書籍『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(要約・まとめ)

キャリア

どうもリーダーより補佐役が好みのフルザワです。

皆さんはリーダーになったことはありますか?

会社やプロジェクト、家族や学校など様々な場面でリーダーや代表が必要です。

私も学生時代に学級代表をした記憶があります。

集団生活を送っていると、経験や実績を買われて急遽リーダーに抜擢されたる可能性もあります。

しかし、リーダーに必要な要素がわからない方も多いと思います。

そこで今回は、書籍『ついていきたいと思われるリーダーになる51の考え方』を紹介します。(→Amazonリンクはこちらから)

 ー目次ー
 1.リーダーに必要なもの
 2.リーダーとしての在り方
 3.リーダーの取るべき行動
 4.まとめ〜リーダーを目指せ〜

リーダーと言われると、ついカリスマ性がある人や能力の高い人のことをイメージしますがそんなことはありません。

リーダーは普通の人でもなれるのです。

本書の著者である岩田松雄さんはスターバックスジャパンのCEOをされていたのですが、元々突出した能力があった訳ではないと言います。

サラリーマンてして働き始め、あることを意識して経験を積んだのちに会社の代表に抜擢されたそうです。

リーダーを目指してる方もそうでない方も、ぜひリーダーに必要な要素を抑えていきましょう。

1.リーダーに必要なもの

皆さんがリーダーに必要だと思う条件はありますか?

実績や経歴、プレゼン力でしょうか。

どちらもあったに越したことはありませんが、それらがなくてもリーダーになれます。

本書の軸ともなっているリーダーに1番必要な要素とは人徳です。

才能や能力ではなく、多くの人から慕われるからこそリーダーになれるのです。

著者の岩田さんは学生時代にそのことを気付いたそうです。

そのエピソードとして、学生時代に野球部の補欠でありながらキャプテンに抜擢されたことがあると言うのです。

才能や能力のある選手が試合に出場している中、同期や後輩の推薦もありキャプテンを務めたのです。

岩田さんはこの経験があったからこそ、今の自分があると言っても過言ではないと言います。

では、その人徳とはなんなのかを深く理解していきましょう。

2.リーダーとしての在り方

リーダーになるには人徳が必要だと言うことがわかりました。

では、どうすれば多くの人から慕われることができるのでしょうか?

それは日々の行動にあります。

ここでは、特に大切なリーダーが取るべき2つの行動について紹介します。

①弱い人を大切にする
②誘惑と恐怖に負けない

①弱い人を大切にする

多くの人から信頼されるには、すべての人に対して平等に接する姿勢が大事です。

中でも特に権力がある人にだけ媚を売り、権力がなければ遇らうような人は多くの批判をかいます。

会社でも社長や上司にだけ対応を良くし、部下に酷く当たる人は部下だけでなく同僚からも支持されないでしょう。

人に立つ立場になったのであれば、むしろ自分から1番新人に困ったことやなやみがないかを聞きに行くスタンスの方がいいのです。

センスや能力のある人は実績で人を測ろうとするからこそ、一人一人に寄り添うことが重宝されるのです。

②誘惑と恐怖に負けない

リーダーになるとより多くの人に見られることが増えます。

人の上に立つと自分の欲望を満たしたいと思うこともあるかと思いますが、それで信頼を失うこともあるのです。

芸能人や国会議員が異性関係や金銭の問題で立場を失うことがありますが、正に誘惑に負けた証拠だと言えます。

権力の恐ろしさとは、欲望に魔がさすだけでなく、それが大多数の目につくということです。

多くの人から支持されることは大変嬉しいことでもありますが、そこで欲望を捨ててでも人の役に立ちたいと思えるかどうかがポイントです。

権力があるからこそ誰かのために使うことが大切なのです。

3.リーダーの取るべき行動

人がついてくる人になるには謙虚で居続けることが求められます。

そこでリーダーに求められる人徳を向上させる方法を2つ紹介します。

①悪口と自慢話をしない
②ミッションを確認する

①悪口と自慢話をしない

先程の章でも紹介したように、リーダーは弱い人を大切にして誘惑に負けない行動を取るべきだとわかりました。

その最たる例が悪口と自慢話です。

悪口は人のミスや能力不足を嘲笑う行為であり、リーダーがするべき行動ではありません。

そして、自慢話は自分が残した実績を自慢したいと言う誘惑に駆られた結果に話すことです。

どちらも人のためにはなりませんし、人がついていきたいと思う行為とは真逆の行為です。

人がついていきたいと思うリーダーになるには、悪口と自慢話は一生しないと決めるぐらいの決心をした方がいいでしょう。

②ミッションを確認する

リーダーは集団が正しい行動をするように、目標までの道筋を提示しなければなりません。

そこで大切なのがミッションの確認です。

自分の目標はもちろん、集団のミッションを発信することでそれに賛同する人がついてきます。

ミッションとは目標であり、集団にとっての存在する理由となるのです。

具体的なミッションの立て方としては、好きなこと、得意なこと、人のためになることの3つが重なることがポイントだそうです。

人のついていきたくなるミッションを立て、集団で共通認識を持てるように随時確認していきましょう。

4.まとめ〜リーダーを目指せ〜

人徳のあるリーダーの考え方については理解することができたでしょうか?(→書籍『ついていきたいと思われるリーダーになる51の考え方』はこちらから)

様々なリーダーが存在しますが、リーダーになる条件が才能や能力でないことがよく分かったと思います。

弱い立場の人を大切にし、誘惑や欲望に負けずに謙虚で居ることが人徳を得ることへと繋がるのです。

本書の著者である岩田さんも元々普通のサラリーマンであり、多くの人から慕われることでリーダーに抜擢されてきました。

そして普通の自分にもできたからこそ、多くの人にリーダーを目指して欲しいと言います。

もちろん一筋縄でいくことではありませんが、若くして経験した失敗や挫折は将来の結果へと繋がるのです。

チャンスは誰にでもあるからこそ、ぜひ挑戦をして欲しいと言うことです。

人の上に立ち、人を動かすリーダーになった経験は何にも変え難い財産となるでしょう。

ぜひ今日から積極的にリーダーを目指していきましょう。

ではまた。

furuzawa

31,353 views

F.CHINと呼ばれている男。本や映画、様々な経験から学んだことをわかりやすく紹介していきます。AppleMusicでプレイリストを作るのにハマってます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。