• HOME
  • 記事
  • 生き方
  • 「新年の目標」を達成したいあなたへ!目標達成に必要な3つの原則とは?

「新年の目標」を達成したいあなたへ!目標達成に必要な3つの原則とは?

生き方

新年の目標を達成するために必要なこと

こんにちは、ライターのはまじんがーです!

私個人としては新年一発目の投稿となります。
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年ということで、新たに目標を立てる人も多いかと思います。
そこで今回は、目標達成に必要な3つの原則を紹介します。

参考にした書籍は、社会心理学者ハイディ・グラント・ハルバーソン氏の著書『やり抜く人の9つの習慣』です。
「年末年始に読むべき書籍」としてメンタリストのDaigoさんが紹介されていたこともある一冊です。

「今年こそ、何か大きな結果を残したい!」
「挫折することなく、新年に立てた目標を達成したい!」
「人生を変える一年にしたい!」

このようにお考えの方は、ぜひ続きをお読みになってみてください。
それでは行きましょう!

目標達成の原則1. 具体的な目標を立てる

目標設定

一つ目は、具体的な目標を立てることです。
ここでいう「具体的」とは、言い換えると「達成基準が明確であること」です。

例えば、「仕事で結果を出す」という目標。
このように抽象的な表現だと、何を実現すれば「仕事で結果を出した」ことになるかがわかりません。
「年間営業成績で社内1位を取る」とか「月収を10万円アップさせる」のような目標設定であれば達成基準が明確です。

目標を具体化することには、以下のようなメリットがあります。

・「何をやるべきか」が明確になる
・目標と現状の差分が分かるので、適切な振り返りができる

上記の例であれば、「仕事で結果を出す」より「年間営業成績で社内1位を取る」と表現することで、

・1位を取るためには、年間で何件の契約を受注すればいいか?
・昨年の自分の受注数とどれだけ差があるか?
・その差を埋めるためには何が必要か?

といったように、具体的なアクションを考えることにつながっていきます。
新年の目標を新しくたてるときには、ぜひ「達成基準が明確な目標を立てる」ことを意識してみてください。

目標達成の原則2. 「いつ何をやるか」を明確にする

計画

目標を立てても、必要な行動ができていなければ達成することはありません。
そして、「必要な行動をとる」という観点において重要なのが「いつ何をやるのか」を明確にすることです。

例えば、「10Kg痩せる」というようなダイエットの目標を立てたとします。
ダイエットに必要な行動としては「運動」が考えられますね。
その「運動」に関して、

・具体的に何をやるのか
・いつやるのか

を明確にする必要があるということです。
望ましい行動計画としては、以下のようなものです。

「平日の朝、始業前に30分ランニングをする」
「土日の12~13時の間にウォーキングをする」
「水曜日の退社後にジムに通う」

「いつ何をやるか」が明確でなければ、行動に結びつくことはありません
「今日はいいや」「来週からにしよう」のように先延ばしになるのがオチです。

明確さは行動のモチベーションを与えてくれます
確実に行動を積み重ねていくために、明確な行動計画を立てましょう。

目標達成の原則3. 「これから思考」で振り返る

これから

目標に向かって行動を続ける中で、時折「振り返る」ことが必要になります。
振り返り方には様々な方法がありますが、ここでは「”これから思考”で振り返ることが重要」という話をします。

「これから思考」とは、「あとどれだけやらなければいけないのか」に視点を向ける思考スタイルのことです。

「これから思考」の対になる思考スタイルとして「これまで思考」があります。
これは、「どこまでやり遂げたのか」に視点を向ける思考スタイルです。

なぜ、「これまで思考」ではなく「これから思考」が大事なのかというと、モチベーションを維持するためです。

「これまで思考」の強い人は、早い段階で達成感を持つために、早く気が緩んでしまうことが最新の研究で分かっています。
反対に、「これから思考」で「これからやるべきこと」を意識するとモチベーションが高まります

実際に、下記のような研究結果が書籍『やり抜く人の9つの習慣』の中で紹介されています。

大事な試験を控えた大学生を2つのグループに分けて、グループ1には「覚えなければならないことがあと52%残っている」と伝えました。そしてグループ2には「すでに48%は覚えた」と伝えました。
結果はどうなったでしょうか。
グループ1のモチベーションはグループ2よりも格段に上がったのです。

あまり早くから小さな達成を喜ばない方がモチベーションは上がるということです。
振り返る時には、「これから思考」で「これからやるべきこと」に意識を向けるようにしましょう。

正しい選択・戦略・行動が重要

目標達成

以上、目標達成に重要な3つの原則をお伝えしてきました。
おさらいすると、以下の3つです。

原則1. 達成基準が明確な目標を立てる
原則2. 「いつ何をやるか」を明確にする
原則3. 「これから思考」で振り返る

今回参考にした書籍『やり抜く人の9つの習慣』の著者ハイディ・グラント・ハルバーソン氏、は書籍の中で以下のように語っています。

成功とは、「正しい選択」「正しい戦略」「正しい行動」によってつかむものです。
決して生まれつきのDNAで決まるものではありません。

ここでいう「正しい選択」「正しい戦略」「正しい行動」をとるために必要なのが、今回紹介した3つの原則というわけです。

2021年を実りある一年にするために、今回紹介した3つの原則を踏まえて目標を立ててみてください。
また、心理学的に正しい目標達成の方法をより詳しく学びたい方は、書籍『やり抜く人の9つの習慣』もぜひお読みになってみてくださいね。

それでは、今回の記事は以上です。
お読みいただき、ありがとうございました!

はまじんがー

7,037 views

業界最大手大規模システムのアーキテクトに携わっています。趣味は読書、映画、野球観戦、広島育ちのカープファン。好きな音楽はAcid Black Cherry、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。