目の異常、目を使う環境、全身の異常の3つがあります。
(第一三共ヘルスケアHPより抜粋)

・要因1:目の異常

目が悪くてメガネを掛けていたり、コンタクトレンズを使っている方は多いでしょう。
ところでその度数はしっかり調整されていますか?
特に若いうちは視力の変化する幅が大きく、度数の合っていないレンズを使ってしまうと、無理にピントを合わせようと目に負担がかかります。

また、目の異常としてドライアイは有名ですね。
涙の量や流れが悪化し、目が霞んではっきりとものが見えづらくなってしまいます。

・要因2:生活環境

スマートフォン・PCを一日中触っているという方、かなり危うい環境にいるという意識を持ちましょう。
VDT環境では、まばたきが減り、涙が目の表面から蒸発しやすくなり目の乾燥も進むといわれています。

また、室内の空調も大きく目には大きく影響します。
自宅でも年中空調をつけたままという方が、近年急増しています。
空調によって目の乾燥を促進させ、疲労につながってしまいますから、風量や使う時間帯に気を配りましょう。

・要因3:全身の健康状態

規則正しい生活を意識していますか?
身体を健康に保っていれば、自ずと目にも良い影響を与えます。
生活のリズムが乱れやすかったり、ストレスの多い生活を送っていると、目にも疲労が表れやすくなります。

また、高血圧・糖尿病・自律神経失調症といった目以外の病気によって眼精疲労の症状が出ることもありますから、目だけを意識せずに身体全体をケアしましょう。

目を守るためにどうするか

closeup photo of person

日々長時間のVDT環境での作業によって目や全身の疲労が慢性化すると、仕事の能率が落ちる、気分が落ち込むなど、影響が広がると考えられています。
(第一三共ヘルスケアHPより抜粋)

しかし現代人にとってスマートフォンやPCの画面を見ることは、趣味の範囲から大きく逸脱し、もはや義務化されているといえるでしょう。
事業所での高い利用率もさることながら、個人間の連絡方法についてもSNSやメッセージアプリが圧倒的な勢力を持っています。

こうした環境で目を守るためにどうすれば良いのか、いくつかおすすめの方法をご紹介します。

1:細かく休憩を取る
「1時間作業をしたら15分の休憩」が推奨されています。
仕事で難しい方は、画面を見ずにする作業を間にはさむと良いでしょう。

2:目を下向きにする
PCの画面を見上げるように作業していませんか?
そうした状態はドライアイの原因といわれています。
正面から下方にディスプレイを配置しましょう。

3:適正なレンズを使う
正しい度数のレンズを使用しなければ、目に余計な力がかかり、大きな負担となります。
また、コンタクトレンズの衛生ケアはしっかりと行いましょう。

4:明るくしすぎない
ディスプレイの調光設定を最大にしていませんか?
場所によって見づらい場合を除いて、明るさは控えめにしましょう。
参考として、コピー用紙の白さに合わせる方法がおすすめです。

5:生活習慣を改める
寝る前にスマートフォンでSNSを見るのは楽しいですよね。
ですが、寝る前にディスプレイを見ると目が覚めてしまい、睡眠の質が低下します。
十分に眠れなければ身体の不調を引き起こし、回りまわって眼精疲労にも繋がるのです。

目に優しい環境づくりは必要不可欠

unknown person using laptop

現代は目を酷使しなければ、情報が得られない時代といえます。
この記事も画面越しに見ているでしょうから、VDT環境での作業を避けることは不可能なのかもしれません。

目を酷使する環境と同じ規模で、ケアする環境も整える必要があります。
私自身昔から目が悪く、思い返せば目に負担を掛けていることを気にも留めませんでした。

意識を変えるだけで疲労は軽減し、良いパフォーマンスに繋がります。
あなたもぜひ、ご自身の目について一度考えてみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

(出典元:第一三共ヘルスケア 薬と健康の情報局

yuya

1,806 views

物流業で働きながらライター活動をしています。人生をより良く過ごすためのお役立ち情報などを共有しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。