寒い冬こそ気をつけたいヒートショックの症状と対策をご紹介

健康

年間17000件も発生しているヒートショックとは

こんにちは、yuyaです。

冬になるとこんなニュースを目にするようになりますね。

「入浴中に溺れて急死」
「風呂場で気絶し転倒」

こうした事件は、
ヒートショックと呼ばれる症状によって引き起こされる
ことが解明されています。

ヒートショックとは、血管の急激な収縮によって血圧が大きく変動する状態です。
入浴中に多いその症状の主な原因は、家の中の寒暖差だといいます。
寒い季節は暖房のある部屋と廊下や浴室の温度差が非常に大きくなるケースが多く、その差は平均して10℃にものぼるのです。
このような10℃を超える温度差は体にとって危険な水準であるといわれています。

暖かい部屋から寒い浴室へ移動すると、温度の変化に対応するため体内で筋肉を震わせ熱を作り出します。
寒くて体が震えるのはそのためです。
そして作り出す熱を逃さぬよう、血液の流れる量を減らし血管を細く縮ませます。

血管が縮むことで急速に血圧が高くなる
のです。
その後浴槽に入ることで縮まっていた血管がまたも急速に動き拡がり、血圧は急低下します。

ヒートショックには血圧の急上昇により心筋梗塞・脳出血、急低下によりめまいや気絶などが発生するリスクを伴います。
そして、年齢問わず発症の可能性があるのです。
高齢者に多いイメージのヒートショックですが、若者であっても油断は禁物です。

専門家によると、近年はコロナウイルスの蔓延による自粛や仕事環境の変化から、
心身ともにストレスの大きい生活を強いられている人の割合が増えているといいます。
ストレスを感じると血圧が上がり、自粛生活の中で長い期間を高血圧状態で過ごしているケースも少なくありません。

そのまま対策をせずに入浴を繰り返せば、血圧の乱高下幅を必要以上に拡大してしまいます。
あなたがヒートショックにならずに済んでいるのは、血管の柔らかい若いうちだけかもしれません。
そのまま生活を改めなければ、年々リスクは高まっていきます。

「高齢者の症状だから対策をしなくて良い」のではなく、若いうちから気をつけると、
安心安全で快適な生活環境を作り出すことができます。
快適な生活環境はQOLの向上にもつながりますから、一度対策を考えてみてはいかがでしょうか。

健康な若者にも起こり得るヒートショックの被害とは

ヒートショックの体験は、死を身近に感じるほど危険なできごとであるといいます。

「身体が硬直して全く動けない」
「目の前が真っ暗になって倒れた」

これらはSNSへ投稿された若者の実体験として、報道されたものです。
血液の乱高下は健康体な若者であっても、大きな負担となるのです。

あまりにも急激な変化であるために、即座に反応することは難しいでしょう。
しかも、めまいや立ちくらみの後転倒して頭を打ち付けたりする事例は、まだ軽症な部類であるといいます。

重度のヒートショックの場合、

・頭痛
・吐き気
・呼吸困難
・気絶
・体のしびれや麻痺

などの症状が見られます。
心筋梗塞や脳梗塞が疑われるので、身の安全を確保したあとに救急車を呼びましょう。

もし浴槽内でヒートショックが起こったら、風呂の少し水を抜き口や鼻から水が入らないようにします。
水をすべて抜いてしまうと水の浮力がなくなり、更に動きにくくなりますから注意しましょう。

ヒートショックの予防に気をつけたい4つの習慣

あなたがヒートショックにならぬよう、日頃の生活に以下の習慣を取り入れてみましょう。

1:廊下・脱衣所・風呂場を暖める

各部屋の温度差解消はとても効果的です。
暖房器具を使い温度を上げておく他にも、シャワーを予め出しておいたり、湯船にお湯を張った状態で浴室内を温めたりするとよいでしょう。
冷たい床に直接触れないよう、スノコを敷くのも有効です。

2:入浴前後に水分補給をする

入浴して汗をかくと血液がドロドロになってしまい血栓ができやすくなります。
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まりますから、水分を補給して血液の循環をサポートしましょう。
また食後は消化のため血圧が低くなりますから、血圧の変動を抑えるためにも食後すぐの入浴は控えましょう。

3:浴室内ではゆっくり動く

寒いからと急いで湯船から出たり立ち上がったりする行為は、血圧を急降下させる原因となります。
めまいや立ちくらみからの転倒などはこうした行為による場合が多いので、ゆっくり動きましょう。
また、長風呂のしすぎは血圧の急低下につながるので注意しましょう。

4:外出時にも急激な温度変化に注意

ヒートショックの原因はお風呂だけではありません。
仕事に出かけるときや暖かい部屋に入るとき、両者の温度差が大きくならぬよう防寒対策が必要です。
特に朝は血圧が低いので、出勤時に慌てて出かけヒートショックとならぬよう気をつけましょう。

ヒートショック予防には習慣づけが大切

暖房器具の発達でコストパフォーマンスの良い家電が多く登場しています。
暖かい部屋で冬を過ごすことは容易い時代でしょう。

ですが家全体に暖房の行き届く環境で暮らす人は、どれほどいるでしょうか?
特に若い世代は気にかけていなくとも、
多少の血圧変化であれば耐えられることも多いのです。

温度差に無関心な生活習慣は、体が対応できなくなってからほころびが出始めるでしょう。
ヒートショックでは急激な変化に対応できない事例が多いですから、
もしものときには手遅れになる可能性も否定できません。

私自身も浴室で意識が朦朧とした経験があり、温度の変化には気をつけるようになりました。

あなたの暮らしにもヒートショック対策を考えてみてはいかがでしょうか。

yuya

4,681 views

複数メディアでの記事執筆やYouTuberの原稿作成など、掛け持ちライターをしています。本職は流通業界。ピアノ・ギターが趣味。気になったこと・役立ちそうなこ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。