オーダーメイド寝具とは?おすすめ商品やその特徴・メリットをご紹介

キャリア

あなたの寝具は体に合っていますか?

こんにちは、yuyaです。
あなたは日々の眠りについて、どれだけ気を配っているでしょうか。

人生でおよそ3分の1を占めるという睡眠時間。体調管理は社会人に求められる最低限のスキルです。だからこそ、よりよい睡眠環境を整えたいという方も多いのではないでしょうか。

一般に体に合っていない寝具を使っていると睡眠不足につながり、

・肩や腰を痛めやすい
・眠りが浅くなりやすい
・血液の循環が悪くなりやすい

といった症状が引き起こされるデメリットがあるといいます。東洋経済新聞社がまとめた睡眠についての記事によれば、「睡眠不足は10キロの足かせと同じ」だとか。その足かせは一時的ならまだしも、慢性的な睡眠不足によって「パフォーマンスの低下に自分では気づけなくなっていく」というのです。

睡眠によって体調を回復できず、日々の仕事による疲れが蓄積していき、しかも自分ではそれに気づけない…こんな状態は避けたいですよね。そこで今回ご紹介するのが、自分だけの睡眠環境づくりを行う「オーダーメイド寝具」です。

オーダーメイド寝具とは「自分の身体的特徴や睡眠状況、好みなどに合わせて作る寝具」のこと。既製品ではなし得ない「あなただけの」睡眠環境を作ることが可能なのです。オーダーメイド寝具を使用することで、

・睡眠の質が上がる
・体の不調が改善する

といいます。つまり寝具をオーダーメイドに変えるだけで、日々のパフォーマンスへ投資できるということです。健康状態を保ちたい方にはうってつけの方策といえるでしょう。それでは具体的にオーダーメイド寝具の特徴やそのメリット、実際にどんなメーカーが有るのか等ご紹介していきます。

オーダーメイド寝具にはどんなメリットが有るの?

あなたが普段使用している寝具はどんなものでしょうか?おそらく多くの方々が既製品を使用しているでしょう。もちろん、体にフィットして快適に睡眠できているのであれば問題ありません。しかし、オーダーメイドならでは特徴がありますから、順を追ってみていきましょう。

1:体の特徴に合わせて作れる

一番大きな違いは個々人の好みや特徴を考慮した寝具が作れる、ということです。人間は体の部位によって寝具にかかる荷重が異なり、その大きさも個人によって異なります。

つまり、画一的に作られている寝具が体に合うかどうかは実際に寝てみないことには分かりません。寝具売り場で試すのも良いですが、そのすべてを試すのは時間と労力が必要。オーダーメイドならば、要望を伝えるだけで自分好みの寝具を提案してもらえます。

2:購入後もサポートを受けられる

販売店で寝そべり好感を持っても、実際に使用したら体に合わなかった、というケースもあるようです。そうした場合に芯材や生地などの調整を行ってくれる、といったサポート体制を持つ販売店は少なくありません。

また日々使う中で、汗・皮脂汚れ・ほこり・ハウスダストなどはどうしても蓄積していきます。そうした点についても除湿・除菌を行ってくれる場合があります。わからないことがあれば気軽に相談できるというのも、オーダーメイドの利点ですね。

3:形も自由自在

例えばマットレス。一般的にはセミシングルからキングサイズが展開されている場合がほとんどです。しかし部屋の大きさや空きスペースを考えると、どうしても既製品では収まりが悪いということもあるでしょう。

オーダーメイドならそんな心配は無用です。規定のサイズに囚われずに寝具を作成できるほか、台形や円形など普通の寝具とは違った形体も受け付けている場合がありますから、気になる方はチェックしてみましょう。

実際にどんな商品があるの?

「オーダーメイドの寝具を作っているところなんて知らないなぁ。」という方もいるでしょう。ここでは、おすすめのオーダーメイドサービスを3つご紹介します。

1:西川チェーン「自遊自材 オーダーメイド枕」

寝具メーカーとして名高い「西川」。多くのスポーツ選手が広告塔を務めていることから、名前を知っているという方も多いでしょう。西川の品揃えの中で「オーダーメイド枕」は特に人気の商品です。

価格は27,500円と枕としては高価なものの、確かな品質が売りです。専門家に相談しながら自分好みの枕を作成でき、また購入後も芯材の調整や除菌消臭を行ってくれます。

2:夢工場「オーダーメイドマットレス」

信頼の日本製でオーダーメイドマットレスを作ってみたい方におすすめなのが、夢工場のマットレスです。1cm単位でオーダーでき、好きな大きさでマットレスを作成できます。価格は38,110円と、マットレスとしては中価格帯に抑えられるのも魅力。

生地や暑さの細かな指定ができるのはもちろんのこと、柱に合わせて角を欠けさせたり、隙間を埋めるように細くしたり、扇子型や凹凸のあるものまで作成が可能です。形やスプリングから詰め物まで気にしたいという方は、夢工場をチェックしてみましょう。

3:FITLABO「オーダーメイドまくら&マットレス」

高品質な眠りをどうしても手に入れたいという方は、FITLABOをおすすめします。専用の測定器で体を計測し、快眠マイスターが作成を手ほどき。しかも10年間の無料サポート付きです。マットレスは一般に5年から10年で買い替えと言われていますから十分ですね。

まくらは22,000円、マットレスは165,000円から。決して安くありませんが、その値段に見合うだけのサービスを受けることができるでしょう。

オーダーメイドする際の注意点

ここまで利点やサービスをお伝えしましたが、オーダーメイドは良い点ばかりではありません。注意すべきポイントを見ておきましょう。

1:市販品が買いづらくなる

オーダーメイドですから当たり前といえばそうなのですが、市販されているボックスシーツ・ピローケースなどが合わない場合があります。そのためアクセサリー類は好みの商品が使えない場合も。サイズが特殊であるだけに、市販品は選択肢から少なくなります。

また、マットレスに欠かせないのがベッドフレーム。オーダーメイドしたマットレスとベッドが合わないことも視野に入れましょう。そのため、マットレスだけを買うつもりがベッドも必要に…といった場合も考えておく必要があります。

2:相対的に高価になる

既製品と比べて手間のかかるオーダーメイドですから、もちろん既製品に比べれば価格は高くなります。とりあえず眠る環境を揃えたい、という場合はオーダーメイドは向かない可能性も。

しかし、オーダーメイドであっても1〜2万円で作れるものがありますから、決して高価過ぎるということはないでしょう。ただホームセンターなどで寝具を揃えている方には、少し抵抗感のある価格帯であることは否めません。

寝具は高いがこだわりがいのある自己投資

寝具はこだわりだすととても高価なアイテムです。ですが、価格に見合った高品質の睡眠環境を手に入れられるのは確かでしょう。

何をするにも体が資本です。冒頭でお伝えしたとおり、わたしたちは人生の3分の1を寝て過ごすわけです。だからこそ、生活環境を整えるというのも自己投資といえるのではないでしょうか。

購入はやめておこう。という方も、こうした市場があることを知っておくだけでも人々の関心がどんなことに向いているのかを知る一つの材料になりますし、また将来的に選択肢に浮上してくるかもしれません。

睡眠に不満がある、もっとよく寝たいという方は、オーダーメイドを検討してみてはいかがでしょうか。

 

出典:
西川チェーン
夢工場
FITLABO

 

yuya

8,166 views

複数メディアでの記事執筆やYouTuberの原稿作成など、掛け持ちライターをしています。本職は流通業界。ピアノ・ギターが趣味。気になったこと・役立ちそうなこ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。