物が豊かな日本だから、持つ物について考えよう

生き方

はじめに

こんにちは、watanabeです。

最近、自分の部屋や身の周りに物が増えてきたなと感じています。

整理整頓はしているものの、やはり物の量が多いと散らかりやすい環境ですね。

ここ最近では、“片付け”や“断捨離”といった整理整頓、物を捨てるテーマの書籍を見かけることも多いなと思います。

やはり、物質的に不自由がなくなった日本において、物をどうすればいいかで悩んでいる方が多いのですね。

今回の記事では、物と自分の関係を観察して

物に執着しない生き方が、人を豊かにするのではないか

これをテーマに考えていきたいと思います。

物は増えていくもの

普段生活していて、いつのまにか物が増えていたということはないでしょうか。

それは、自然なことだと感じます。消耗品であれば使い終わったら捨てて、無くなったら買うといったサイクルがあります。

しかし、そういったサイクルのない物は、手放す機会が訪れない(耐久性がある)ため、たまっていきます。

そうすると、捨てるという行動のために“捨てるという意志”が必要になっていきます。

その意志を働かせるのが面倒なので、「とりあえずここに置いておこう」が積み重なり、いつのまにか物が増えて「なんだっけ?これ」となってしまうのです。

無料で物をもらうときは、特に意志を働かせる必要はありません。

しかし、捨てるということは捨てるという“意志”と“行動”が必要になるため、行動のハードルが高くなっているのです。

社会と物

日本国民

そもそも、物が増えていく要因はなんでしょうか。

ここで考えたいことは、自分が物を欲しいと思った動機です。

衣食住や消耗品に関しては、必要時に適時購入していると思います。

しかし、ほかの多くの物は“生活に必要だから買った”のではなく、“生活が良くなる”という未来をイメージして買っているのではないでしょうか。

物を買う時に人は必要であれば迷うことはありません。買うときに迷うときは“買う=豊かになる”が不確実であるために迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで、物や商品を売りたい企業が、消費者が良いイメージを生み出しやすいように宣伝をして、迷っている人の背中を押していきます。

こうして、買うことに抵抗がなくなっていくと物が自然と増えやすくなっていきます。思っていたのと違うと思うと、また別の商品を探したりして、あまり使っていないけど、捨てられない物となっていきます。

ここでは、物を買うこと自体を否定している訳ではありません。

物を買うという抵抗感は、宣伝を見たりすることでなくなっていくので、物が増えやすい要因であるということです。

物を買うと連鎖的に物が増える

このテーマでは物を買うことのコストについて考えていきます。

「大きなテレビが欲しい」「この家具いいな」「収納たくさんできそう」と言ったことはないでしょうか。

こうした物は注意する点があります。連鎖的に物が増えやすい状態だからです。

・大きなテレビを置くための台
・収納が増えたことに物を溜め込みやすくなる
・家具を買ったことによりインテリアも購入

など

置く場所や環境を整えるために連鎖的に物が増えていきます。

そのため、欲しい物に対しての環境作りは、意外と物に対してや場所に対してのコストがかかってしまうのです。

人は物を感情で持つ

では、何を持っていればいいのかということになります。

それは、単純で“使っているか”、“持っていて嬉しいか”に尽きるのではないでしょうか。

使っている物をわざわざ捨てることはないと感じます。しかし、それ以外の物は自分の感情を観察していくことが大切です。

こんまりさんの人生がときめく片づけの魔法 改訂版 (日本語) 単行本

では、自分の感情がときめく物がその人にとって必要な物と伝えています。

そのため、人が物を買う(持つ)というのは感情が必要ではないかと思います。

上記の記事にあったように、自分が想像した未来を達成したいと思うから、人は物を買いたいと思うのです。

捨てられない思い出の物というのも、物を通した記憶と感情があるからです。

物に執着しないという考え方

所持品を最小限にして生活しているミニマリストという方々もいます。

生活に必要な物を最低限にして生活している方々です。個人的なイメージとしては、旅行に行く時のスーツケースで普段から生活しているようなイメージです。

物が増えることで、生活に対するコストを抑えています。物を買うお金や置く場所、家の片付けにかけるコストを抑えて豊かに生きています。

また、仏教では執着しないという考えがあります。

物に“私の”という所有の考えがあると、煩悩が拡大するという教えです。

物がなければ大きな家に住む必要性がありません。物が連鎖的に増えていくように、所有する物が増えていくにつれて、次から次へと“私の”という煩悩が拡大されていくのです。

何かを収集する趣味があったとします。初めは趣味だったのに、集めること(例えばNo.を揃えるような)がやめられなくなっていきます。

ひとつのものが、芋づる式にもっと手に入れたいという状態を作っていくのです。

そうすると、無くては落ち着かなくなるなど依存的になり、最終的に疲弊してしまう可能性があるのです。

そのため、所有する物が多い=良い、ということではないのです。

おわりに

今の社会において、物を買うということは経済を回し、それで生活を送れています。

もし、全員が物を持たない生活をしたら仕事が無くなってしまいます。

しかし、片付けや物を捨てるというテーマの本が売れている現実があります。

そのため人が豊かになるためには自分の身の回りの物が、自分にどう影響しているかが大切なのです。

物と記憶はセットで、そこに感情が入ります。どんな物を持つかが、あなたの人生を決めていくのでではないでしょうか。

watanabe

2,731 views

本や映画を見ながら、価値観の更新中。1人でいることに限界を感じているので、いろんな人にお世話になりながら生きています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。