新社会人にもおすすめしたい上手な叱られ方とは?ミスを改善して評価される3つの心構え

キャリア

人間誰しもミスをするもの

こんにちは、yuyaです。
最近上司に叱られたり、クライアントから厳しいお言葉をいただいた・・・なんて経験はありますか?

人間はどれだけ準備をしようが綿密なチェックを行おうが必ずミスをしてしまうもの。完璧に仕事をこなせる人間などいません。例え軽作業の仕事であっても、多くの場合人員を割いてミスなく遂行できるよう調整しています。

一人で無駄なくミスなく仕事をすることは不可能ですが、だからといってミスして良いという訳ではありません。その行為が会社やコミュニティに与える影響は考慮する必要があります。そして叱咤激励を受けるのも組織で働く上で避けて通れない道でしょう。

新社会人として働く場合はそうした環境に慣れず、「いつも叱られてばかり」「仕事がつらい」なんて悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回お伝えしたいのが「上手な叱られ方」です。

上手に叱られる方法を覚えておけばミスした事実をもとに自分の業務を改善し、人材として評価されることができます。それでは見ていきましょう。

上手な叱られた方に必要な3つの心構え

上手な叱られ方を実現するために注意する点はたったの3つ。誰でも簡単に、今日から実践できますからチェックしておきましょう。

1:どんな理由があろうと最初に謝る

上手に叱られる最初の一歩はまず謝ること。あなたを叱責するために相手は時間を割いています。ミスした事実があるのであれば、まずは反省した姿勢を見せることが一種のビジネスマナー。叱る側もいきなり反抗されては話を進めづらく、無駄なやり取りを増やすことを防ぐことができるでしょう。

自らの過ちを認められない人に多いのが「逃げ」の姿勢。こうした姿勢を持つ人は、「悪いことから目を逸し、問題を先送りにしてしまう傾向がある」といいます。特に目立ったスキルもない新社会人は、こうした意識でいると人材として低評価を受けてしまいます。

2:相手の話を一旦最後まで受け容れる

叱る相手はあなた自身ではありませんし、あなたが行った一挙手一投足を見ていたわけでもありません。だからこそ指摘されたミスや業務の進め方について「そんなことはしていない」といった態度を取るのはご法度です。

話を途中で遮ったり、相手の叱り方について文句をつけるのは控えましょう。そうした部分の訂正は「自分が解決策を提示するとき」に行います。ただ、人格を否定されたり、行き過ぎた表現で罵られたり、暴力を振られた場合に我慢する必要はありません。

3:今後の改善プランを提示する

叱る側は生じた間違いについて指摘しています。だからこそ相手が求めるのはその解決策。起きてしまったミスがどのような経過によって起きたのかを説明し、その改善策について具体的な報告を行うようにしましょう。

そしてすぐさま業務に落とし込み、同じことでミスをしないよう最善を尽くします。叱ったことで成果が上がれば、あなたは成長できたと証明することができるでしょう。マイナスからプラスへの転換は振れ幅が大きいため印象も強くなります。

こうした反省・受容・改善の流れは今後どのような場面でも活用できます。特に受容という点は「できごとを感情抜きでありのまま捉える」ことに役立ちます。これはミスの理由や要素を的確に把握するために重要な観点です。感情や忖度抜きで物事を見る目を持っておきましょう。

まずはどうして叱られているのか自己分析しよう

あなたが仕事を進める上でどのような問題があるのか、自己分析してみましょう。叱られた直接の理由は分かっていても、「どうしてその問題が発生したのか」といった分析まではしていない方も多いハズ。

・報告、連絡、相談を怠っている
・何度も同じことでミスをする
・納期やルールなど規則や約束事を守れない
・ミスを指摘されたときに他人の名前を出す

といった項目が叱られやすい人の特徴であると言われています。あなたにも当てはまることがありませんか?

人材コンサルティング会社が5年間に渡り新社会人に行った調べによれば、およそ4割の人に叱られた経験があるといいます。上記の叱られやすい項目に当てはまってしまう人は意外と多く、それ自体は恥ずかしいことではありません。

近年は強い言葉や暴力を伴う教育は排除される傾向にあり、上記の調査でも正当な理由であれば叱られたいと願う人材は7割超。ところが、受け手側の叱られ方はなかなか注目を集めません。

叱る側に配慮を求める時代だからこそ、その思いを汲み取り次へ活かす叱られ方が重要なのです。

評価されるチャンス!叱られるのは期待されている証

人を叱るというのはエネルギーの必要なことです。誰しも人のミスを指摘するのは気が引けるもの。それでも叱るという嫌われ役を担う人が存在するのは、それが業務を円滑に進めるために欠かせない一種の仕事だからです。

・問題を解決できる
・ミスを指摘し理解してもらえる
・成長の見込みがある

あなたに対してこうした思いがなければ、そもそも叱られることもなくなってしまうでしょう。特に近年はパワハラなどハラスメントを訴えるの件数が増加しており、迂闊に叱ることは避けられる環境。厳しく叱る側も考慮が必要なのはお伝えしたとおり。

あなたもぜひ、叱られ方を見直してみてはいかがでしょうか。

yuya

4,697 views

複数メディアでの記事執筆やYouTuberの原稿作成など、掛け持ちライターをしています。本職は流通業界。ピアノ・ギターが趣味。気になったこと・役立ちそうなこ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。