仕事を効率的に行うために必要な「ゲシュタルト」とは!

勉強

仕事がうまく進まない時

失うものは何もない

こんにちはwatanabeです!

今回は仕事をする際に必要なことについてお伝えしたいと思います。

日々、効率的な仕事をする為にいろいろ考えることはないでしょうか?

「仕事がはかどらない」

「もっと効率的に働きたい」

などのような事を思ったことはないでしょうか?

そんな時に「ゲシュタルト」という概念が必要なってきます。

ゲシュタルトとは

ゲシュタルトという言葉は聞いたり、見たりすることはあると思います。

 

・漢字を見ていたら、なんの漢字だかわからなくなって「ゲシュタルト崩壊した〜」とか

・ルビンの壺(下の絵)
壺にも見えるし、左右に人の顔があるように見える

 

自分が見ているものの、認識が不安定な状態です。

言葉の意味としては

ゲシュタルト=「全体的なまとまりの構造」、全体を部分の寄せ集めではなく、ひとまとまりとしての対象の姿。

木が集まれば木の集まりではなく、森にもなるといった感覚です。

ゲシュタルトと仕事の関係

ゲシュタルトと仕事がどのように関係しているのでしょうか。

それは、仕事が森であり山だからです。

仕事というのは、仕事の知識や人間関係、社会的な意味など様々なことが絡み合っています。

特に仕事を効率的・効果的に行う為には、仕事に関する知識が豊富なことが必須になっていきます。

森を作ろうと思ってたくさんの木を植えていっても、どこに植えるかを考えなくてはいけません。

木を近すぎる間隔で植えても、木同士が邪魔しあってしまうし、面積も広がっていきません。一方で、離しすぎると森にならなくなってしまいます。

森を作るために、木をどんなふうに植えたら良いかの経験、知識が必要になるのです。

そのため、豊富な知識があることで仕事の効率やスピードを上げることができるのです。

スピードが早くても優先順位を間違えてしまうと、結果遠回りになってしまいます。

そに逆もあり、優先順位をつけてもスピードがなければ仕事は終わりません。

そうした事を解決する為に「ゲシュタルト」を構成して仕事をこなすことが大切になっていくのです。

仕事のゲシュタルトとは仕事の全体像がわかるということなのです。

全体像がわからない時に起こりやすいこと

仕事の全体像(ゲシュタルト)が自分でわからない場合に起こりやすいことがあります。

・次に何をしたらいいか迷う
・時間内に終わらない
・何のためにやっているかわからない
・何度も同じことで注意される

など

仕事の効率だけではなく、なぜその仕事が存在するかもわからなくなってしまいます。

そうすると仕事へのモチベーションも下がり、効率も下がっていく為、悪循環になってしまいます。

そのため、仕事の全体像を把握することは重要になっていくのです。

ゲシュタルトを作るために必要なこと

副業

では、ゲシュタルトをつくる為に何が必要なのでしょうか。

それは知識と経験になります。

そのため、仕事に関する知識を収集し、仕事を通して知識を更新していく必要があるのです。

まずは本や動画、SNSなどで情報を得ることが重要です。

そうすることで、仕事の全体像がイメージでき、しかも細かく見ることができます。

自分が何をすればいいか、なぜこのような事をするかがわかっていきます。

仕事への理解も深まり、自分の仕事が社会へどのように影響しているかも考えるようになっていくと思います。

まずは、徹底的に自分の仕事について調べることが大切なのです。

知識の習得は苦ではない

知識の習得と聞くと、「勉強は嫌だな」と思うかもしれません。

しかし、今までの人生で毎日行っていたことで自然とやってきたことがあると思います。

部活をやっていた人は、毎日練習で知識や経験を積み重ねてきました。

何かの競技をする際にはルールを知らなくてはいけないし、試合に勝つためにどのように勝つかを考えていたと思います。

そして、練習と試合を通して経験を重ねています。

例えば、中学1年生と3年生が試合をしたとします。

体格差はありますが、3年生の方が試合に勝つ術と経験を重ねているので、勝つ確率は高いです。

趣味で何かをやっている際も、自然と本や動画を見て情報を得ているケースが多いです。

何かを学ぶというのは、改めて考えると誰もがやっていたことでもあるのです。

本来は、学ぶ事=苦しいではないのです。

学ぶことから離れてしまった為、少し面倒に感じているだけの場合か、やりたくない仕事をしているからなのです。

おわりに

ゲシュタルトを作るまでは、仕事への理解も深まらないので、楽しく感じないかもしれません。

しかし、仕事の全体像がわかりはじめ、効率的に仕事をしている頃には、仕事への理解も深まっていると思います。

仕事の全体像を把握し、効率的に進めるために、知識を集めていきましょう!

 

参考図書

圧倒的な価値を創る技術「ゲシュタルトメーカー」

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件) ※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。 ページ:{{ currentPage }}/{{ pages }} {% if (currentPage !== 1) { %} (最初に戻る) {% } %} 【内容情報】(「BOOK」データベースより) さらば!奴隷の人生。どんな時代にも通用する「ゲシュタルトメーカー」という生き方を手に入れよう。お金、雇用不安、人間関係、老後…すべての不安が消える。サバイバルはもういらない。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 四十歳までは就職するな!(私が学生だったら?絶対に就職しない/奴隷のまま転職しても意味がない ほか)/第2章 ゲシュタルトメーカーになろう!(仕事=価値の創造=ゲシュタルト構築/ゲシュタルトが生まれるごとに新しい価値が生まれる ほか)/第3章 世界一有利な環境を活用せよ!(日本経済危機論はウソである/円高でトヨタが決して損をしない仕組み ほか)/第4章 不安依存はもうやめよう!(あなたを縛る「不安」の正体/楽しい人生とは何か考えてみよう ほか)/第5章 競争を超越せよ!(人類はもう「競争」を克服できる/世代間闘争が無意味な理由 ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 苫米地英人(トマベチヒデト)1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 総合評価 4.08 週間ランキングランキング情報がありません。 日別ランキングランキング情報がありません。 ページ:{{ currentPage }}/{{ pages }} {% if (currentPage !== 1) { %} (最初に戻る) {% } %}

 

watanabe

2,513 views

本や映画を見ながら、価値観の更新中。1人でいることに限界を感じているので、いろんな人にお世話になりながら生きています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。