• HOME
  • 記事
  • 映画
  • 『プラダを着た悪魔』から考える、自分が理想とする女性像とは

『プラダを着た悪魔』から考える、自分が理想とする女性像とは

映画

理想の女性像とは

みなさん、こんにちは!じゆです。

先日、金曜ロードショーで『プラダを着た悪魔』が放送されていました。
お気に入りの映画の1つで、何度観ても”目標に向かって努力している女性って本当にかっこいい”と憧れます。

映画『プラダを着た悪魔』は、人気ドラマ『SEX AND THE CITY』シリーズの演出を努めたこともある『デヴィッド・フランケル』が監督を努め、2006年にアメリカで映画化されました。ファッション雑誌の編集部を舞台に、主演をアカデミー賞助演女優賞を受賞した『アン・ハサウェイ』、編集長役をアカデミー賞女優の『メリル・ストリープ』が演じています。

今回は、『プラダを着た悪魔』を紹介していきたいと思います。

あらすじ

ノースウェスタン大学を卒業したアンディ(アン・ハサウェイ)は、ジャーナリストを目指すためにニューヨークへやってきました。
そこでさまざまな出版社に履歴書を送り、女性が憧れる仕事、一流ファッション雑誌「ランウェイ」の編集部の面接を受けます。

そして、おしゃれに無関心なアンディは、編集長のミランダ・カー(メリル・ストリープ)のアシスタントとして働くことになります。
しかし、ミランダからの理不尽な要求に振り回される、とても辛い仕事でした。

そのなかで、アンディはファッションやアシスタントの仕事の面白さに目覚めていくのです。

生き方や働き方は人それぞれ

アンディは、アシスタントの仕事をしていく中で、ファッションに目覚め、よりきれいになっていきます。またプロとして、求められた以上の仕事をこなしていき、ミランダからも認められます。

最後は自分が決める

ミランダの信頼を勝ち取るまでに成長したアンディは、順調な仕事とは裏腹に恋人との関係はギクシャクしていきます。
その中で、アンディが口癖のように言っていたのは、”どうしようもなかった”ということばです。ミランダに要求されると断れないと。

劇中、ミランダはアンディにこのようなことばをかけます。

決めるのはあなた

先輩アシスタントであるエミリー(エミリー・ブラント)ではなく、アンディをパリコレクションに連れて行くと決めたミランダからの一言です。

あなたの決断よ。先に進むと決めたのはあなた

パーティーのあと、タクシーのなかでミランダがアンディにかけたことばです。

ミランダからの要求は理不尽なことばかりですが、最終的にはアンディ自身が決めて行動しています。

人は失敗したり悪いことが起こったりすると、他人のせいにしてしまうことがあります。しかし、最終的に決断するのは自分で、行動を起こすのも自分なのです。

価値観は人それぞれ

ミランダには夫と双子の愛娘がいますが、仕事を最優先させていることから夫婦関係は冷めきっていました。それでも仕事を生き甲斐とし、自分と同じような仕事人間を求めます。

懸命に仕事をするあまり、恋人や友達といった大切な人を失いかけたアンディは、そんなミランダとは生き方が違うことに気づき、携帯電話を噴水に投げ入れます。

恋人や友達が大切であるアンディと違い、ミランダは家族はいるものの仕事が大事という仕事第一主義者です。”仕事より家族を大事にすべき”と言いたいところですが、価値観は人それぞれであり、大事にしたいものは人によって異なります

自分がなりたいものとは

アシスタントの仕事を辞めたアンディは、ジャーナリストになるという夢を叶えるべく、大手新聞社の面接を受けに行きます。

日々忙しいと、自分がなりたいものや目標を見失いがちです。アンディもジャーナリストになりたいという夢を持ちつつも仕事が忙しく、恋人や友達とも距離が離れてしまうこともありました。

大切にしているものやなりたい自分を持つことで、どんなに忙しい毎日でもブレずに先に進むことができるのだと思います。

自分が理想とする女性になるために

この映画はファッション雑誌の編集部を舞台としているため、キャストの方々もおしゃれなファッションで、それだけでも憧れをもつ女性は多いのではないでしょうか。

ジャーナリストになりたいという夢を持ったアンディのサクセスストーリーではありますが、ミランダや先輩アシスタントのエミリーなど他にも働く女性が登場しており、それぞれが自分の夢や志を持って仕事をしています。

前述にもありますが、価値観は人それぞれ違うため自分にとっての幸せのかたちも異なります。特に女性は、結婚や出産といまだに言われることがありますが、それこそ人によって価値観は異なるのです。

だからこそ、自分が大切にしているものやなりたい自分をもつことは重要なのだと思います。
→ 『プラダを着た悪魔』はこちら

じゆ

4,822 views

日本最西端のしま出身。 地元でナースとして5年働き、「あ、都会行こう。」と軽いノリで上京。 ナースの経験を活かし、健康面について主にお伝えしていきます。いつ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。