日本人の8割が猫背?姿勢ひとつで体調や見た目まで変わる!というお話

キャリア

もはや現代病!いまこそ正しい姿勢づくりを目指そう

こんにちは、yuyaです。
あなたは日頃「姿勢」に気をつけていますか?

日本人のおよそ8割が「猫背」であるという現代社会。デスクワークやテレワークの増大にともなって、背中を丸めながら一日中PCと格闘しているという方も少なくありません。

猫背を始めとした「姿勢の悪さ」は、健康状態を悪化させるだけでなくあなたの印象にも影響を与えます。一説には見た目の9割以上が姿勢によって決められているといい、確かに姿勢の良い人はそれだけ好印象です。

姿勢が悪いことで

・頭痛、腰痛など様々な症状が出る
・疲れが取りづらくなる
・印象や好感度が悪くなる

といった影響があると言われています。体調管理や身だしなみはビジネスパーソンとして気をつけておきたいですよね。日頃の姿勢が気になるという方、ぜひ直しておきたくありませんか?

今回の記事では

・悪い姿勢の原因
・正しい姿勢をキープする方法

についてご紹介。姿勢を直すことで健康状態を改善でき、また魅力的な外見は人物評価にもつながるといわれています。気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

あなたの姿勢は大丈夫?悪い姿勢の原因をチェックしてみよう

 

姿勢が悪い状態で生活を送ると、次第に以下のような症状が見られるようになるといいます。

・頭痛
・肩こり
・腰痛
・胃腸不全
・膝の痛み
・気分の落ち込み

しかもこれらは症状の一部であるというから驚きですね。姿勢一つで人間の体はここまで影響を受けるのです。

ここでは代表的な「悪い姿勢を生み出す原因」をご紹介します。もちろん猫背だけでなく体の歪みや痛みにつながるケースもありますから、あなたも当てはまっていないかチェックしてみましょう。

・前傾姿勢で椅子に腰掛けている

デスクワーク時や食事の際など、長時間椅子に座る方は注意が必要です。一般に座っているときのほうが立っているときよりも腰に負担がかかるといわれており、座るだけで40%の負荷が、しかも猫背になると85%もの負荷が増大します。

さらに前傾姿勢は体への負担を増やす事がわかっており、ただでさえ体に悪い座り姿勢による影響を増大させてしまうとか。またその状態での食事は内臓が圧迫され、消化不良にもつながることが分かっています。

・片足に重心を乗せたり、片足をもう一方の足に乗せたりする

片足に重心を乗せて過ごすことが多いと、骨盤の歪みにつながります。足を組んだり、つま先をもう一方のつま先の上に乗せたりと、一見楽なように見える姿勢は体にとって悪影響。重心の偏りは体重の3倍もの負担を関節に与えます。

骨盤が歪んでくると、腰痛・肥満・不眠・下痢など体のあらゆるところに症状が表れるとか。また傾いた姿勢は筋力の低下につながり、血行不良や代謝の悪化につながります。

・足を大きく前に投げ出して座る

前傾姿勢ばかり注目されがちな姿勢のトピックですが、逆もよくありません。足を大きく投げ出し、背もたれに寄りかかるようにして座るという方も少なくありませんよね。この姿勢は骨盤が後傾してしまいます。

骨盤の後傾は腰痛、そして足の筋肉が緊張し続け疲労してしまう原因といわれているほか、下半身の重心が後ろに傾くため上半身が猫背になりやすいというのです。

 

これらは一例ですが、よく見かける光景ですよね。それだけ姿勢を悪くする要因は身近にあるということです。次項では、そんな悪い姿勢を矯正する方法をご紹介していきます。

正しい姿勢をキープする方法3選

ここでは正しい姿勢をキープする方法を3つご紹介します。誰でもすぐにできるものを選びましたので、ぜひ日頃の生活に取り入れてみてくださいね。

1:耳と土踏まずが一直線となるように立つ

姿勢の悪い人は耳と土踏まずが直線にならず、前後に体が曲がっているような姿勢をとってしまいます。このラインを意識して立つように心がけましょう。また、立つときは手の位置に注意。太ももの真横に手を置き、耳と土踏まずのライン上にあることを意識しましょう。

2:ストレッチや筋トレをする

悪い姿勢の原因として、腹背筋の緩みがあります。意識していないとすぐに姿勢が悪くなってしまうと感じる方は、負荷の軽いもので構いませんからストレッチや筋トレを導入してみましょう。一日数回でも効果は表れます。(ストレッチや筋トレメニューの詳細はこちらから→TENTAL

3:姿勢を矯正するアイテムを使う

どうしても姿勢が直らない…という方におすすめなのが姿勢矯正アイテムを使うこと。今まで通りの生活を送りながら正しい姿勢を手に入れることができるかもしれません。コルセットやベルトなど、好みの商品を試してみるのが良いでしょう。価格も比較的安価です。(姿勢矯正グッズ集はこちらから→AMAZON

姿勢を整えて見た目も体も健康的に

今回は姿勢の悪さによる症状や原因、対策法についてご紹介しました。もはや姿勢の悪さは現代病ともいえます。

近年ではスマートフォンの普及でうつむきながら長時間過ごし、ストレートネックになってしまう人も増えました。これも悪姿勢のひとつ。頭の荷重が増加し、頭痛や自律神経にも影響を及ぼすのだとか。時代が進むごとに悪い姿勢の種類も増えていくでしょう。

前述の通り悪い姿勢は体調や見た目の悪化につながります。どちらも健康的にキープしたいという方は、本稿を参考にされてみてはいかがでしょうか。

参照:
TENTAL
ananweb
EXGEL

 

yuya

7,139 views

複数メディアでの記事執筆やYouTuberの原稿作成など、掛け持ちライターをしています。本職は流通業界。ピアノ・ギターが趣味。気になったこと・役立ちそうなこ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。