生涯学習はもう当たり前!人生100年時代を生き抜くための効率的な学習理念7選

キャリア

人生100時代が到来し知識の更新が不可欠に

こんにちは、yuyaです。

昨今取り沙汰される人生100年時代というワード。書籍「LIFE SHIFT」で提唱された概念として有名ですよね。医療技術や生活環境の変化で寿命が延び、もはや人類は100歳まで当たり前のように生きられる時代なのです。

そのような環境において必要とされるのが、知識のアップデート。私たちが学生時代に学習・経験した知識や技術が100年間通用し続けるとは限らなくなってきているのです。寿命が延びれば、それだけ収入を確保しなければならない期間も長期化しますよね。

そんな時代ですが、あなたには勉強の習慣があるでしょうか?生涯学習という概念が登場して久しいですが、肝心の勉強時間がなかなか取れない、勉強が続かないといった方も多いでしょう。

そこで今回は、人生100年時代を生きる私たちにとってもはや不可欠な学習の機会を作るにはどうすれば良いか、効果的な学習理念を書籍からご紹介。本稿を読んでいただければきっと学習意欲を高める方法が見つかりますから、ぜひ最後までご覧ください。

効果のある学習理念を知って人生100年時代を生き抜こう

今回ご紹介するのは「資格・生涯学習・試験に使う 本当に効果がある【勉強方法】100種類」という書籍です。時間のかかる学習をどれだけ効率的に行うか、脳機能や記憶方法、地頭を鍛える方法など様々な観点から100種類も紹介しています。

 

仕事で忙しい社会人にとって「短時間」で「効率的」な学習方法を知ることは、勉学の助けとなるでしょう。本書のスタンスはあくまで方法論であり、勉強は根性や気合いで行うべきでないことがしっかりと記載されていますから、ご安心ください。

ひとつの方法に特化するもよし、複数の方法を組み合わせてより効率的に進めるもよし。あなたのライフスタイルを尊重しながら、より効果の高い学習方法を見つけてみてください。

あなたの生涯学習を支援する学習理念7選

本書によれば、「脳の使い方、記憶の方法を知ることを最初に行うべき」であるといいます。これらは実際の学習において下地となるものです。

どんな科目が役立つかを考えるよりも先に、まずは「どのような環境や方法が、脳や記憶にとって良いのか」を考えるようにしましょう。

100種類すべてをご紹介することはできませんが、今回はその助けとなる7つの要素を厳選してご紹介します。あなたが必要だと思えるものを取り出して、応用してみることから始めてみてくださいね。

1:勉強の成果は環境でも変わる

勉強する環境によって学習効果が変わることが判明しており、ある研究では一年で25%もの学習差が生まれたと報告されています。特に意識すべきは「整理整頓」。部屋が散らかっているだけでも集中力・情報処理能力に影響が出ることが明らかになっていますから注意しましょう。

2:脳機能を向上させる観点を持つ

学習によって脳そのものの機能を向上させることも効果的です。例えば外国語学習は「情報処理能力」「記憶力」を鍛えられるといわれており、海馬や大脳皮質といった脳の器官の発達につながります。勉強をする際は脳にどのような効果があるかも調べると良いでしょう。

3:課題は朝に暗記は夜に

朝目覚めてから2〜4時間は睡眠により脳がリフレッシュされた状態であるといいます。この集中力や判断力に優れていますから、課題は朝に行うのがベストです。また睡眠によって記憶が長期記憶へと整理されるので、夜は暗記に向いています。

4:記憶を定着させるには中途半端が良い

完全に学習しきるよりも、中途半端に終わっていることの方が記憶に残りやすいといわれています。これは「ツァイガルニク効果」と呼ばれ、例えば移動中や仕事の合間などスキマ時間に少しずつ学習を行うことで、より記憶に残りやすくなるのです。

5:食事ひとつで集中力が変わる

世の中には集中力が下がる食べ物があるのをご存知でしょうか。脂身・スナック菓子・カップラーメンなどに含まれる「飽和脂肪酸」は集中力を妨げる物質として有名です。これは食事後5時間でも集中力に影響を及ぼすといいますから、他の食べ物に対しても日頃から気をつけておきましょう。

6:休憩をしっかり取って習得率アップ

休息を取ることで記憶が定着しやすくなるといいます。例えば筋トレは休息時間を取ることでより筋肉を肥大化させることができますよね。動き続けると筋肉が損傷したり減少したりするのです。勉強も同様。新しいことを学習したら学習時間に関わらず10分程度休憩を挟むと習得率が高まります。

7:課題の難易度でモチベーションを維持し習慣づけを

人間は楽しいことや嬉しいことを繰り返す生き物です。難易度が適切であれば、勉強習慣の無い方でも学習時間を取ることが容易になってきます。難易度が低すぎると達成感がなく、高すぎるのは苦行。理解できるレベルで正答率が80%ほどの分野であれば持続しやすいでしょう。

学習理念を取り入れて日々の学習をより効果的に

いかがでしたか?勉強の効果や注意点について知ることで、より高い成果が挙げられそうなマインドになりますよね。仕事で忙しく勉強の時間が中々とれない場合は、まずはその効果について知っておくだけでも学習のモチベーションになります。

100個ある勉強法や思考法のうち7つだけのご紹介となってしまいましたが、有用に思える知識があったのではないでしょうか。他にも本書では数多くの知見を得られますから、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

出典:「資格・生涯学習・試験に使う 本当に効果がある【勉強方法】100種類」

 

yuya

7,160 views

複数メディアでの記事執筆やYouTuberの原稿作成など、掛け持ちライターをしています。本職は流通業界。ピアノ・ギターが趣味。気になったこと・役立ちそうなこ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。