毎日食べると健康に効果的?!チョコレートを食べるメリットとは

健康

チョコレートは体にいいのか?

みなさん、こんにちは!じゆです。

突然ですが、チョコレートは好きですか?
Green&Greedでは、チョコレートの種類や歴史についての記事があります。

チョコレートがチャンスを呼び込む?著書『チョコレートの世界史』で得る差を感じる知識のつけかた

そして愛知県蒲郡市・愛知学院大学・株式会社 明治の産官学が共同で行った研究では、チョコレートを毎日一定量摂取することで、健康効果があることが実証されています。

今回は、健康面からチョコレートについてお話をしていきます。

チョコレートに含まれる成分

チョコレートの主な原料は、カカオ豆です。
チョコレートは、カカオ豆をすり潰したカカオマスに、カカオ豆から搾り取ったカカオバター、そして糖分やミルクを加えて作られます。

カカオバターやたくさんの糖分が加えられているチョコレートは、80%以上を脂質や糖分で占められているため、高カロリーとなります。しかし、体に良い成分も含まれています

ポリフェノール

ポリフェノールとは、植物に含まれている渋味や苦味、色素の成分で、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
カカオに含まれているポリフェノールは、活性酸素によるコレステロールの酸化を防ぐことで動脈硬化などの生活習慣病予防に効果が期待できます。

テオブロミン

テオブロミンは、カフェインと同じように覚醒効果があり、集中力や思考力、そして記憶力を高める効果があります。
カフェインよりも緩やかに作用し、自律神経の調節にも作用があるため、緊張を和らげリッラクス効果も期待できます。

ブドウ糖

ブドウ糖は、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの生成の手助けを行います。セロトニン分泌も促進させるため、気分を落ち着かせ安定させる効果もあります。

食物繊維

チョコレートにも食物繊維が含まれています。板チョコ1枚に約2g程度ですが、きゅうり約2本分と同じくらいの含有量です。食物繊維は便秘の改善や肌荒れ予防、そして肥満防止などに効果的です。

ビタミン・ミネラル

チョコレートには、ビタミン類やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。ビタミン・ミネラルは、糖質や脂質、タンパク質の分解・合成を助ける働きをもつため、体にとってとても大切な栄養素です。

チョコレートがもたらす健康効果

チョコレートを食べると、ニキビが増える、太ってしまうというイメージはありませんか?
実は、健康効果ももたらしてくれるのです。愛知県蒲郡市・愛知学院大学・株式会社 明治の産官学が共同で行った実証研究をもとにお伝えしていきます。

血圧高めな人ほど血圧を下げる

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、血管内部に生じている炎症を軽減し血管を広げる効果が期待できます。血管が広がることで、血圧低下につながります。
実証研究では、高血圧群と正常血圧群に分け最高血圧の変化をみた結果、高血圧群のほうが血圧低下量が大きいことがわかりました。

高血圧は、脳卒中のリスクが高くなります。血圧高めだという方はチョコレートを食べてみると良いでしょう。

活力UP・心の健康

チョコレートを毎日一定量摂取している期間、下記の結果が得られました。

  • 身体の痛みが全くない。身体の痛みによりいつもの仕事が妨げられることがなかった。
  • 健康状態が非常に良い。
  • いつでも活力に溢れている。
  • 仕事や普段の活動をした際に、心理的な理由で問題がなかった。
  • 楽しく、穏やかな気分で過ごした。

この結果より、チョコレートは身体的・精神的に活動的になることが分かります。

記憶・学習効果UP

カカオポリフェノールには、脳内物質である脳由来神経栄養因子(BDNF)の活性化や脳血流量を上昇させる働きがあります。
BDNFとは、神経細胞の発生や成長、維持、そして再生を促進させるもので、脳にとってとても大切な栄養分です。これが活性化することで、記憶力のUPや学習効果の向上につながります。

チョコレートの摂取目安

チョコレートは嗜好品であるため、具体的にどのくらいの量を摂ると健康に良いとはいえません。
しかし、健康効果に関する報告などから、1日に少なくとも5〜10g程度のビターチョコレート(1〜2片程度)を毎日摂取すると良いとされています。
→ チョコレート・ココアは1日にどれくらい食べると健康に良いですか?|チョコレート・ココア健康講座|日本チョコレート・ココア協会

また、厚生労働省が出している食事バランスガイドによると、チョコレートに限らずお菓子などの嗜好品は食生活の中ではお楽しみ程度としてとらえられており、1日200kcal程度を目安にとされています。
板チョコだと、約35g(7片程度)が200kcalに相当します。

また食べるタイミングとしては、勉強や仕事の前休憩中がおすすめです。

チョコレートを過剰摂取してしまうと…

前述にもありますが、チョコレートの80%以上は脂質や糖分です。
食べすぎると、肥満や高血糖になるリスクがあるので、注意しましょう。

映画『スーパーサイズ・ミー』から考える。20代からの肥満のリスク

甘いものにはご用心、行動の節目ごとに甘いものを食べている人はご注意を!

おわりに

チョコレートは甘くて美味しいけれど、太ったり肌荒れの原因になるというイメージがあった方は多いのではないでしょうか。

しかし、毎日一定量のチョコレートを食べることで、身体にとって良い効果をもたらしてくれます。
ただし、糖分や脂肪も多いので、食べすぎには注意しましょう。

じゆ

21,606 views

ナース兼ライター。救急から終末期まで経験し現在は訪問ナース。 ナースの経験を活かし、主に健康面についてお伝えしていきます。いつまでも健康で、好きなことを思い...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。