• HOME
  • 記事
  • 勉強 , 読書
  • 【1分でわかる】書籍『大人のための読書の全技術』本は全部読まない簡単な速読法

【1分でわかる】書籍『大人のための読書の全技術』本は全部読まない簡単な速読法

『大人のための読書の全技術』
勉強

どうも大学の卒業論文を書き上げたフルザワです。

論文を書くにあたって沢山の本を読んだのですが、今回は沢山の本を素早く理解する方法について紹介します。

 

・本を買うだけで満足してしまう
・一冊がなかなか読み切れない
・途中から読むと内容を忘れている
・急いで読むと内容が理解できない

そんな経験をしたことはないでしょうか?

 

本稿ではそんな悩みを解消する方法について知ることができます。

書籍『大人のための読書の全技術』を参考に、本の速読と内容理解に焦点を当てた読書法について解説していきます。(→書籍『大人のための読書の全技術』はこちらから)

『大人のための読書の全技術』

目次
 1.何のために本を読むのか?
 2.目的と締め切りを決める
 3.本を読み始める前に全体把握
 4.内容を理解するピックアップ法
 5.まとめ〜速読で読書を簡単に〜

この読書法を理解すれば、これまで読書に苦手意識があった方でも、すぐに本を読みたくなるでしょう。

では、早速そんな速読しながら理解を深める読書法について見ていきましょう。

1.何のために本を読むのか?

まず始めに、読書には2つ種類があることを理解しましょう。

読書

それは、快楽の為の読書と学習の為の読書です。

快楽の為の読書=小説、ポエム、エッセイなど
学習の為の読書=自己啓発、ビジネス書、自伝本など

その様に考えて頂けたらと思います。

速読したいと考えている方は特に学習の為の読書を考えられていると思うので、そちらに焦点を絞り解説していきます。

2.目的と締め切りを決める

ビジネス書や自伝本を購入するも、途中で読むのを辞めた経験はないでしょうか?

目的

私も読書の途中で違うことを始めたり、購入して読むのを忘れていた経験があります。

なぜそうなってしまうかというと、目的と締め切りが決まってないからです。

 

仕事と類似する点でもあるのですが、期限の締め切りや決まった納期にはなんとかして間に合わせるはずです。

しかし、読書は自由度が高いので途中で放棄できてしまうのです。

 

その為、なぜこの本を読むのか?
そして、いつまでに読むのか?

を明確にするべきなのです。

 

私にも本稿を書くための締め切りがあるように、感想や要約をまとめるアウトプットの場があると一層効果的です。

3.本を読み始める前に全体把握

本を読む前に、ぜひ抑えて頂きたい考え方があります。

立ち読み

それは、本を読破する必要がないということです。

元も子もない様に聞こえるかもしれませんが、読書はあくまでも内容理解が全てです。

つまり、1から読んでも内容を吸収できていなければ自己満足に終わるということです。

 

その為、本を読む時はまず重要な箇所を探す作業が必要なのです。

特に何度も出てくる言葉やキーワードは著者の伝えたいことである可能性が高いです。

 

読書の熱を冷まさないためにも、本を購入してすぐの20分間は本の全体を把握してみましょう。

目次を読むだけでも本の概要を理解することはできます。

そうすることで、読書に対する熱も冷めることなく再度読み進めることができます。

4.内容を理解するピックアップ法

本の全体を把握する時に重要なのが、本の地図を知ることです。

本

本の全体がわかる地図とはつまり、目次です。

そして、筆者の熱が1番込められているのは導入部分と終了部分です。

つまりは、はじめにとおわりにという事です。

 

この3点に注目し、重要な言葉があればぜひ赤ペンやマーカーでチェックを入れましょう。

筆者の伝えたい言葉が本の核なので、ポイントを抑えれば本全体を理解したも同然です。

 

また1〜2章は導入であることが多いことから、肝の部分は3章以降にあると言えます。

これらの点を踏まえて、本の残りの部分を読み進めていきましょう。

5. まとめ〜速読で読書を簡単に〜

沢山の本を素早く理解する読書法について理解することができたでしょうか?

速読

ポイントは全体を把握し、筆者の伝えたい箇所から重点的に読むということです。

ここで一度流れをおさらいしてみましょう。

本を読む手順
 ①目的と締め切りを決める
 ②目次から本の概要を理解する
 ③はじめにとおわりにを読む
 ④重複した言葉や表現に線を引く
 ⑤重要だと感じる章から読み進める

読書は筆者との対話という言葉がありますが、正に筆者の意図を組みとる姿勢が大事だと言えます。

速読をマスターすることで、沢山の本を簡単に読むことができるので大変オススメです。

私も読書は苦手なタイプでしたが、この方法を実践することで、こうして本稿を投稿することができています。

読書が苦手な方も、ぜひ速読に挑戦して頂ければと思います。

ではまた。

furuzawa

18,667 views

F.CHINと呼ばれている男。本や映画、様々な経験から学んだことをわかりやすく紹介していきます。AppleMusicでプレイリストを作るのにハマってます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。