書籍『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』損する良い人と得する良い人

GIVE&TAKE
キャリア

どうも朝に散歩するのが趣味のフルザワです。

今回は世界35ヵ国で200万部も売れている大ベストセラーの『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』を紹介します。

GIVE&TAKE

目次
  1.世の中には3つのタイプの人間が存在する
  2.損する良い人と得する良い人とは?
  3.成功するギバーになる為には?
  4. 「与える人」こそ成功する時代

1.世の中には3つのタイプの人間が存在する

本書では者の心理学者であるアダム・グラント氏が、仕事で成功するのはどのような人なのかを述べています。

成功

人の為に行動する人(=ギバー)が成功すると思われがちですが、ほんとうなのでしょうか?

人から搾取する人(=テイカー)が成功しないのは想像がつくかと思いますが、世の中にはもう1つのタイプの人間が存在すると述べられています。

世の中の人間を3タイプに分けると、

①ギバー(与える、利他的な人)25%
②テイカー(奪う、利己的な人)20%
③マッチャー(調整、公平な人)55%

このような割合になります。

実はギバーにもテイカーにも属さない、GIVE&TAKEを保つマッチャーが1番多いのです。

では、この分類を元に

・どのタイプが仕事で成功するのか?
・ほんとうに与える人が成功するのか?

について説明していきます。

2.損する良い人と得する良い人とは?

誰もが「人の為に与える人が成功する」という話を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ギバー

しかし、残念ながらそうは言いきれません。

ギバーには2種類のタイプがあり、損する良い人と得する良い人に別れるのです。

2種類のギバー、そしてテイカー、マッチャーを成功する順番に並べると、

1位 ギバー(大多数から尊敬される)
2位 マッチャー(堅実に均衡を保つ)
3位 テイカー(制裁を受け失脚する)
4位 ギバー(テイカ―に搾取される)

このような順番になります。

与える人は(ギバー)は確かに1番成功しやすいのですが、逆に搾取される可能性もあるのです。

では成功するギバーとはどんな人なのでしょうか?

大きく分けて3つの要素があります。

3.成功するギバーになる為には?

頼まれたらなんでも引き受けてしまう「断れない良い人」にならない為にも、成功するギバーの3つの要素を紹介します。

成功

成功するギバーの3つの要素
  ・Win-Winの関係を築く
  ・自己犠牲のGIVEをしない
  ・誰を助けるかを選ぶ

成功するギバーになるには、相手の為に行動することはもちろんですが、自分の成功も大切にするべきなのです。

人に与える行為は素晴らしいですが、前提として自分が継続して成長できることを意識すべきです。

頼られたら引き受けるなんでも屋になってしまうと、時間もお金もキリがありません。

更にはテイカーに搾取されてしまうギバーになってしまいます。

そうならない為にも、成功するギバーの3つの要素はぜひ覚えておいてください。

4.「与える人」こそ成功する時代

成功するギバーになる方法は抑える事ができましたでしょうか?

GIVE&TAKE

今回の内容は仕事はもちろん、人間関係にも応用できる考え方です。

3つの要素もそうなのですが、人から搾取するテイカーを回避する事も重要であります。

私はこれまでテイカ―だと感じる人とも仲良くしていましたが、本書を読んでテイカ―とは距離を置くことにしました。

その結果、自分の時間が増え、やりたいこともできるようになりました。

人間関係で困っている方には、一度距離を置いてみることをオススメします。

また、一見ギバーかテイカ―かわからない、人当たりのいい人テイカ―には要注意です。

相手がギバーかテイカーを見分ける方法が知りたい方は、ぜひ本書を手に取ってみて下さい。(→『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』はこちらから

またYouTubeで中田敦彦さんがわかりやすく解説しているので、こちらもオススメです。(→YouTube中田敦彦さんの動画はこちらから)

今後も日常生活で本ブログが役立つ事を配信していきます。

ではまた。

furuzawa

5,280 views

非日常な毎日を送るwebライター大学生。好きなお寿司はエンガワです。本や映画、様々な経験から学んだことをわかりやすく紹介していきます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。