【断捨離】書籍『ぼくたちに、もうモノは必要ない』幸せを感じるミニマリスト(要約・まとめ)

ミニマリスト
キャリア

どうも家に洗濯機がないフルザワです。

引越しを繰り返していると自然とミニマリストになって来たのですが、皆さんはモノを溜め込んではいないでしょうか?

ミニマリストになるメリットは、部屋が綺麗になるだけでなく、自己肯定感が上がることです。

掃除をすると清々しい気分になる様に、片付けや断捨離にはメンタルを安定させる効果があります。

とは言え、なかなかモノを捨てられない方も多いと思います。

そこで今回は、ミニマリストになる方法を教えてくれる書籍『ぼくたちに、もうモノは必要ない』を紹介していきます。(→ 書籍『ぼくたちに、もうモノは必要ない』はこちらから)

ー目次ー
 1. 誰でもミニマリストになれる
 2.なぜモノが増えるのか?
 3.どうすればモノを捨てられるか?
 4.モノを捨てることでのメリット
 5.まとめ〜幸せは感じるもの〜

ミニマリストになりたい方はもちろん、メンタルを安定させたい人や幸福度を高めたい方はぜひ最後までご覧ください。

掃除や断捨離をする上でのメリットや、具体的な解決法について詳しく解説していきます。

大事なモノだけに囲まれて、気持ちのいい生活環境を整えていきましょう。

1. 誰でもミニマリストになれる

一番お気に入りの服や靴をすぐに取り出すことはできますか?

服

普段からモノが溢れていると、せっかくの大事なモノが無駄なモノで覆われてしまいます。

ミニマリストとは、片付けの得意な人ではなく、大切なモノにフォーカスできる人のことを指します。

現代では色んなモノをネットで注文することができ、いつでもモノを増やせる状況にいます。

更にモノだけではなく、不必要な情報も溢れ、脳の処理は追いついていないのです。

だからこそ、モノや情報を精査して大切なモノにフォーカスした方が良いと言えます。

「片付けの苦手な私には向いてない。」と思ってはいないでしょうか?

ミニマリストとは性格ではなく、後転的に身につけられる技術なので、誰にでもなることができます。

モノや情報が溢れる時代ですが、シェリングエコノミーの流行している時代でもあります。

例えば、車であればレンタカー、家であればエアビーなどのサービアがあります。

その他にも服や本もメルカリに出品すれば、必要な時だけ必要なモノを安価に利用する事ができます。

それらのサービスを利用すれば、ミニマリストになることは簡単なのです。

3章でモノの処分の仕方も紹介していくので、まずはモノを増やしてしまうメカニズムを抑えていきましょう。

2.なぜモノが増えるのか?

モノを増やしてしまう原因は、個人的な物欲が要因とは言い切れません。

散らかるなぜなら、人の欲求として常に刺激を求めてしまう習性があるからです。

その習性を踏まえた上で、モノを増やしてしまう原因は主に3つあります。

①慣れと飽き
②感情予測ができない
③モノによる承認欲求

①慣れと飽き

モノに刺激を求めてしまった結果、より高価なモノを買い足してしまうのです。

しかし、刺激と価格の量は比例しないため、物欲による満足度は一向に満たされないのです。

さらに他者とのモノの比較は、幸福度や満足度とは関係ないのでやめた方がいいです。

これらの対応策としては、自分の中でモノを買う時とそうでない時の差を作り出すことです。

②感情予測ができない

欲望によって行動した後の感情を予測できないのも人間の習性だと言えます。

例えば、つい飲み過ぎてしまったお酒や気温の変化に対する事前予測です。

これはモノを衝動買いしてしまった時にも当てはまります。

対応策として、モノを買う際は事前に決めておくといいでしょう。

③モノによる承認欲求

本や服、車や時計で自分の価値を感じてはいないでしょうか?

身に付けるモノは自己表現になりますが、モノに頼り過ぎては自身の価値を見失ってしまうかもしれません。

モノのブランドに頼るのではなく、自己表現や自己満足でモノを選んでいきましょう。

あなたはあなたであり、モノによって決められた価値ではないのです。

3.どうすればモノを捨てられるか?

モノを捨てるのには4つのポイントがあります。

断捨離

①普段使わないもの
②収納は一時しのぎ
③出張サービスを使う
④思い出はクラウドへ

①普段使わないもの

同じモノを複数所有していませんか?

買溜めや色違いのモノはほんとに必要でしょうか。

「いつか使うかも。」がモノを増やしてしまうのです。

1年経っても未使用だったモノは処分してもいいかもしれません。

②収納は一時しのぎ

収納スペースを活用しようとして、箱や缶を取っておいていませんか?

収納用の箱も使わず仕舞いになることが多いので、ほとんど処分してもいいでしょう。

更に収納をするとより目に届かない所にモノを置いてしまうので、使わないモノを多く溜めやすくなってしまいます。

できるだけ工夫して収納しようとせずに、モノを捨てるようにしましょう。

③出張サービスを使う

モノを捨てるのが勿体無いと感じる場合は、出張買取サービスに全て預けましょう。

心残りなく業者が使用品として、新しい買い手を見つけてくれるでしょう。

なんでも買取出張サービスをしているサイトも載せておくので、気になる方はぜひご覧ください。 (→総合リユースショップ【ファーストハンズ】はこちらから)

④思い出はクラウドへ

思い出の手紙やプレゼントは全て写真に撮ってクラウドに残しましょう。

プレゼントをした側も時が過ぎれば昔プレゼントしたモノのことは忘れていることがほとんどです。

多くの人が共通して迷っているからこそ、写真に残しておけば問題ないのです。

4.モノを捨てることでのメリット

モノを捨てることによって手にできるモノあります。

感謝

それは大きく分けて3つあります。

①時間(ショッピング・探しもの)
②他者比較(今の現状に感謝する)
③能動力(引越し・人間関係)

①時間(ショッピング・探しもの)

ネットショッピングをする際に、さまざまな商品を比較することはありませんか?

ミニマリストになれば商品を探す時間を省くことができます。

また、部屋が片付いていれば探しものをする必要もありません。

大事なモノを丁寧に扱うことで、時間を手にすることができるのです。

②他者比較(今の現状に感謝する)

現在所有しているモノは、大切に扱っていますか?

飽きたからと言って、次々にモノを買い足してはいないでしょうか。

モノだけでなくヒトもそうです。

他者と比較して、新しいモノを手に入れるのではなく、感謝の気持ちを大切にしましょう。

ミニマリストになるとより一層感謝の気持ちが高まります。

③能動力(引越し・人間関係)

モノが少なくなれば、引越しや人間関係にも寛容になります。

行動力が上がり、能動的になるのです。

絶対に必要なモノがないことに気がつけば、アクティブになれます。

フットワークが軽くなることで、自己肯定感も上がり、モノがないことでの幸せを実感できるでしょう。

5.まとめ〜幸せは感じるもの〜

ミニマリストに対する考え方は変わりましたでしょうか?

片付け

モノを増やしてしまうメカニズムから、モノの減らし方まで紹介してきました。

誰でもミニマリストにはなれるのです。

ミニマリストになることでのメリットも沢山ありました。

モノを減らすことで、感謝の気持ちや自己肯定感が芽生えて来るのです。

モノを増やして満たされることのない幸せを追求するのではなく、モノを減らして現状の幸せを感じてみてはいかがでしょうか?

きっと今よりも寛容で行動力のある人になれるはずです。

ではまた。

furuzawa

31,375 views

F.CHINと呼ばれている男。本や映画、様々な経験から学んだことをわかりやすく紹介していきます。AppleMusicでプレイリストを作るのにハマってます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。