睡眠の改善には毛布が効果的?その機能とおすすめ商品をご紹介

健康

現代人の9割が睡眠に不満を抱えている

 

こんにちは、yuyaです。
いま、睡眠に不満を持つ人が増えているといいます。

20歳以上の男女5,276名に行われた調査によれば、
9割以上の人々が睡眠に問題を抱えていることが判明しています。※1

「寝付きが悪い」
「夜中起きてしまう」
「寝ても疲れが取れない」

などといった声はこれまでにも多く寄せられています。
また社会的関心も大きく、過去には厚生労働省から健康のための睡眠指針なるものが発表されました。※2

一般消費者にも睡眠改善のニーズは強くあり、様々な企業が独自の寝具を開発・販売しています。
オーダーメイドの枕を作られたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やはり寝具といえば、枕やマットレスなどがその改善のターゲットとなりがちです。
消費動向を見ても枕の購入はかなり多く、マットレスや敷布団と違い買い替えやすいこともその理由となっています。

そんな中、近年注目を集めているのが毛布です。
寒い時期には掛け布団とともにその保温機能で活躍する寝具ですが、

毛布の種類によって使い分けると、
眠りの質が変わる
のをご存知でしょうか?

天然繊維・化学繊維の毛布が市場で流通していますが、どちらにも特徴があり、機能が異なるといいます。
そこで今回は、今話題の毛布による睡眠の効果やおすすめの商品などをご紹介します。

毛布の効果を最大限引き出すには寝床内気候に注意する

 

寝床内気候とは、布団の中の温湿度の状態を指す言葉です。
一般的に布団の中を「温度33℃・湿度50%」に保つことで、快適な睡眠ができるといわれています。
寒いからといってひたすらに暖かくしても、質の良い睡眠にはつながらないのです。

ただ、完璧にこの数値を達成することは非常に難しいので、
「暑すぎず寒すぎない」「湿度調整ができている」環境を目指しましょう。

また、毛布とともに使う掛け布団ですが、人体の熱を吸収して膨らみ保温効果をもたらします。
基本的には体に触れるように使うとよいでしょう。

それでは、寝床内気候と掛け布団の使い方を前提に、種類ごとの毛布の使い方を見ていきましょう。

天然繊維毛布の保温効果を高めるには体の下に敷く

ウール・綿・カシミヤといった素材からできているのが天然繊維毛布です。

こうした天然繊維毛布の効果を最大限発揮するには、体の下に敷くのが良いとされています。
天然繊維には湿度の調節機能があり、人体とマットレスや敷布団との間に入れることで体から発せられる湿気を吸着してくれるのです。

人体の上にかけても良いのですが、その場合掛け布団の保温効果を低下させてしまうでしょう。

人間は一晩でコップ一杯分の汗をかくといわれています。
吸着した湿気は毛布が排出してくれますから、汗による不快感を軽減してくれます。
湿度調節をうまく行えば、寝起きのだるさ解消にもつながるでしょう。

化学繊維毛布の保温効果を高めるには掛け布団の上に掛ける

一方、ポリエステル・レーヨン・アクリルといった素材からできているのが化学繊維毛布です。

こうした化学繊維毛布の果を最大限発揮するには、掛け布団の上から掛けることであるといいます。
化学繊維には断熱効果があり、掛け布団で蓄えた温度を逃さぬようにシャットアウトする役割をもっています。

冷たい外気から布団内の温かい空気を守ることができますから、より暖かさが継続する使い方となるでしょう。
布団内の温度は人体の温度によって上下しています。
一般には夜間下がった体温が明け方にかけて上がっていきますから、
こうした調温機能を阻害せずに暖かさをキープできるのが化学繊維の良いところです。

天然・化学繊維両者を組み合わせて使えば、より良い寝床内気候環境が実現できます。
お手元の毛布はどちらなのか、確認してみてはいかがでしょうか。

寒い季節も快適に過ごせるおすすめ毛布4選

 

本項では、筆者オススメの毛布を化学・天然繊維それぞれ2つずつご紹介します。

1:mofua・マイクロファイバー毛布

マイクロファイバーの極細繊維で、軽くしなやかな化学繊維毛布です。
毛足が短いので抜けが少なく、また洗濯後もすぐ乾くので衛生的に使用できます。
コンパクトに纏められるので、旅行先などでも活躍するでしょう。
(価格:3,480円)

2:京都西川・2枚合せマイヤー毛布

有名寝具メーカーの西川が販売している毛布です。
化学繊維ならではの軽さと、2枚合わせ構造で高い保温効果を持っています。
長い毛足と柔らかさで、天然素材のような重厚感を持つ商品です。
(価格:3,850円)

3:三井毛織・洗えるカシミヤ毛布

老舗毛布店の高級カシミヤ毛布です。
起毛師と呼ばれる職人が繊維の端を引き出し毛羽立たせて作る商品で、繊維を断ち切らないことから極上の肌触りを実現しています。
保温性・吸湿性・発散性に優れた商品です。
(価格:19,800円)

4:D-BREATH・The PREMIUM Sofwool

オーストラリア産メリノウールを使用した高級毛布です。
メリノウールは羊毛の中でも高級な種別で、アウトドア製品にも用いられるほどの高い保温効果があります。
防臭効果と通気性も高く、快適な睡眠ができるでしょう。
(価格:24,200円)

 

 

毛布選びからも睡眠の質は変わる

枕やマットレスなどは広告も多く、新生活や部屋の模様替えなどで新しく購入する方も多いでしょう。
通販サイトなどを見ても、寝具の売り上げランキング上位は枕やマットレスが占めています。 

これらは寝心地の改善には効果的ですが、寝床内気候の改善には今ひとつ足りません。
私自身も寝具に興味があり、枕などこだわっているつもりでした。
毛布の持つ効果を知ってからは、温度や湿度など改善すべき点が多々あることを実感しています。

より良い睡眠環境づくりのために、毛布の使い方から考えてみてはいかがでしょうか。

※1:株式会社フジ医療器調べ
※2:厚生労働省HP

yuya

2,692 views

物流業で働きながらライター活動をしています。人生をより良く過ごすためのお役立ち情報などを共有しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。