1分でわかる!書籍『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』就活・転職に役立つ自己分析

やりたいこと
キャリア

どうも、やりたいことと仕事はとりあえずやってみる、フットワーク軽めのフルザワです。

今回は八木仁平さんの著書『世界一やさしい「やりたいこと」の見付け方』を紹介します。(→書籍『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』はこちらから)

やりたいことの見つけ方

目次
1.やりたいことが見つからない理由
2.やりたいことを見つける3つの要素
3.やりたいことが見つかる自己分析
4.「やりたいこと」の見つけ方まとめ

このブログを読めば、本書に書かれている「やりたいこと」の見つけ方の概要を理解することができます。

1.やりたいことが見つからない理由

早速ですが、皆さんは「やりたいこと」がありますか?

考える人

・新しい業種や職種に転職してみたい
・就職したものの理想の生活とは違う
・ほんとにやりたいことがわからない

などやりたいことへの期待や疑問、日常への不満などがあるかと思います。

ではなぜやりたいことが見つからないのか?

それは、

・選択肢が多過ぎる
・明確な判断基準がない

ことが原因として挙げられます。

では、どうすればやりたいことが見つかるのでしょうか。

2.やりたいことを見つける3つの要素

やりたいことを見つけるには大きく3つの要素があります。

やりたいこと

やりたいことを見つける3つの要素
①価値観(大事にしている考え方)
②才能(無意識にできてしまう事)
③情熱(興味・好奇心のある分野)

多くの人は好きなことやできることから仕事を選びがちですが、大事にしている考え方も挙げるべきなのです。

なぜなら、価値観がやりたいことの動機や目的になるからです。

そして、その次に無意識にできるような得意なことや、興味・関心のある分野を考えてみましょう。

才能や情熱はやりたいことの具体的な手段に繋がります。

3. やりたいことが見つかる自己分析

先程紹介した3つの要素を見つけるには、自己分析が必要です。

自己分析

本書には30の質問がありますが、本ブログでは代表的なものを一つずつ紹介します。

①価値観(Q.子供や部下に伝えたい事は?)
②才能(Q.今の仕事の中で続けたい事は?)
③情熱(Q.お金を払っても学びたい事は?)

ぜひそれぞれ考えてみてください。

答えを考えたら、②才能と③情熱を元にやりたいことをいくつか挙げてみましょう。

そして、最後に①価値観の答えで仕事をする目的を絞ってみましょう。

すると、あなただけのほんとうにやりたいことが見つかります。

4. 「やりたいこと」の見つけ方まとめ

より正確な自己分析をしたい方は、ぜひ本書を手に取り、自分の特性について探求してみてください。(→書籍『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』はこちらから)

やりたい事の見つけ方

仕事をする目的と手段がハッキリしていれば、無理なく頑張ることができます。

また、得意なことで結果を出すことができれば自信にも繋がります。

今回紹介したの3つの要素(価値観、才能、情熱)を意識して、ほんとうにやりたいことに夢中になっていただければと思います。

私も好きなことをやるだけでなく、価値観や才能を活かしてやりたいことに取り組みます。

本書について著者の八木仁平さんがYouTubeでより具体的に話されているので、こちらもおすすめです。(→著者の八木仁平さんのYouTubeはこちらから

ではまた。

furuzawa

4,955 views

非日常な毎日を送るwebライター大学生。好きなお寿司はエンガワです。本や映画、様々な経験から学んだことをわかりやすく紹介していきます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。