書籍『LIFE SPAN〜老いなき世界〜』老化を治す方法(要約・まとめ)

キャリア

どうも毎日運動をしているフルザワです。

皆さんはいくつになっても健康で若々しくいたいと思ったことはありませんか?

また、少しでも体力のある若い時に戻りたいと思ったこともありませんか?

おそらく大半の人が歳を取らずに元気でいられたらいいなと思っているはずです。

では、何歳からでも若返る方法があるとしたらどうでしょう?

そこで今回は世界20ヵ国でベストセラーの書籍『LIFE SPAN〜老いなき世界〜』について紹介していきます。(→Amazonリンクはこちらから)

 ー目次ー
  1.老化は治療すべき病気
  2.老化の原因と対処法
  3.老化を治す3つの行動
  4.まとめ〜生存力の強化〜

本書で述べられている老化を直す方法はハーバード大学の老化研究に基づいた世界的権威のある方法です。

歳を取ると何かと薬を飲んだり、病気になると手術をしなくてはいけません。

ですが、身体が老いることなく健康でいればその心配もないのです。

老化の促進を食い止めるならまだしも、老化を治すことができる方法がほんとに存在するのでしょうか?

まずは老化についての基本的な原因を理解し、そこから老いを治す具体的な方法を抑えていきましょう。

1.老化は治療すべき病気

老化は自然の摂理で、老いには逆らうことができないと思っていませんか?

本書によると老化は病気であり、治療することができる、むしろ治すべきものだと述べています。

なぜなら、老化によって癌や心臓病、糖尿病と言った病気を引き起こす確率が高まるのですが、これらを老化の治療することで発症を抑えられるのです。

また、医療現場では病気に対しての専門治療はされますが、薬の副作用などによりその他の病気を誘発させてしまう場合もあると言います。

病気を薬や治療だけで人体に支障なく完治させることは難しいため、病気にならないためにも老化は治療すべきなのです。

では、どうすれば老化せずに若々しい体で居続けられるのでしょうか?

まずは老化のメカニズムを知り、正しい対処法を理解していきましょう。

2.老化の原因と対処法

老化に繋がる一番の原因はDNAの損傷です。

DNAが損傷すると、サーチュインという物質によってDNAが修復されるのですが、あまりに損傷が激しいとすぐに修復できなくなってしまいます。

すると、DNAの損傷によって細胞が死んでしまったり、細胞が突然変異を起こしてしまいます。

これが原因で人体の老化を招いたり、癌などの病気に繋がるという訳です。

DNAの損傷は放射線以外にも、紫外線やストレス、発がん性食品、タバコ、化学物質、活性酸素などがあり、普通に生活をしていても影響を受けていると言います。

老化や病気を防ぐためにも、極力それらを避けることはもちろんですが、老いを治すにはサーチュインのトレーニングが肝となってきます。

サーチュインはDNAを修復する物質ですが、それらに適度な負荷を加えることで、その生存力を鍛えることができるのです。

つまり、サーチュインの強化によって若返る力が増すと言う訳です。

では、具体的にどんなことをすればいいのか3つの行動について紹介していきます。

3.老化を治す3つの行動

老化を治す行動と言っても、それほど難しいものではありません。

誰でも簡単にできるので、ぜひ実践して頂ければと思います。

①食事を減らす(1日2食)
②運動をする(10〜15分)
③サウナに入る(寒暖差)

①食事を減らす

皆さんは1日に何食食べていますか?

3食食べている人は気をつけた方がいいかもしれません。

本書で推奨されているのは、1日1食多くても2食です。

現代人はただでさえ肥満体型の人が多いので、食事の回数と量を減らした方がいいと言われています。

常にお腹が少し空いている状態がベストで、この時に適度な負荷が身体にかかっているのです。

また食事に関しては、極力動物性タンパク質を避けて植物性タンパク質を摂取すべきだと言います。

なぜなら人体の構造上、動物性タンパク質はエネルギーが高すぎるため、体への負荷が大きいと言うのです。

肉や魚ではなく、なるべく豆類を摂取することを意識してみてはいかがでしょうか?

②運動をする

運動と聞くと、筋トレやヨガなどひと手間かかるようなことをした方がいいのかと思いがちですが、その必要はありません。

本書で推奨されているのは、10〜15分のジョギング又はウォーキングがいいと言うのです。

歩くだけで負荷がかかのるかと思うかもしれませんが、それだけで十分なのです。

むしろ何時間も運動するのではなくて、毎日継続していく方が大切です。

量ではなく、頻度に意識し、運動を習慣化する様にしましょう。

③サウナに入る

サウナに入ることでも、身体に軽い負荷をかけることができます。

どこでその効果があるのかと言うと、サウナから出て水風呂に入るときです。

サウナで温まってから、寒いところに身を置くことで身体に負荷がかかるのです。

サウナと水風呂の寒暖差が程よい負荷となって、サーチュインのトレーニングになるのです。

フィンランドの調査結果では、サウナを利用しない人より週に2回以上サウナを訪れる人の方が心疾患の発症率や、心臓発作で命を落とす件数、さらには全死因死亡率が2分の1だったと言います。

寒暖差を感じることがサーチュインの強化としてとてもいいことだ述べられていますが、長時間のサウナや水風呂は体を壊してしまうこともあるので注意をしましょう。

以上が老化を治す3つの行動になります。

お手軽に始めることができるものばかりなので、少しでも若々しい身体で居たい方はぜひ実践することをオススメします。

4.まとめ〜生存力の強化〜

老化を治す方法について理解できましたでしょうか?(→書籍『LIFE SPAN〜老いなき世界〜』はこちらから)

老化を治すには、DNAの損傷を修復するサーチュインを鍛える必要がありました。

日常生活からDNAは損傷してしまうので、どれだけ生存力の強化ができるかで若々しい状態をキープできるのです。

また老いとは自然の摂理ではなく、病気であって努力次第で対処できることがわかりました。

これを知っているだけでも身体の可能性に希望が見えてきたのではないでしょうか?

とは言え、人は誰しも歳をとっていくので少しでも若い内に行動に移していかなければ意味がありません。

ぜひ今回紹介した3つの行動を実践して、人生100年時代若々しい状態を維持していきましょう。

ではまた。

furuzawa

44,579 views

F.CHINと呼ばれている男。本や映画、様々な経験から学んだことをわかりやすく紹介していきます。AppleMusicでプレイリストを作るのにハマってます。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。