仕事ができる人は手がきれい?!日々のハンドケアで手荒れを予防しよう

キャリア

冬は手荒れをしやすい季節

みなさん、こんにちは!じゆです。

これから寒くなるにつれて、さまざまなウイルス感染が流行します。それを予防するために、手洗いや手指消毒はとても大切です。

一方で、冬は手荒れをしやすい季節です。手荒れをすると、手が乾燥するだけでなく痒みや痛みを伴うこともあります。
私は仕事中、何十回も手洗いや手指消毒をしなければならず、毎年冬は常に手荒れで手が乾燥したり赤みがでたり…手洗いをするだけでも手がしみることもあるくらい、手が荒れてしまうことがあります。

仕事ができる人は手がきれい?!

ビジネスシーンにおいて、名刺交換や握手など、思わず手に視線がいく機会は多いのではないでしょうか。
人目に触れる機会が多いからこそ、爪が伸びていたり、手がカサカサしたりすることがないようケアをする方は少なくありません。

今回は、手荒れのケアについてお話していきたいと思います。

手荒れの原因

まず手荒れとは、手の角質層の柔軟性やなめらかさがなくなり、乾燥、皮膚の表面が剥がれる、皮膚が厚くなる、ひび割れなどが生じた状態のことを指します。

手荒れになる原因には、内因性外因性があります。

内因性 外因性

性別、年齢
アトピー素因
        など

洗浄、消毒
摩擦、湿度
        など

これらの原因で、皮脂などが取り除かれてしまいます。
それに加え、冬の乾燥した空気で角質層の水分が喪失することで手荒れを起こしてしまうのです。

手荒れを予防するためのハンドケア

手荒れをしないために、日々のハンドケアが大切です。

手洗いは”ぬるま湯&肌にやさしい石鹸”

寒いと、手洗いをするときでもお湯を使うことが多くなるかと思います。しかし、お湯を使うと皮脂膜がはがれやすくなります。
また、手の汚れを取り除こうと必要以上に手洗いをすることも手荒れの原因になってしまいます。

そのため、手洗いをする際は、肌にやさしい石鹸やハンドソープを使い、人肌程度のぬるま湯で洗うことをおすすめします。

手洗いのあとはすぐにタオルドライ

手洗いをしたら、濡れたままで放置せずに、すぐにタオルで拭きましょう
手を濡れたままにしておくと、皮膚の水分までいっしょに蒸発してしまい、必要な水分が奪われてしまうのです。

またタオルで拭くときは、擦るのではなく軽く叩くように拭くことがポイントです。

洗い物のときは手袋をつける

洗剤は肌にとって刺激となり、皮膚のバリアーを薄くしてしまうため、手荒れの原因になります。
そのため、洗い物をするときはゴム手袋をつけるなどすることをおすすめします。

こまめに保湿する

普段の生活のなかで、食事前やトイレの後など手を洗う機会は多く、その分皮脂が落ちやすくなります。
そのため、こまめに保湿することが大切です。

保湿するときは、ハンドクリームの成分を十分に浸透させるために、手で少しあたためて手になじませると良いでしょう。

ハンドマッサージをして血行促進

寒くなると血行が悪くなり、皮膚の新陳代謝も落ちてしまいます。
そこで、手の血行を良くするためにはマッサージがおすすめです。ハンドクリームなどを塗ってからマッサージをすると、すべりも良くなります。

手荒れをしてしまったら…

手が荒れてきたな…と思ったら早めに対処しましょう。そのままにしておくと悪化してしまいます。
以前、私も手荒れしてきたな〜と放置していたら、真っ赤に腫れてしまい手洗いするのも辛いくらい荒れてしまったことがあります。

乾燥して手がカサカサしている場合は、高保湿のハンドクリームで保湿し、潤いを守りましょう。

さらに悪化して、ひび割れやあかぎれ、さらにかゆみなど肌が炎症を起こしてしまった場合は、ヘパリン類似物質尿素抗炎症成分が含まれているハンドクリームを選ぶと良いでしょう。
それぞれの成分が含まれているハンドクリームをいくつか挙げました。表にしたので参考にしてみてください。

ヘパリン類似物質

尿素成分 抗炎症成分

HPクリーム、HPローション
ミナハダ
ヒフメイド油性クリーム
ヒルマイルドクリーム

尿素10%クリーム
モアディープ
モイストハンドクリーム
ユースキン
アロエハンドクリーム
フォルミュール 薬用ハンドリペア

ちなみに、私は手荒れがひどいとき、ヘパリン類似物質であるSaikiとユースキンの2つを塗っていました。
ユースキンだけでも効果はあるのですが、ヘパリン類似物質も一緒に使うことで治りが早くなり、手洗いのたびにこの2つを塗ったところ2〜3日で手荒れが治まりました。

ハンドクリームを塗ってもなかなか治らないときは

手荒れが悪化すればするほど、治療に時間がかかってしまいます。ハンドクリームを塗っても手荒れの改善がみられない場合、皮膚科受診をおすすめします。

さいごに

今年は新型コロナウイルスの流行で、色々なところにアルコール消毒が設置されており、手指消毒をする機会が増えています。
感染予防のためには手指消毒は有効ですが、手荒れの原因にもなります。

手は人目に触れる機会が多いからこそ、普段からハンドケアを行い、手荒れを予防しましょう。

じゆ

12,583 views

日本最西端のしま出身。 地元でナースとして5年働き、「あ、都会行こう。」と軽いノリで上京。 ナースの経験を活かし、健康面について主にお伝えしていきます。いつ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。