• HOME
  • 記事
  • 勉強 , 読書
  • 自己実現したいならアウトプットが重要!書籍『学びを結果に変えるアウトプット大全』

自己実現したいならアウトプットが重要!書籍『学びを結果に変えるアウトプット大全』

アウトプット大全
勉強

人を変えるのはアウトプットだけ?

みなさん、こんにちは!じゆです。

たくさん本を読んでいる。
セミナーに参加して、成功した人の話を聞いている。
なのに、自分にはあまり変化がみられない…ということはありませんか?

それはインプットの量に対して、アウトプットの量が少ないことが原因だと考えられます。

今回はみなさんに、精神科医 樺沢紫苑先生の『学びを結果に変えるアウトプット大全という本を紹介していきます。

アウトプットとは

そもそもインプット、アウトプットって具体的に何でしょうか?

インプットとアウトプットの定義について簡単に説明すると、

インプットとは、入力すること 例)読む、聞く、見る
アウトプットとは、出力すること 例)話す、書く、行動する

具体例を挙げて説明すると、
たくさん本を読んだり、セミナーに参加し成功した人の話を聞いたりすることはインプットになります。
その読んだ本の内容や、成功した人が実践したことを実践してみたり、他の人へ伝えることがアウトプットとなります。

インプットをすることで、意識が変わります。
しかし、どんなに意識が変わっても、現実に変化はありません。

意識が変わっても行動が伴わなければ、現実が変化することはないからです。
つまりインプットしたことを、アウトプットすることが現実世界に対して変化や影響を与えてくれるのです。

そして、樺沢先生は、

自己成長はアウトプットの量に比例する

と述べています。
つまり、どんどんアウトプットをしていくことで自己成長に繋がり、現実も変化していきます。

インプットとアウトプットの黄金比は3:7

input ,output

では、どのくらいアウトプットしていけば良いのでしょうか?

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士が小学3年から中学2年までの100人以上の子どもたちを対象に「人の記憶に定着しやすいインプットとアウトプットの比率は何割か」を証明する実験を行っています。

最も高い結果を出したのは、

年少グループ 暗記(インプット):暗唱(アウトプット)=4:6
年長グループ 暗記(インプット):暗唱(アウトプット)=3:7

という結果になりました。

勉強しているのに成長しないのは、インプットが多く、アウトプットが少ないことが原因であるとされています。

この実験の結果から踏まえて、樺沢先生は、

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7である

と述べています。

つまりインプットしたら、およそ2倍の時間をアウトプットに費やすことで、効率よく自己成長に繋げることができるのです。

自己満足を自己成長に変えるためには「行動する」こと

何度もお伝えしますが、どんなにインプットして知識が増えても、行動できなければ現実世界は変わりません。
読書や勉強をしても行動に移さなければ、ただの自己満足となります。

自己成長をしたければ、行動に移すことが重要です。

そして、インプット時間のおよそ2倍をアウトプットに費やすことが重要とお伝えしましたが、本書ではインプットとアウトプットを繰り返すことが自己成長につながると述べらています。

さらに、インプットとアウトプットを繰り返す過程で重要なことはフィードバックです。
アウトプットで得られた結果をフィードバックし、次に繋げることで成長することができるのです。

そのため、うまくいったもことも失敗したことも、なぜそのような結果になったのか理由を考えてみましょう。

結果を出すための究極の法則「続ける」

行動をしても、続かなければ意味がありません。

ここで樺沢先生は、続けるための5つの極意を述べています。

1.「今日やる」ことだけを考える
2.楽しみながら実行する
3.目標を細分化する
4.結果を記録する
5.結果が出たらご褒美をあげる

どんなに頑張っても、楽しくなければ何事も続きません。
また、小さな目標をたてることで、目標を達成しやすくなり、その積み上げが継続することにつながっていくのです。

ちなみに、Green & Greedでも継続するためのコツについての記事があるので、合わせて読んでみてください。

脱!三日坊主 〜継続するためのコツ〜

自己成長のための究極アウトプット法「教える」

「アウトプット大全」では80個のアウトプット法について書かれています。

その中でも最も自己成長につながる最強アウトプット法は、教えることです。

アメリカ国立訓練研究所が発表した、本を読む、動画をみるなどの各学習レベルが、どのくらいの定着率になるかを表す「ラーニング・ピラミッド」で、他者に教えることが一番効果的であることが証明されています。

ラーニングピラミッド

人に教えることを前提に勉強をすることで、記憶力がアップします。
また、十分に理解していないと人に教えることはできないので、自分の理解度や不明点が明確に見えてきます。

何かを習得したければ、「人に説明できる」レベルを目指しましょう。

最後に

ビジネス書ですが読み進めていくと、普段のコミュニケーションにも役立つことに気づきました。

樺沢先生も、

話す、書くというのは人間の交流であり、アウトプット術は、実はコミュニケーション術でもある

と述べています。

私は、この本を読んで、アウトプットを心がけるようにしています。

普段、人に教えたり指導したりする機会があるのですが、この本に書かれていることを実践してみると、注意をしたり、叱ったりしても、人間関係が悪くなるどころか、「教えてもらってるという実感が初めて湧いた」「言葉がスッと入ってきて、腑に落ちた」といってもらうことができました。

さらに樺沢先生は、

アウトプット術を実践すれば、あなたの魅力・能力が多くの人に広がり、あなたは適切な評価を受け、信頼され、人間関係は豊かになり、楽しい人生になることは間違いないでしょう。

とも述べています。

アウトプット大全には、80個のアウトプット術について書かれています。ひとつでもアウトプット術を実践することで、行動が変化し、自己成長につながることでしょう。

樺沢紫苑
精神科医、作家
SNS、メールマガジン、Youtubeなどで累計40万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく伝え、「日本一、情報発信する医者」として活動している。
樺沢紫苑公式ブログ

 

じゆ

14,892 views

ナース兼ライター。救急から終末期まで経験し現在は訪問ナース。 ナースの経験を活かし、主に健康面についてお伝えしていきます。いつまでも健康で、好きなことを思い...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。